Connect with us

東京求人ニュース

2021年の祝・休日一覧 : 東京五輪開催で夏の祝日が移動 |

Reo Kobayashi

-

日付:

Japan Data

社会
経済・ビジネス
暮らし

2020年のゴールデンウイークは「ステイホーム週間」だった。旅行どころか、不要不急の外出の自粛を求められ引きこもりの日々を過ごした人も多いはず。だから、2021年のお休みは思いっきり満喫したい。鬼に笑われてもいいから、早めに来年の祝・休日をチェック!

新型コロナウイルス感染症の世界的な拡大で、東京五輪・パラリンピックが2021年夏に延期されたことで、2021年の祝・祝休日にもイレギュラーが発生する。海の日(本来は7月第3月曜日)を五輪開会式前日の7月22日に、スポーツの日(本来は10月第2月曜日)を開会式当日の23日に、山の日(本来は8月11日)を閉会式の8月8日とし、翌9日が振り替え休日となる。

2021年の祝・休日は以下の通り。(2020年の祝・休日はこちら

内閣府ウェブサイトの情報を基に編集部作成  「*」は2021年限りで移動する祝日   

三が日が土日に当たり、4日から仕事始め

2020年12月28日の「御用納め」は月曜日で、会社員や役所勤めの人は29日火曜から年末年始休みがスタートする。正月三が日が金・土・日曜日に当たるため、4日の月曜日が仕事始めになると、正月休みは1週間程度とやや短め。でも、正月休み明けの1週間を乗り切ると、3連休が待っているので頑張ろう!

有給休暇と組み合わせれば超大型連休に

ゴールデンウイークは5月1日から5日までが5連休。祝・休日に挟まれた平日に有給休暇を取れば、まとまったお休みにできそう。2020年は新型コロナウイルスの感染拡大阻止のため不要不急の外出自粛が求められたこともあり、休日らしい休日ではなかった。2021年こそ、楽しいゴールデンウイークでありますように。

2021年限りの夏の祝日移動

特別措置法で海の日・スポーツの日、山の日が1年限りで移動し、五輪開会式とその前日、閉会式とその翌日が休日となる。これに伴い7月に4連休、8月に3連休が出現する。

暑さ一段落の時期にリフレッシュ

2021年は敬老の日が月曜日、秋分の日は木曜日。カレンダー上は、なんとも微妙な虫食いに見えるが、18-20日は3連休。24日の金曜日に有給休暇を取得すれば4連休となる。秋の行楽シーズン、計画的に休みをとれば夏バテから立ち直るのにピッタリ。

(注・5月29日、東京五輪の開・閉会式に合わせて祝日を移動する五輪・パラリンピック特別措置法改正案が閣議決定された。休祝日の移動は改正法成立によって確定する)

バナー写真 : PIXTA

東京五輪・パラリンピック
年末年始
祝日
ゴールデンウイーク
有給休暇
新型コロナウイルス

著者: ” — www.nippon.com

続きを読む

東京求人ニュース

<働くシニアの生き生き相談室>介護視野に人生設計 対策は:東京新聞 TOKYO Web

Reo Kobayashi

-

日付:

投稿者:

<相談> 要介護状態の母と二人暮らしです。最近、薬を飲み間違えるなど認知機能の衰えも心配です。持病があるため施設入所は難しく、本人も在宅介護を望んでいます。介護との両立を視野に、第二の人生設計を検討せざるを得ません。

 現在の勤務先での定年を待つことなく、セカンドキャリアにチャレンジしたいと漠然と考えています。母の状態が悪くなった場合には、柔軟な就労形態を選択せざるを得なくなることも想定しています。

 とはいえ、文系サラリーマンの典型のような私は何らかの専門性を習得しているわけではありません。これからの数年間、どんな対策を立てるべきかアドバイスを頂きたいと思います。 (50代男性、会社員、東京都)

◆ケアマネ・地元の窓口に相談を

<回答者・本田恭助さん> 実は私も、親の介護と仕事の両立に苦労しました。50歳ごろから約八年間、東京に勤務しながら姉妹二人と交代で、毎月九州に里帰りして父母を介護しました。母は施設で、持病があった父は病院で余生を送りました。当時は介護休暇制度がなく、有給休暇を使い切り、さらに欠勤せざるを得ませんでした。それでも職場の理解と協力を得て、両親を最期まで支えることができました。

 帰郷するたびに必ずケアマネジャーを訪ねました。両親の具合に合わせて細やかなケアメニューを作ってくださり、そこから私たち子供のすべきことも決まったからです。仕事との両立を図るのに欠かせない存在でした。ケアマネジャーは立場上、介護と仕事の両立を巡る事例をたくさん把握しています。あなたのお母さまの介護を中心に据え、どのような働き方と組み合わせれば最も効率的か、まずはケアマネジャーに相談されることをお勧めします。

 お住まいの地域で新たにお仕事をお探しになるなら、自治体と国(ハローワーク)が連携した相談窓口を活用してはいかがでしょうか。例えば私の地元では、千葉県ジョブサポートセンターが運営する「しごと・生活に関わる総合支援サービス」があり、悩みや希望を伝えれば適切な助言や情報を提供してくれます。

 私も専門性のない文系サラリーマンでしたが、会社時代に培ったマーケティング経験が今の第二の職場で重宝がられています。あなたも知見と経験を棚卸しされ、現在の勤務先での可能性も含めて、柔軟にセカンドキャリアを探索されてください。 (定年後研究所監修)

<本田恭助さん> 1957年、長崎生まれ。花王で60歳定年後に再雇用され、認定NPO法人日本NPOセンターに出向中。シニア社会学会会員。

  ◇

 「70歳現役時代」を迎え、定年後の働き方や転職、移住、社会貢献など、ミドル・シニアの疑問や悩みを募集します。人生の転機に転職や起業を経験した6人が交代で答えます。



著者: ” — www.tokyo-np.co.jp

続きを読む

東京求人ニュース

スイスの映像作家が描く、伝統とモダンが入り混じる「Tokyo」のイメージとは? 2022年ショートショート フィルムフェスティバル & アジア 「Cinematic Tokyo」部門優秀賞受賞作の裏側

Reo Kobayashi

-

日付:

投稿者:

雨が降りしきるなか、ひとり残業に勤しむサラリーマン。鳴り止むことのない雨はやがて東京の街全体を覆い、主人公はビルの屋上からの脱出を試みる。街中に立ち昇る黒煙、突如登場する巨大なクジラ、これは現実なのか、それとも――。

実写とCGを組み合わせたモノクロの映像で、東京で働くサラリーマンのもとに訪れる悲劇を描く『Tokyo Rain』。スイス・チューリッヒで活動するふたりのクリエイターによって生み出された本作は、2022年度の「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア 2022(以下、SSFF & ASIA)」内「Cinematic Tokyo」部門にて、優秀賞および東京都知事賞に輝いた。日本とは遠く離れたチューリッヒで暮らすクリエイターが、なぜ「東京」をモチーフに作品を制作したのか?プロデューサーのロブ・シュナイダーさんと映像作家のミシェル・ワイルドさんに、本作の制作プロセスや、応募のきっかけについてうかがった。

独自の作風を生んだ多様なキャリア

––おふたりの経歴をそれぞれ教えてください。

ロブ・シュナイダーさん(以下、シュナイダー):私はフロントエンドエンジニアとして10年以上のキャリアがあり、同時に映画制作と撮影に没頭してきました。私の会社「manual」では、グラフィックデザインやWebデザインに加えて、企業のイメージ映像やドキュメンタリーも制作しており、ミシェルとは一緒に仕事もしています。

私たちが最初に制作したショートフィルム『Hunger』では、チューリッヒで有名な「モバイルショートフィルムフェスティバル」で受賞することができました。『Tokyo Rain』と同様日本がモチーフとなっており、私の子ども部屋で撮影した作品です。

2022年ショートショート フィルムフェスティバル & アジア 「Cinematic Tokyo」部門優秀賞 作家ロブ・シュナイダー

ロブ・シュナイダー

ミシェル・ワイルドさん(以下、ワイルド):私はイラストレーター、漫画、ミュージシャン、フィルムメイカーとして活動しています。『Tokyo Rain』では、脚本、美術監督、音楽、舞台美術、編集、監督を担当しています。

2022年ショートショート フィルムフェスティバル & アジア 「Cinematic Tokyo」部門優秀賞 作家ミシェル・ワイルド

ミシェル・ワイルド

私は9歳から漫画を描きはじめ、その頃からアニメーションもつくっていました。ポップミュージックを演奏するバンドでボーカルとギターを担当していたこともあります。さまざまなスタイルのデバイスを使用してストーリーを語ることが好きで、これまでにもショートフィルムやアニメーション、ミュージックビデオ、商業用ビデオを制作してきました。

キャリアとしてはグラフィックデザイナーの経験を積み、仕事を通じて映像制作の道が開けたことから、さまざまな映像編集やVFXを学びました。とりわけ低予算の作品では、これまでのノウハウを自然と活かすことができるので、ひとつの作品の中で複数の役割を担うことに楽しさを感じています。

チューリッヒで「Tokyo」を表現する、実写とCGによる映像制作

2022年ショートショート フィルムフェスティバル & アジア 「Cinematic Tokyo」部門優秀賞『Tokyo Rain』メインイメージ

SSFF & ASIA 2022 Cinematic Tokyo部門で優秀賞/東京都知事賞を受賞した『Tokyo Rain』

––『Tokyo Rain』は、実写とCGアニメーションが一体となった独特な映像が魅力です。この手法で制作された経緯を教えてください。

ワイルド:本作の制作はストーリーを起点としてスタートしました。そこから、ストーリーのシュールリアリスティックな雰囲気を際立たせるために、モノクロの映像にすることや、CGやストップモーション、実写といったさまざまな手法を用いることを決めていきました。その後、映画全体のストーリーボードとなる絵コンテとアニメーションを制作してから、撮影に臨んでいます。

––実写パートの撮影はどのように行われたのでしょうか?

ワイルド:雨が降る中での屋上のシーンは、チューリッヒのビルの屋上で実際に撮影しています。巨大なグリーンバックを用意して、芝生用のスプリンクラーで雨を降らし、CGでも雨を追加しています。主人公が組み立てる筏(いかだ)も、ドラム缶と縄を使って役者が実際に組み立てているんです。

主人公が勤める会社のオフィスの撮影場所もすぐに見つかったので、そのほかにCGで制作する必要があったのは、さまざまな小道具と、劇中に登場する日本語の文字でした。ちなみにオフィス内の自動販売機は段ボールでつくっています(笑)。

2022年ショートショート フィルムフェスティバル & アジア 「Cinematic Tokyo」部門優秀賞『TOKYO RAIN』劇中

『Tokyo Rain』のワンシーン。漢字が印象的に使用されており、画面中央の自動販売機は段ボールで制作されているそう。

––かなりのカット数でVFXを制作されていますが、苦労したシーンや、仕上がりに満足しているところを教えていただけますか?

ワイルド:全体的にとても手の込んだVFXを制作しています。たとえば終盤で登場する宇宙船は、おもちゃの飛行機や組み立て式の宇宙船のパーツを使ったお手製のものをデジタル化し、シーンの中に組み込んでいます。クジラはおもちゃのフィギュアを撮影したものと、CGで制作したモデルを必要に応じて組み合わせました。もっとも大変だったのは屋上のシーンですね。雨やCGで制作したビル、忙しなく動き回るカメラワークをまとめるのは一苦労でした。

お気に入りのシーンのひとつは、主人公のマサヒロが水に浮かぶ全身のショットです。撮影では、役者がグリーンスクリーンの上に横たわり、リーフブロワー*を使って、髪の毛や服をなびかせています。スローモーションで撮影していて、水と空気の泡をCGで追加することで、役者が実際に水に浮いているように見せました。

*ノズルから空気が噴き出すことで落ち葉やちりなどを吹き飛ばす清掃用の機械のこと

シュナイダー:カメラマンとしていちばん苦労したのは、カメラが水に浸からないように注意することでしたね。ウォータ―スプリンクラーが常に動いていたので、カメラをラップで包んだり、傘でガードしながら撮影しました。私のお気に入りは、主人公が脱出のために筏をつくる屋上のシーンです。

ワイルド:実写パートは、役者も含めたった5人で撮影しています。信じられないかもしれませんが、この少人数のクルーで、すべてのシーンを3日間で撮影しています。

日本人キャストや歌手を起用した「日本描写」へのこだわり

––本作では、主人公を含め日本人のキャストが参加されています。キャスティングはどのように行われたのでしょうか?

シュナイダー:主演を務めたヘシキヒデトは、スイス・チューリッヒに住む日本人のダンサーであり、振付師です。ロバートの友人を介して知り合ったのですが、スイスで日本人の役者を見つけることは不可能に近いことだったので、本当にラッキーでしたね。電話口で登場する彼の妻役も同様です。声だけ出演するラジオパーソナリティ役については、オンラインプラットフォームで役者を探しました。

––漢字やひらがなが特徴的に使用されていますが、日本語への翻訳はどのようにされたのでしょうか?

シュナイダー:私の妻が東京生まれなので、劇中のオフィス内の廊下や小道具などの日本語は、すべて妻が翻訳しています。役者のセリフに関してはプロの通訳の方にお願いしました。

––日本語で歌われるエンディングの楽曲も、とてもユニークで印象的でした。制作プロセスについて教えてください。

ワイルド:とても楽しい制作プロセスでした。自分のサウンドアーカイブの中から、楽曲の基本構成となる荒々しいリズムとシンプルな楽器のリフレインを選び、これらを少しアレンジしたり、いくつかの楽器を自分で演奏したものを追加しました。

その後、11歳になる私の娘が突然ボーカルのメロディーを思いついたんです。そのメロディに仮歌用として意味のない言葉をあてて、ボーカリストをオンラインプラットフォームで探しました。実際に歌っているユウコはそこで見つけたんです。彼女は日本人のシンガーで、自身で詩も書いているので、彼女に楽曲のトラックと映画のストーリーを送り、数日後に歌詞が送られてきました。まさしく本作の感情や雰囲気を表現した、すばらしい歌詞だと思います。その後、彼女からボーカルトラックが送られてきたので、それをもとにファイナルミックスを行いました。

次ページ:水没する東京のイメージに込められた「傷つきやすさ」

著者: ” — compe.japandesign.ne.jp

続きを読む

東京求人ニュース

フリスク クリーンブレス「60分息キレイ。」※にリニューアル お仕事中、食後のひととき、ドライブデート…日常の様々なシーンで新木優子さんがフリスクで60分息キレイ※に!|クラシエフーズのプレスリリース

Reo Kobayashi

-

日付:

投稿者:

 昨今、少しずつリアルで人に会う場面が増えたことで、対面によるコミュニケーションを取る機会も多くなり、息をキレイに保つための“口臭エチケット”に対するニーズが高まっています。
 こうした状況を背景に、日常の様々なシーンで、息を気にせず自信をもっておしゃべりしたり、笑ったり、日々の生活を楽しく過ごしていただきたい、そのような想いで「フリスク クリーンブレス」は2022年9月26(月)、新たにリニューアルしました。
 緑茶抽出成分を従来商品の2倍配合した大粒タブレットになり、キレイな息の持続が60分に延長。口の中に入れた瞬間、ミントの爽快感が広がり、口の中を速攻リフレッシュすることができ、人に会う前やマスクをしていて自分自身の口臭が気になったときなど、手軽に息をキレイにすることができます。

 10月10日(月)よりオンエアの新CMでは、新木優子さんがオフィスや食後のひととき、ドライブデートと

いった様々なシーンでフリスクを口に入れ、キレイな息で爽やかに過ごす様子を表現しています。フリスクを

口に入れた瞬間の表情や、友人と息を気にせず楽しそうに話す様子、そして時に見せる愛らしい笑顔など、新木さんの魅力的な表情にご注目ください。さらに、CMソングを歌うのも新木さんご本人。爽やかで「息キレイ」を感じる新木さんの歌声もあわせてお楽しみください。

 また、フリスク公式Twitterでは、新木優子さん出演のオリジナル動画を10月10日(月)より公開致します。仕事のできる新木さんに時には助けられ、時には褒められる、まるで新木さんの後輩社員になったかのような体験を是非お楽しみください。

 

■タイトル: 「FRISK60分息キレイ篇」15秒
■出演者:新木優子
■放送開始日:2022年10月10日(月)
■放送エリア:全国
■YouTube(15秒):https://youtu.be/e2a6ca7mPvg
 

 

 

  • 新木優子さんインタビュー

Q. CM撮影はいかがですか?
A.いろいろなシーンで、いろいろな方と、すごく楽しく撮影たと思います。皆さん気さくに、楽しく、本当の同僚のように撮影に臨んでくださったので、私自身楽しく撮影できました。また、フリスクを食べて「爽やかな空気」をまとうことを自分の中で意識しているのですが、それが自然にできる空気感をスタッフの方が作ってくださいました。

Q. 新しいフリスクは60分間と長い時間キレイな息が続きますが、新木さんが「これならいくらでも長い時間できる」と思うようなことはありますか?

A. 読書が好きなので読書を始めると何時間も読んでしまいます。楽しくなると「もう一章、もう一章」となるので読書は何時間でも続けられます。台本を読まなくてはいけないときも、フリスクを食べるのと同じように気分を変えるために違った風を入れる感覚で読書をしています。

Q. フリスクは口の中をスッキリさせますが、最近スッキリしたことはありますか?また、新木さんのリフレッシュ方法を教えてください。

A. ちょっとの休みがあるとどこかに行ってリフレッシュします。最近撮影で京都と兵庫に行きまして、その時に自然やお寺や神社など歴史を感じられる建物の中でゆっくり過ごせる機会があったので、すごくリフレッシュになりました。

Q. CMをご覧になる皆様へメッセージをお願いします。

A.この度、フリスク クリーンブレスのCMに出演することになりました。撮影中もフリスクを食べて頑張りました。皆さんも是非新しいCMを見て、フリスクを食べて「60分息キレイ」※を体験してください。

 

 撮影当日、白いブラウスに身を包み現場入りした新木さん。最初は少し緊張した様子の新木さんでしたが、多くの出演者と様々なシーンの撮影を進める中で、本当の同僚のように打ち解け、現場は明るい雰囲気に包まれました。CMに合わせ、爽やかな空気感をまとうことを意識していたという新木さんは、ひとつひとつの表情や動き方、フリスクの持ち方をスタッフと細かく確認するなど、プロの表情も見せてくれました。

 また、次々と進行していく撮影の中でも、撮影の合間ではメイキングカメラに笑顔を向け、ポーズをとってくれるなどお茶目な一面も。屋外のシーンでも順調に撮影が進み、撮影終了後は笑顔で花束を受け取った新木さん。終始明るく爽やかな空気に包まれた撮影となりました。

 

  • Twitterキャンペーン

 フリスク公式Twitterでは、CM本編にも出演した新木優子さんが“いつでもキレイな息“の先輩として登場する限定動画を公開いたします。もし「自分の横に新木優子さんがいたら」という、一人称視点のここだけの動画になっています。CM本編同様に、爽やかな先輩社員の新木さんが後輩社員のあなたをフォローしてくれたり、仕事の内容を褒めてくれたりと、新木先輩とのオフィス生活を疑似体験できます。

 また、フリスク公式Twitterではフォロー&リツイートキャンペーン「#いつでも息キレイキャンペーン」を実施。フリスク公式Twitterをフォローし、対象ツイートをTwitterでシェアした人の中から抽選で、豪華賞品をプレゼントします。

■実施期間:2022年10月10日(月)~10月24日(月)23:59

■応募方法:①フリスクFX公式アカウント(@FRISK_JPN)をフォロー

  ②公式のキャンペーン投稿をリツイートしてして参加

■賞品(当選人数):

<特別賞>新木優子さん直筆サインカード(3名様)

<A賞>フリスク クリーンブレス(50名様)

<B賞>Amazonギフト500円分(100名様)

■フリスク公式Twitter:https://twitter.com/frisk_jpn

【フリスク クリーンブレス Web動画】もしも新木優子さんがあなたの職場の先輩だったら… シリーズ

・新木さんに資料チェックをお願いしてみた!! 篇

https://youtube.com/shorts/WPN9k6R0I5Y?feature=share

・新木さんはいつも突然やってくる!! 篇

https://youtube.com/shorts/CPemTIe3Q6Q?feature=share

・新木さんはピンチの救世主!! 篇

https://youtube.com/shorts/3OBEk7kkwnw?feature=share

・新木さんとプレゼンをやりきったら!! 篇 

https://youtube.com/shorts/FSecfZm7xAo?feature=share

 

  • 出演者プロフィール:新木優子(あらきゆうこ)

 

1993年12月15日生まれ、東京都出身。
女優・モデルとして多方面で活躍中。

◆近年の主な出演作品 

<ドラマ> 「SUITS/スーツ」シリーズ(2018年/2020年) 「セイレーンの懺悔」(2020年) 「ボクの殺意が恋をした」(2021年) 「六本木クラス」(2022年)「ガリレオ 禁断の魔術」(2022年)

 <映画> 「あのコの、トリコ。」(2018年公開)「劇場版コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-」(2018年公開)「バスカヴィル家の犬 シャーロック劇場版」(2022年公開)

 

  • 「フリスク クリーンブレス」商品概要

 

 

■商品名:フリスク クリーンブレス
■希望小売価格:309円(税込)
■容量:35g
■特徴:
・口の中に入れた瞬間、ミントの刺激と爽快感が広がり口の中を速攻リフレッシュ
・3層構造の中間層に従来の商品の2倍の緑茶抽出物を配合した大粒タブレットで、キレイな息が60分続く
・携帯に便利で、スタイリッシュなメタルケース

※2022年ペルフェッティ・ヴァン・メレ社による調査。

緑茶抽出物を従来の商品の2倍配合したタブレット(シュガーレス)を3粒連続して摂取し、緑茶抽出物を配合していないタブレット(シュガーレス)と比較して摂取直後から60分後まで口中の揮発性硫黄化合物濃度を測定。その結果、緑茶抽出物を配合していないタブレットと比較し、統計的に有意に高い減少率を確認した。調査対象者:112名(男性52名 女性60名、年齢:20~58歳(平均年齢33.8歳))



著者: ” — prtimes.jp

続きを読む

東京求人ニュース

新・海外で働く日本人アーティスト 「キャラクターに生命を吹き込むこと、それがアニメーターの醍醐味」第76回:藤原淳雄(ILM Vancouver / Senior Animator)

Reo Kobayashi

-

日付:

投稿者:

カナダのバンクーバーからお届けしよう。今でこそ多くのVFXスタジオが存在するバンクーバーだが、今回登場いただいた藤原氏が海外での就職活動を始めたころは、バンクーバーにもモントリオールにも、まだ大手スタジオが存在しなかったという。そこからILMで活躍するようになった現在までのキャリア・パスについて、話を伺った。

Artist’s Profile

藤原淳雄 / Atsuo Fujiwara(Industrial Light & Magic Vancouver / Senior Animator)
大阪府出身。東京でCGデザイナーとしてキャリアを開始。4年後の2006年よりカナダに移住し、CM・TVシリーズ・ ゲーム・映画など様々なジャンル、複数の会社でアニメーターとして経験を積む。現在は、Industrial Light & Magic(以下、ILM)に所属。また、オンラインスクールAnimationAidの発起人であり、共同代表も務める。2016年初頭の同スクール開校後は講師、運営にも携わっている。
www.ilm.com

<1>夢の計画書に書いた「スター・ウォーズに関わる人になる!」という決意

――子供の頃や、学生時代の話をお聞かせください。

小学校の低学年の頃から、映画好きの両親に映画館に連れて行ってもらいました。

記憶に残っているのは、『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』、『E.T.』、『ネバーエンディング・ストーリー』、『ベスト・キッド』、『ランボー』です。

特に、『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』のスピーダー・バイクのシーンはスクリーンで観ると大迫力で、すごく興奮したのを覚えています。映画のパンフレットが家にあって、イウォークたちがかわいくて何度も見返していました。

ランボーが崖からジャンプして自分で腕を縫うシーンを見たときは、怖くて泣いてしまって、映画館から連れ出された記憶が残っています。中学に入ってからは、自分でレンタルビデオ屋さんに行って借りた映画をたくさん観ていました。

子供の頃から運動が大好きで、中学ではバレーボール、高校では中学からずっとやりたかったアメリカンフットボールクラブに所属して、クラブ活動漬けの毎日でした。運動以外には特にやりたいことが見つからず、周りにながされるまま大学を受験しました。浪人して大学の経営学部に入学しましたが、アルバイトで稼いだお金で、スキー、スノーボード、サーフィンばかりしていました。大学3年生になって、就職活動が始まり、やっと自分の将来や仕事について考えるようになりました。

新しいもの好きだった父が買ってきたマックに触れる機会があり、その頃からパソコンを使う仕事がしたいなぁという気持ちが湧いてきました。

そんな中、レンタルビデオで借りてきた『トイ・ストーリー』を見て、「これだ! パソコンを使って3DCGをやりたい!」と思うようになりました。

親に大学に行かせてもらった上に、そこからまた異なる分野を目指すというのは、さすがに都合が良過ぎると思い、「海外で映画制作に関わりたい」という夢の計画書を書いて、親に見てもらいました。大学を卒業することと留学費用を自分で出すという条件で、就職活動をやめて3DCGの勉強をすることを認めてもらいました。

その夢の計画書には、当時『スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス』が公開されていて「数年後のエピソード3に関わるようになる」という無謀な夢を書いたと記憶しています。

結果的に、ここで大学を中退しなかったことは、後にカナダ就労ビザ申請や移民ビザのポイントにプラスに働きました。大学4年間でやりたいことを見つけることができたので、親には本当に感謝しています。

卒業後、留学にかかる資金が思うように貯まらず、留学を一旦諦めて大阪のデジタルハリウッドで3DCGを勉強することにしました。アニメーションの授業では、キーを打ってCubeやSphereが動くだけで凄く興奮したのを覚えています。そのときからずっとアニメーションが一番好きな作業です。

――日本で仕事されていた頃の話をお聞かせください。

日本で働いていたのは20年近く前なので、今とはかなり状況も異なると思いますが……デジハリでは「CG業界は徹夜が当たり前で給料も安く、好きじゃないと続かないよ。クラスで就職できるのは1人か2人」と言われ続けていました。実際に東京でCGデザイナーとして仕事を始めるとすぐに徹夜が続き、机の下で寝たり、数日帰らない日もありました。仮眠室やシャワーもあって、会社に住んでいるような人がいたり、先輩の中には「CG業界の未来はないよ。やめた方がいい」と言う人もいました。

1年後には別会社に移り、環境は少し良くなりましたが、厳しいスケジュールや長い労働時間は続き、無茶な仕事を終わらせろと上司からプレッシャーをかけられることもありました。働き始めてから3年を過ぎた頃には、大好きだった3DCG制作も少しずつ嫌いになっていて、給料もなかなか上がらず、残業代もちゃんと出なかったので、将来への不安を感じていました。

そんな中、後輩が上司からひどいパワハラを受けているのを目の当たりにしました。気持ちの糸が完全に切れてしまい、もう会社も3DCGも辞めようと思いました。しかし、どうせ辞めるなら初心に戻って「海外で働く」という夢にチャレンジしてみよう。そう考えるようになったんです。

結果的に、このネガティブな出来事が、僕の人生の大きなターニングポイントになりました。

たくさんのことを教えてくれた先輩や共に苦しい状況を乗り越えた同僚には、今でも感謝しています。同僚との楽しい思い出もありますし、やさしい先輩もたくさんいました(笑)。今でも厳しいスケジュールや難しい仕事が来たときに「諦めず何とかする」という気持ちになれるのは、日本での経験があったからだと思っています。

――海外での就職活動は、いかがでしたか?

CGWORLD誌で「海外で働く日本人アーティスト」の連載を読んで、アメリカでのビザ取得は難しいというのは分かっていたので、まずワーキング・ホリデー制度を使ってカナダに行って、そのあとチャンスがあればアメリカに移ろうと考えていました。

カナダに行った2006年当時は、モントリオールやバンクーバーにはアメリカやイギリスの大手映像制作会社のスタジオはなかったので、まず地元のアニメーションや映像制作の会社が多いカナダ最大の都市トロントに行くことにしました。

就職活動は、トロントの映像会社10社ほどにデモリールやレジュメを郵送するところから始めました。

そのうちの1社からすぐに電話がありました。ところがカナダに来る前に受けたTOEICテストが370点の僕の英語力では、どこの会社から電話がかかってきたか聞き取れず、会社の名前を聞き直すすべも分からないままに話がどんどん進みました。

面接の日時だけは数字でなんとか聞き取れましたが、頭の中は「やばい、どこの会社だろう? どこだろう? どこだ……汗」でした(笑)。電話の最後に質問がないかと言われましたが、今さら社名は訊き返せない……と、とっさに思いついたのが住所を訊くことでした。何度も何度も聞き直しながら住所をメモり、電話を切りました。デモリールはすでに送っていたので、知ってるはずの住所を尋ねるなんて「変な人だ」と思われていたでしょうね。

自分の英語力では、そのメモが本当に合っているかも自信がもてず、面接当日に答え合わせとなりました。会社に行って受付の人に面接に来たと伝えると、たしかに面接がありました! もうそれだけで軽くガッツポーズです。

面接の準備は、想定できる質問を書き出し、その答えを考え、あとは丸暗記でした。

その会社は、Guru Studioという、当時はコマーシャルの仕事が中心で、僕の好きなスタイライズされたアニメーションが得意な会社でした。

面接では、いくつかの質問を聞き取れ、なんとか答えることができましたが、まったく理解できない質問もあり当てずっぽうで暗記した中の1つを答えてました。質問とかなり異なる返答もあったと思いますが、カタコトの英語を喋るけど「なんだか凄い情熱がある」というのは伝わったようで、オファーをもらうことができました。

後で聞いたところ、日本好きの社員が数名いて「日本人を採りたい」と言ってくれたそうです。

Guru Studioは、リーマンショックのせいで仕事が無くなるまでの4年間、就労ビザを何度も更新してくれました。その間にカナダ永住権の申請もしていましたが、ビザ・オフィスやシステムの変更と重なって、いつ取れるか分からない状態が続きました。

その後は、仕事を求めてモントリオール、ハリファックスと都市を移動し、TVシリーズやゲームの仕事などを続けながら2012年に何とか永住権を取得することができました。

その頃には、アメリカの大手映像会社がバンクーバーにいくつもスタジオを開き、当初考えていたアメリカへの移動の必要が無くなりました。バンクーバーに移ってからは、Sony Pictures ImageworksMPC、Weta Digital(現・WetaFX)などでVFX映画やアニメーション映画に携わり、現在は、ILMで働いています。約20年かかりましたが、学生時代に書いた夢の計画書を実現することができています。

7年前に、現在CGWORLD編集長の若杉 遼君とオンラインスクールAnimationAid(※)を立ち上げて、アニメーションの講師もしています。カナダでアニメーターをやっていると言うと、みんな「良い仕事だね」と言ってくれます。給料もカナダの平均年収より高く、技術のある選ばれた人だけができる魅力的な仕事というイメージです。僕の経験やスキルを伝えることで、日本のCGアニメーターの技術が上り、より魅力的な仕事になればと思っています。

※関連記事:「アニメーションエイド ポーズ宿題」

Sony Pictures Imageworksにて『スパイダーマン:スパイダーバース』のオスカー受賞式の中継をオフィスでチームと一緒に見る会に家族で参加

<2>夢のILMで活躍中、後進へのアドバイスは「とにかくデモリールを出すこと」

――現在の勤務先は、どんな会社でしょうか。簡単にご紹介ください。

ILMは、ジョージ・ルーカスによってスター・ウォーズを制作するために1975年につくられたVFXの会社です。親会社がルーカスフィルムで、ディズニーグループに所属しています。ヘッドオフィスはサンフランシスコで、ロンドン、シンガポール、シドニー、バンクーバーにスタジオがあります。今はバンクーバーに所属していて、主に自宅からリモートで仕事をしています。子供の頃からILMが手がけた作品をたくさん観ていたので、夢の会社で働けていることに毎日幸せを感じています。

――参加された作品の中で、印象に残るエピソードはありますか?

ILMに入って最初のプロジェクトは『ジュラシック・ワールド/新たなる支配者』でした。完全リモートワークで、当時4歳と3歳だった子供に、仕事姿を見せられる機会が増えました。いつも画面には恐竜が映っていたので、子供たちは僕のことを、恐竜が大好きだと信じ込んでいます。プロジェクトが終わった今でも恐竜の絵を僕のために描いてくれたり、ジュラシック・パークのLEGOを一緒につくり楽しんでいます。

――現在のポジションの面白いところは何でしょうか。

ラフ・アニメーション(ブロッキング)に動きやディテールを足すことで、アニメーションを再生したときに「お、生きてきた。いい感じに動いてる」となる瞬間が一番好きです。

プロジェクト毎に新しいキャラクターやアニメーションスタイルに挑戦できるのも魅力の1つで、毎日楽しく仕事しています。

現在はアニメーション映画、北米版『Ultraman』の制作に関わっています。子供の頃から親しみのある日本のキャラクターのウルトラマンに、カナダに居ながら関わることができて、とても嬉しいです。

――英会話のスキルは、どのように習得されましたか?

友達から勧められたシットコム(シチュエーション・コメディ)ドラマ、『フレンズ』を何度も観ました。生活で使える表現や、英語での笑いの取り方、北米の文化などが学べるのでお勧めです。途中からはドラマの内容が気になりすぎて、勉強というより普通に楽しんで観ていました。

今だと少し古くなってしまうので、何か別のシットコムを見つけるのが良いかもしれませんね。あと、格安英会話のレッスンを毎日1時間ぐらい続けてました。話すことへの慣れと自分の考えを英語で言葉に変えるトレーニングになりました。

海外に来るとやらなければならない事務手続きや、ちょっとしたトラブルなども多くあります。本当に分からないこと以外は、できるだけ自分で解決するようにしていました。お陰でサバイバル能力が上がって、英語を喋ることに自信がつきました。

――将来、海外で働きたい人へのアドバイスをお願いします。

「デモリールをとにかく出す!」

あなたのレベルを決めるのは、採用する会社です。自分で無理だと決めつけず、まずはデモリールを出してください。もし返事が無ければ「返事をもらえない無いレベル」という訳ですが、採用する担当者も人間です。次にデモリールを更新したときに「成長が見える」と気に留めてくれるかもしれませんし、少なくとも会社に入りたいという情熱を感じると思います。

そして、「人にはナイスに!」

アニメーターは、チームワークの仕事です。人にナイスにすることで、みんなが気持ちよく仕事できると思います。また一緒に仕事したいと思う人になりましょう。

ILM Vancouverにて。リモートワークなので、まだ1度しか出勤したことがないそう

【ビザ取得のキーワード】

①大学卒業後、デジタルハリウッド大阪校で3DCGを学ぶ
②東京でCGデザイナーとして経験を積む
③4年後、ワーキング・ホリデー制度を利用してカナダのトロントへ
④就労ビザを何度か更新し、カナダ永住権を取得

あなたの海外就業体験を聞かせてください。インタビュー希望者募集中!

連載「新・海外で働く日本人アーティスト」では、海外で活躍中のクリエイター、エンジニアの方々の海外就職体験談を募集中です。

ご自身のキャリア、学生時代、そして現在のお仕事を確立されるまでの就職体験について。お話をしてみたい方は、CGWORLD編集部までご連絡ください(下記のアドレス宛にメールまたはCGWORLD.jpのSNS宛にご連絡ください)。たくさんのご応募をお待ちしてます!(CGWORLD編集部)
e-mail:[email protected]
Twitter:@CGWjp
Facebook:@cgworldjp

TEXT_鍋 潤太郎 / Juntaro Nabe
ハリウッドを拠点とするVFX専門の映像ジャーナリスト。著書に『海外で働く日本人クリエイター』(ボーンデジタル刊)、『ハリウッドVFX業界就職の手引き』などがある。
公式ブログ「鍋潤太郎☆映像トピックス」
EDIT_山田桃子 / Momoko Yamada



著者: ” — cgworld.jp

続きを読む

東京求人ニュース

タイ野菜 丹精込め育て、茨城県外の「ファン」に販売 坂東の外国人夫妻、日本で農業:東京新聞 TOKYO Web

Reo Kobayashi

-

日付:

投稿者:

トウガラシの房を摘むサタポンさん(左)さんとシーサアットさん

 希少なタイ野菜を栽培し、茨城県外で販売する東南アジア出身の夫妻が坂東市にいる。タイ出身の夫サタポン・スカノンチャナパさん(66)と、ラオス出身で元難民の妻シーサアット・センインティサックさん(65)だ。「サタポン農園」の経営者として、昼は農作業、夜は農作物の配達と、大車輪の活躍を続けている。(出来田敬司)

 住宅が点在する利根川のそばの畑地。見慣れない農作物が目の前に広がる。緑色の実を付けたパパイアの枝をサタポンさんが素手で振り払えば、シーサアットさんは赤や緑に色づいたトウガラシの房を手際良くもいでいく。畑の規模に圧倒されるが、広さを問うと「んー、分からない」とほほ笑みつつ首をかしげた。

 来日の経緯は対照的だ。妻のシーサアットさんは内戦中のラオスに生まれた。当時は米国寄りの政府と共産主義勢力が激しい紛争を繰り広げており、タイの難民キャンプを経て、一九八五年に日本に逃れた。

 一方、サタポンさんは九二年に来日し、建設や土木の仕事に従事。それぞれ茨城に移った二人は親類を介して知り合い、二〇〇五年ごろ結婚した。

 農業を始めたのは一〇年のこと。当時二人で経営していたタイ料理店の食材を確保しようとしたのがきっかけだ。二人とも農業経験はゼロ。丹精した実や葉は、病虫害に侵されることもあったが、農薬の販売店に対処法を教わるなどして解決した。経験を積み重ね、現在はパパイアやトウガラシのほか、パクチー、ホーリーバジル、レモングラス、インゲンなど全十五種類を育てている。

配送用のワンボックス車に収穫した野菜を積み込むサタポンさん=いずれも坂東市で

 収穫した野菜は、仕入れた缶詰や冷凍食品とともにワンボックス車に積み込んで売り歩く。行き先は東京都や埼玉、千葉県など。都内の場合は赤羽や板橋、池袋や新大久保で一日で約百キロを回る。得意先はタイ料理店などのほか、中国人やフィリピン人の一般家庭。坂東の自宅に帰るのは午前二時ごろというハードスケジュールだ。

 この営業スタイルを確立するまでには曲折もあった。サタポンさんが飛び込み営業を苦にしない一方で、シーサアットさんは「初めての人に頭を下げるのが苦手だった」と打ち明ける。二人の人当たりの良さに加え、空前のパクチーブームにも乗っかり、次第にファンを獲得していった。

 サタポンさんは、年齢とともに、足や腰に痛みを感じるようにもなったという。「でもね、自分たちの野菜を楽しみにしてくれている人がたくさんいる。もうちょっと仕事を続けたいな」。自慢の野菜を手に取り、自らを奮い立たせた。



著者: ” — www.tokyo-np.co.jp

続きを読む
日本の働き方1時間 前に投稿,

日本人の平均年収、最新データは前年比2.4%増「443万円」 コロナ禍前に戻ってきたが…正社員と正社員以外の「格差」まだ心配(鷲尾香一): J-CAST 会社ウォッチ【全文表示】

東京求人ニュース5時間 前に投稿,

<働くシニアの生き生き相談室>介護視野に人生設計 対策は:東京新聞 TOKYO Web

日本の働き方7時間 前に投稿,

ServiceNow Japanが最新プラットフォーム「Tokyo」リリースを発表、「ヒューマンセントリックなエクスペリエンスを日本企業に届けていく」 – クラウド Watch

東京求人ニュース11時間 前に投稿,

スイスの映像作家が描く、伝統とモダンが入り混じる「Tokyo」のイメージとは? 2022年ショートショート フィルムフェスティバル & アジア 「Cinematic Tokyo」部門優秀賞受賞作の裏側

日本の働き方13時間 前に投稿,

OFFICE PASS、東急「TsugiTsugi」と業務提携|日本経済新聞社のプレスリリース

東京求人ニュース17時間 前に投稿,

フリスク クリーンブレス「60分息キレイ。」※にリニューアル お仕事中、食後のひととき、ドライブデート…日常の様々なシーンで新木優子さんがフリスクで60分息キレイ※に!|クラシエフーズのプレスリリース

日本の働き方19時間 前に投稿,

働き方を変えるDXを実現したユーザーを表彰する「Sansan Innovation Award 2022」の受賞企業を発表|Sansan株式会社のプレスリリース

仕事のニュース23時間 前に投稿,

障害者特化型の仕事受発注プラットフォーム「NEXT HERO」運営の「ヴァルトジャパン」が4.4億円調達 | 起業・創業・資金調達の創業手帳

東京求人ニュース23時間 前に投稿,

新・海外で働く日本人アーティスト 「キャラクターに生命を吹き込むこと、それがアニメーターの醍醐味」第76回:藤原淳雄(ILM Vancouver / Senior Animator)

日本の働き方1日 前に投稿,

ローソンがアバター接客を試験導入 多様な働き方の実現をめざす _小売・物流業界 ニュースサイト【ダイヤモンド・チェーンストアオンライン】

日本の働き方2年 前に投稿,

新しい働き方の文化をつくる「Marunouchi Work Culture Lab(丸の内ワークカルチャーラボ)」立ち上げ|株式会社イトーキのプレスリリース

東京求人ニュース2年 前に投稿,

トヨタのWoven City構想、自動運転レベル3解禁…2020年上半期、業界10大ニュースは? | 自動運転ラボ

東京求人ニュース3年 前に投稿,

Kaizen Platform、パーソルキャリアが提供する業界初の動画求人広告サービス「dodaプライム」を共同開発|株式会社Kaizen Platformのプレスリリース

日本の働き方2年 前に投稿,

テレワークが「働く時間の概念」を変える――ひろゆき流「幸せな引きこもり」になる秘訣【前編】 | GetNavi web ゲットナビ

日本の働き方2年 前に投稿,

業界最大規模の ZOOMオンラインイベント 「 Tokyo StartUp Conference2020」 を開催|STARSのプレスリリース

東京求人ニュース2年 前に投稿,

プロフェッショナルが集まるメズム東京、オートグラフ コレクション、上司はどんなひと?① | ホテル・レストラン・ウエディング業界ニュース | 週刊ホテルレストラン HOTERESONLINE

東京求人ニュース2年 前に投稿,

2021年の祝・休日一覧 : 東京五輪開催で夏の祝日が移動 |

東京求人ニュース3年 前に投稿,

デザインとアートのコンペティション「TOKYO MIDTOWN AWARD」13回目の開催が決定。デザインコンペのテーマは「DIVERSITY」 | デザイン情報サイト[JDN]

日本の働き方12か月 前に投稿,

日本企業で初めて、Amazon Chime SDKパートナーへ|株式会社フレクトのプレスリリース

日本の働き方3年 前に投稿,

出社はオフ会に?「アフターコロナ」の日本で、働き方や人事はこう変わる |

求人情報を探す方法2週間 前に投稿,

老後・定年後の仕事を探している60歳、65歳、70歳以上の中高年の方におすすめ!「株式会社コミュニティセンター」ならマンション管理人代行、女性に人気のコンシェルジュなど定年のないシニア求人が豊富です。

求人情報を探す方法2週間 前に投稿,

【薬剤師・薬学生】転職エージェントを使いたくない人のための「求人の探し方」

求人情報を探す方法2週間 前に投稿,

ハローワークで在宅ワークの仕事を探すコツ・注意点を紹介

求人情報を探す方法2週間 前に投稿,

【エンジニア副業】月20万稼げる副業紹介とその探し方

求人情報を探す方法2週間 前に投稿,

2022 09 12 後編 お仕事の探し方

求人情報を探す方法2週間 前に投稿,

高額求人情報ってどうなの?

求人情報を探す方法3週間 前に投稿,

【徹底解説】カナダで仕事探しする方へのTips(カナダワーホリ、Coop留学)

求人情報を探す方法3週間 前に投稿,

エンジニア・プログラマー転職にベストな求人媒体は間違いなくコレです【現役IT人事が語る】

求人情報を探す方法3週間 前に投稿,

クラウドソーシングでどんどん仕事を受注できるようになる方法【副業初心者で月10万円】

求人情報を探す方法3週間 前に投稿,

【断言】この選び方で転職エージェント失敗しません

人気