Connect with us

東京求人ニュース

安野モヨコの「東京」:東京新聞 TOKYO Web

Reo Kobayashi

-

日付:

「安野モヨコ展ANNORMAL」の会場

 慣れ親しんだ町や店がコミックやテレビドラマなどに出てくると、その作品に親近感がわきませんか? 東京生まれ、東京育ちの漫画家・安野モヨコさんの作品には「東京」の町が登場する。デビュー30周年を記念した「安野モヨコ展 ANNORMAL(アンノーマル)」が世田谷文学館で開催されているのを機に、安野作品の中の「東京」を探した。

 私ごとから入って恐縮だが、私は世田谷区の祖師谷育ち。その町の名を、安野さんの代表作「ハッピー・マニア」で読んだとき、ちょっとうれしくなった。同作の主人公は「ふるえるほどの幸せ」を貪欲に求め、いろんな男性に接近するも、その恋が成就しない重田加代子。加代子の元カレが住んでいた場所として、せりふに入っていたのだ。

 1971年に杉並区で生まれた安野さんは、高校3年の時にデビュー。95年から連載された同作は、女性がいつも受け身でいる恋愛観をうち壊した衝撃的なストーリーで、女性読者の共感を呼んだ。

 この作品には加代子が初詣帰りに歩く明治神宮周辺や、お台場など「ザッツ東京」というべき街並みも登場する。「お台場」といえば、都心の混雑緩和のため開発された臨海の都市。90年代初期に崩壊したバブル経済の余韻を残し、眺めがいいレストランが今もある。そのロマンチックさ、きらびやかさは、主人公に幸せを求めてさまよわせる舞台にふさわしく思えた。

 昨年からは、続編「後ハッピーマニア」が、雑誌「フィール・ヤング」で連載中。そこでは、離婚を切り出してきた夫が「南烏山」の喫茶店を使うが、その地名は何と、安野さんの展覧会会場である世田谷文学館がある場所。住宅街で、東京になじみ深い作者だからこそ知る地名ではないか。ちなみに「ここがモデル?」と思える喫茶店が、ネット検索するとあった。

 ◆ 

 また、女優の菅野美穂さん主演でテレビドラマにもなった「働きマン」も、東京が舞台。主人公は、出版社で編集者として働く松方弘子で、都心のオフィス街や、雑誌でよく特集され、おしゃれなイメージの三宿(世田谷区)や中目黒(目黒区)などが出てくる。

 そして主人公が「仕事で疲れた時や落ち込んだ時よく来るんです」と訪れるのが、高尾山。安野さん自身も登ることがあるという。「早朝出発して頂上でお昼食べて下山。もしくは下山してから(山麓の老舗そば屋)『高橋家(や)』でおそば、が定番コース」と安野さん。作中では最寄り駅は「低尾山口駅」というパロディーになっていて笑える。

高尾山が登場する「働きマン」の場面

 少女から青年漫画まで、幅広い作風で知られる安野さんだが、10代の男女を描いた「ジェリー イン ザ メリィゴーラウンド」でも、主人公で人気モデルの女の子ミリが、双子の兄で「心は乙女」のモモとともに、原宿などを歩くシーンが出てくる。

 そしてモモが買い物に出掛けるのが新宿。アルタ前や、「伊勢丹」デパートなどが登場する。安野さんは「新宿は雑多でエネルギッシュな街という感じ」というが、共感する人も多いのでは…? 「安野モヨコ展」では500点に及ぶ作品原画を展示中で、この新宿かいわいや「働きマン」の高尾山の場面もある。

新宿の街並みが描かれた「ジェリー イン ザ メリィゴーラウンド」の場面。

実際の新宿アルタ前

 そうした街並みや作中のせりふ、波瀾万丈(はらんばんじょう)の安野さんの半生…。展覧会の楽しみ方は人それぞれだが、彼女の作品は「いつだって、『すべての人よ、強く生きよ!』『女であれ、男であれ、自分らしくあれ!』と、高らかに謳(うた)い上げている」と、ライターの山内宏泰さんは評す。会場で作品世界に浸り、そんなメッセージを確かに受け取れた気がした。

 「安野モヨコ展 ANNORMAL」は、世田谷区南烏山の世田谷文学館=電03(5374)9111=で9月22日まで。午前10時〜午後6時。一般800円。事前予約制(ローソンチケットで日時指定チケット購入)。

 文・岩岡千景/写真・佐藤哲也
 作品の原画はいずれも(C)Moyoco Anno/Cork

 ◆紙面へのご意見、ご要望は「[email protected]」へ。


著者: ” — www.tokyo-np.co.jp

続きを読む

東京求人ニュース

トトロの雨傘再現 台東の「前原光栄商店」ジブリとコラボ 14日発売:東京新聞 TOKYO Web

Reo Kobayashi

-

日付:

投稿者:

社内で、トトロの雨傘を手にする前原慎史社長=台東区で

 スタジオジブリの長編アニメーション作品「となりのトトロ」(一九八八年)に登場する傘を再現した「トトロの雨傘」を、台東区の老舗洋傘メーカー「前原光栄商店」(三筋二)が今月発売する。ジブリとのコラボレーション企画で、熟練の職人が分担して一本ずつ手作りする。人気作品と、下町の、ものづくり技術が融合した。 (井上幸一)

 商品化したのは、映画の中で少女のサツキがトトロに出会った際に差した雨傘。作品の舞台とされる昭和三十年前後に最も流通していた八本骨のスタイルだ。日傘としても使える。

 色は黒っぽい青で「ジブリの担当者と話して色を決めた。生地はこの傘のための特別注文」と、同社で加工の仕事を担う田中一行(いっこう)さん(40)は説明する。

傘の生地に織り込まれているトトロなど

 トトロの世界観は細部にも宿る。ポリエステルの生地には、トトロのイラストがワンポイントで織り込まれている。タッセル(房飾り)には、森のドングリをイメージした挽物(ひきもの)加工の木玉をあしらった。

 「慣れ親しんだキャラクターに関われる仕事でワクワクした」と、米国に留学中に英語版の「となりのトトロ」を見たという前原慎史社長(46)。「傘は日用品だが、職人技で作っている製品もあることを、トトロの傘を通じて知ってもらえれば」と期待する。

 企画を考えた山崎はじめさん(57)は「日傘を使いたいという男性も増えているが、気恥ずかしいとの話もある。トトロの傘なら、差す理由付けになり、ハードルが低くなるのでは」と訴えている。

 発売は十四日で、オンラインショップ「東京戯画ショップ」で先行予約を受け付けている。二万七千円(税別)。手作りのため、届くまで時間がかかる場合もある。

「トトロの雨傘」の特製タグ(c)Studio Ghibli


著者: ” — www.tokyo-np.co.jp

続きを読む

東京求人ニュース

女優 桜庭ななみさん 保育士の母は、女性としても母としても憧れの存在です | 子育て世代がつながる | 東京すくすく ― 東京新聞

Reo Kobayashi

-

日付:

投稿者:

家族のこと話そう

写真

家族について語る桜庭ななみさん(田中久雄撮影)

 母は一家の主導権を握る存在です。私は15歳の時に地元の鹿児島でスカウトされ、一人で上京することになりました。母は最初は大反対でした。でも、事務所の人が何度も足を運んで母を説得してくれ、私も頑固な性格でやると決めたら曲げないので、最後は母が折れて認めてくれました。私の芯(しん)の強さは母譲りだと思います。今では、母は私が出演する作品は全部見てくれていますし、一番応援してくれています。

 母は保育士で、仕事をすごく楽しんでいます。私は今、仕事をこなすだけで精いっぱいですが、姉と私、弟の3人を育てながら働き続けてきた母はすごい。女性としても母としても、憧れの存在です。

 会社員の父は母が大好き。仕事で母の方が帰りが遅いときなどに、さみしくなるようで、私や姉、弟たちに電話してきます。父から電話がきた時は、「お母さんは家にいないんだなぁ」と思います。

 私がNHKの連続テレビ小説「スカーレット」に出ていた時は、「友達がドラマを見たって言ってたよ」などと報告してくれました。口下手で、「自分が見た」とは言わない。でも、母に聞くと、朝は会社への出勤時刻と重なるから、録画して見てくれていたそうです。人見知りなところもあるのですが、私もそうなので、性格は父にすごく似ていると感じます。

 毎年、実家でツバメが巣を作って卵を産むのですが、卵が落ちてしまったり、ヘビに食べられてしまったりするんです。父はヘビが柱を上れないように柱に針金を巻くなどして、卵を守ろうと試行錯誤していました。そのかいあって今年はヒナがかえったそうです。そういう優しいところもありますね。

 姉は友達のような存在。私が地元を離れてから数年後に就職で上京し、一緒に住んでいた時期もありました。いやなことがあった時や、仕事の悩みを聞いてほしい時など、いつも電話で話しています。

 新型コロナウイルスの影響で、実家にはお正月以来、帰れていません。みんなに会えないのは寂しいですが、家族のLINE(ライン)グループでやりとりしたり、テレビ電話をしたりして連絡を取り合っています。先日はオンラインで弟の誕生日もお祝いしました。やはり家族の顔を見て話すと、安心します。

 離れているからこそ、余計に何でも話せる家族のありがたみを感じます。つながりはコロナの前よりも深まったかもしれません。どんな時も私の味方でいてくれる存在。私も家族の味方でいたいと思っています。

桜庭ななみ(さくらば・ななみ)

 1992年、鹿児島県生まれ。映画「最後の忠臣蔵」(2010年)でブルーリボン賞新人賞、日本アカデミー賞新人俳優賞など受賞多数。NHK連続テレビ小説「スカーレット」(2019~2020年)などに出演。東海テレビ・フジテレビ系で放送中の、誘拐事件を舞台にしたサスペンスドラマ「13(サーティーン)」でヒロインを演じている。

元記事:東京新聞 TOKYO Web 2020年8月9日



著者: ” — sukusuku.tokyo-np.co.jp

続きを読む

東京求人ニュース

「3カ月無収入で生活ギリギリ」コロナ休業→失業へ「予備軍」じわり移行:東京新聞 TOKYO Web

Reo Kobayashi

-

日付:

投稿者:

 総務省が30日発表した5月の労働力調査では、新型コロナウイルスの影響により、完全失業率(季節調整値)が前月から0・3ポイント上昇の2・9%と、3年ぶりの高い水準となった。歴史的な数に膨れ上がった休業者など「失業予備軍」の一部が、失業に移行し始めている。厚生労働省が同日発表した5月の有効求人倍率(同)も前月から0・12ポイント低下の1・20倍で、46年4カ月ぶりの下げ幅を記録。識者からは雇用悪化の広がりと長期化への懸念が出ている。

◆5月の完全失業者は198万人

 完全失業者数は198万人。前年同月比33万人増で、増加幅は10年4カ月ぶりの高水準。就業者数は同76万人減の6656万人と、2カ月連続で減った。緊急事態宣言で急増した休業者は、274万人増の423万人だった。

 横浜市の洋服販売会社に勤める会社員男性(61)は、4月中旬にコロナの影響で休業に入った。経営が悪化した会社側から退職の勧奨を受け、「辞めることはもう覚悟している」。ただ給与や休業手当の未払いがあり、地域の労働組合に加入して団体交渉を申し入れており、このままでは辞めるに辞められない。「3カ月も無収入で生活はギリギリ。中ぶらりんの状況が一番つらい」と漏らす。

 男性のように事実上の失業状態にある休業者も、統計上は就業者とみなされ、失業率には反映されていない。失職した後、感染拡大の状況を考えて求職活動をせずに待機すれば「非労働力人口」という枠に入り、これも失業者に入らない。実際に5月の非労働力人口は4221万人で、37万人増えている。

◆35万人が失業に移行

 こうした「失業予備軍」もじわりと失業に移行している。総務省の推計によると、4月から5月にかけて休業者のうち失業に移行したのは約10万人。非労働力人口から失業への移行は約25万人に上る。

 日銀元審議委員の木内登英氏は「今後も非労働力人口や休業者が失業に移行するなどし、失業率は来年前半に6%台に達する」と予想。「雇用の悪化はサービス業の非正規社員が中心だったのが、製造業の正社員に波及する兆しも出ており、長期化する」と見通した。(渥美龍太)


著者: ” — www.tokyo-np.co.jp

続きを読む

東京求人ニュース

<ひと ゆめ みらい>障害者の自立を描いた映画 初監督 田中悠輝(たなかゆうき)さん(29)=江戸川区:東京新聞 TOKYO Web

Reo Kobayashi

-

日付:

投稿者:

もやいの活動の打ち合わせをする田中悠輝さん=西新宿で

 障害者が自立して生活する様子を描くドキュメンタリー映画「インディペンデント リビング」で初監督を務めた。生活困窮者の支援現場にも足を運びながら、生きづらさを抱える人々が、自分らしく生きる姿を追い掛けている。

 「うまい、最高」。電動車いすの男性は、介助者にたばこの火を付けてもらう映画のシーンで笑顔を見せた。事故で頸髄(けいずい)を損傷し、首から下にまひが残る。自宅では、介助の指示をしながら入浴し、料理し、ベッドのシーツを替える。

 映画には、リスクや責任を負いながらも、親元や施設ではない自由な自立生活に挑む障害者たちが登場する。失敗する姿も含めて、それぞれ個人の魅力が、そのままに映し出される。

 明治学院大を二〇一三年に卒業後、困窮者支援の認定NPO法人「抱樸(ほうぼく)」(北九州市)で働いた。路上生活経験のある男性に、花見で撮影した写真を渡したときだ。ウインクのように片方の目をつぶる写真に、男性は「遺影にする」と喜んだ。その人らしい明るい表情だった。「生きた証しでもある遺影に選んでくれた。その人が一番輝いている場面を撮りたい」とカメラを持つようになった。

 一六年からは、江戸川区にある自立生活センターの介助ヘルパーとして働く。そこで記録用に撮影していたが、事務の仕事をしていた映画制作・配給会社の鎌仲ひとみ代表や、映画にも登場する全国自立生活センター協議会代表の平下耕三さんらに背中を押され、映画制作に本格的に乗り出した。生活困窮者の支援現場にも関わり、一七年から支援団体の認定NPO法人「自立生活サポートセンター・もやい」(新宿区)でも働く。

 障害者も生活困窮者も、「かわいそう」といった特定のイメージが持たれ、異質な対象としてみられがちとし、「そうした社会の決めつけが生きづらさになる」と指摘する。筋萎縮性側索硬化症(ALS)患者への嘱託殺人事件が七月に発覚し、尊厳死を求める声が聞かれたが、「そもそも生きるための装置が社会に足りない。惨めにならざるを得ない環境的な要因がある」と問題の本質を突く。

 自立のためには、依存先を増やすことが必須だ。そしてそれは、障害の有無や、生活困窮の具合にかかわらない。「温かくて健全で多様な関係を地域につむがなければいけないし、そうしたものを社会に開いていきたい」。そう、カメラを回し続ける。(中村真暁)

<インディペンデント リビング> 自立生活にチャレンジする障害者らを追ったドキュメンタリー映画。ぶんぶんフィルムズ製作で、代表の鎌仲ひとみさんがプロデューサーを務めた。98分。都内では3月に公開された。1800円でネット配信もしている。詳細は作品ホームページから。


著者: ” — www.tokyo-np.co.jp

続きを読む

東京求人ニュース

国の移住セミナーが現金で参加者を動員 「サクラ」に1回5000円  :東京新聞 TOKYO Web

Reo Kobayashi

-

日付:

投稿者:

 東京一極集中の是正に向け、厚生労働省が首都圏の若者らを対象に都内で開いている地方創生関連イベントで、一部の参加者に現金が支払われていたことが分かった。イベントは人材派遣大手のパーソルテンプスタッフ(東京)への委託事業で、集客に関与した関係者が「現金を支払う条件で参加者を募り、派遣した」と本紙に証言した。国の地方創生事業で不適切な動員が明らかになったのは初めて。(前口憲幸)

総務省の「移住・交流情報ガーデン」が入るビル(円印)。右上はJR東京駅=本社ヘリ「まなづる」から

 安倍政権が進める地方創生政策を巡っては、国の交付金を使うなどして開かれた県や市町村の移住相談会で参加者が偽装されていたことが本紙の報道で判明。国は約1700の全自治体に調査と報告を求めたが、今回は国自体が調査対象となる。

 厚労省は2015年7月、地方での若者の仕事探しを支援する「LO活プロジェクト」を始めた。同年3月に総務省がJR東京駅近くに開設した「移住・交流情報ガーデン」を主な会場にセミナーを開き、専門の講師が働きがいのある企業の探し方や就職活動の計画作りなどを講義している。

 本年度まで6年連続でパーソル社が委託を受け、事業総額は約20億円に上る。セミナーの集客はパーソル社がさらに外注し、地方創生関連企業など少なくとも都内の2社が関与していた。末端の下請け企業は、あらかじめ登録しているスタッフに募集要項を一斉メールで配信。応募者の中から条件に合う人を選び、現金支給を条件にセミナーに参加させていた。

 厚労省に情報公開請求した文書と、関与した企業の内部文書によると、セミナーは大学の内外で開かれ、参加は無料。移住・交流情報ガーデンなどの学外でのセミナーは17年度が年間56回と最も多く、取材で確認できた17年12月~18年2月には14回で計243人が参加した。全14回で現金が支給され、少なくとも170人が1回当たり5000円を受け取っていた。参加者11人のうち10人が「サクラ」だったセミナーが3回あり、複数回参加した若者もいた。

 パーソル社の広報担当者は「現金を配るよう指示した事実はない」と説明。一方、下請け企業の関係者は「国の仕事に関与していたとは思ってもいなかった。発注元から来た仕事をさばいた」と語った。セミナーの元担当者は「参加者が謝礼をもらっていることは知っていた」と明かした。

 厚労省地域雇用対策課の担当者は「現金支給の動員は考えられない。(サクラが)紛れ込んでいたら分かると思う」と話している。

◆理解に苦しむ

 東京都立大の山下祐介教授(社会学)の話 地方で働く魅力を伝えるセミナーの主役は学生で、集客こそが事業の根幹。それを委託や外注で済ませていたとは理解に苦しむ。地方移住は人生の転換であり、仕事があれば実現するという単純な話ではない。地方との連携など細やかな体制づくりが不可欠だが、厚労省にそのノウハウがあるか疑問だ。セミナーは地域を限定しておらず、具体性がない。これでは学生も何を学ぶのか分からないだろう。事業そのものが空回りしているように感じる。

 ◆移住相談会のサクラ問題 全国の自治体が東京都内で開いている移住相談会で、一部の参加者に現金が支払われていたことを本紙が2019年12月16日付朝刊で報じた。相談会の運営を受注した都内の企業が、テレビ番組のエキストラを募る求人サイト運営企業や人材派遣企業に「人集め」を発注。企業の関係者が現金支給を認め、参加者本人がサクラの実態を証言した。本紙は内部資料や情報公開請求により、石川県、三重県、千葉県、富山県黒部市、岐阜県郡上市など約50の県や市町村が主催する相談会で参加者の偽装を確認している。


著者: ” — www.tokyo-np.co.jp

続きを読む
求人を探す30分 前に投稿,

「三國志 覇道」は“真のNo.1”に挑んでもらうゲーム。伊藤幸紀氏へのプロデューサーインタビュー

日本の働き方5時間 前に投稿,

デジタル化で事業継続の危機を乗り越える–ハナマルキのノウハウ –

東京求人ニュース6時間 前に投稿,

トトロの雨傘再現 台東の「前原光栄商店」ジブリとコラボ 14日発売:東京新聞 TOKYO Web

仕事のニュース8時間 前に投稿,

トラブルの総合百貨店で学んだ「2つのテクニック」 | その仕事、全部やめてみよう | ダイヤモンド・オンライン

東京求人ニュース12時間 前に投稿,

女優 桜庭ななみさん 保育士の母は、女性としても母としても憧れの存在です | 子育て世代がつながる | 東京すくすく ― 東京新聞

東京求人ニュース18時間 前に投稿,

「3カ月無収入で生活ギリギリ」コロナ休業→失業へ「予備軍」じわり移行:東京新聞 TOKYO Web

日本の働き方23時間 前に投稿,

Business Insider、ポストコロナをテーマにグローバルイベントを今秋世界同時開催:時事ドットコム

東京求人ニュース24時間 前に投稿,

<ひと ゆめ みらい>障害者の自立を描いた映画 初監督 田中悠輝(たなかゆうき)さん(29)=江戸川区:東京新聞 TOKYO Web

求人を探す1日 前に投稿,

日産自動車がイタルデザインと共同開発した「Nissan GT-R50 by Italdesign」の限定市販モデルが2020年後半より納車開始!|クーペ・スポーツカー|MotorFan[モーターファン]

求人を探す1日 前に投稿,

【連載】クルマに乗って「オイシイモノ」を食べに行こう!⑧三菱 エクリプスクロス 三菱 エクリプスクロス ディーゼルに乗って大内宿まで往復570km「このクルマはふたり乗り!」アナログ派・ヒトシ君×助手75の言いたい放題本音インプレ

東京求人ニュース2か月 前に投稿,

トヨタのWoven City構想、自動運転レベル3解禁…2020年上半期、業界10大ニュースは? | 自動運転ラボ

東京求人ニュース4か月 前に投稿,

デザインとアートのコンペティション「TOKYO MIDTOWN AWARD」13回目の開催が決定。デザインコンペのテーマは「DIVERSITY」 | デザイン情報サイト[JDN]

東京求人ニュース5か月 前に投稿,

Kaizen Platform、パーソルキャリアが提供する業界初の動画求人広告サービス「dodaプライム」を共同開発|株式会社Kaizen Platformのプレスリリース

日本の働き方4か月 前に投稿,

世界の名だたるデザイン賞を受賞 Rig DogTM 耐衝撃保護手袋発売のご案内|日本ハネウェル株式会社のプレスリリース

新生活の準備はOK?4か月 前に投稿,

【GRWM】前田希美。ある日の支度の様子

東京求人ニュース5か月 前に投稿,

“今井麻美 Winter LIVE「Flow of time」”東京公演リポート。声優20周年、歌手10周年のメモリアルイヤーを沼倉愛美さんと締めくくり!

日本の働き方4か月 前に投稿,

NewsPicks Brand Magazine Vol.2が3月31日より販売開始に。これからの「はたらき方・生き方」がテーマ|Uzabase, Inc.のプレスリリース

日本の働き方5か月 前に投稿,

出社はオフ会に?「アフターコロナ」の日本で、働き方や人事はこう変わる |

東京求人ニュース5か月 前に投稿,

転職サービス「doda」、Kaizen Platformと共同開発 業界初※・動画求人広告 「doda プライム」の販売を開始 ~実証実験では求人閲覧率・応募率ともに130%に増加~

求人を探す3か月 前に投稿,

しあわせのDIY、みんなで楽しくやっちゃおう! グリーンズが開発した「いかしあうつながりデザインカード」とは | greenz.jp グリーンズ

人気