Connect with us

東京求人ニュース

Kaizen Platform、パーソルキャリアが提供する業界初の動画求人広告サービス「dodaプライム」を共同開発|株式会社Kaizen Platformのプレスリリース

Reo Kobayashi

-

日付:

  • テキストと画像からの脱却、動画を活用した新しい求人広告のあり方

求人広告は、インターネットの普及に伴い急激にオンライン化を遂げつつも、テキストと画像を中心としたビジネスモデルが主流でした。一方で、日本でも試験的に運用が開始された5Gの到来を前に、ECやエンターテイメントをはじめ、あらゆる領域でサービスやコンテンツの進化が加速しており、求人広告においても進化が求められる時代だと言えます。

こうした時代の変化を受け、「doda」では、転職希望者、求人企業双方にとって、より快適でスムーズな転職活動の支援ができる広告のあり方を模索してきました。その中で、視認性の向上や、短時間での情報収集を可能にするなど、求人広告においても動画を活用することで、転職活動の快適さに大きな付加価値を提供することができると考え、本サービスの開発に至りました。

「Kaizen Ad」と「doda」双方のノウハウを組み合わせた本サービスを通じて、転職希望者の転職サイト閲覧がより快適になることも実証されており、これからの時代の新しい求人広告のあり方の一つになると確信しています。今後も、テクノロジーの進化に合わせたより良い求人広告の提供を目指し、取り組みを強化してまいります。

 

  • 実証実験では、求人閲覧率・応募率はともに約130%に増加

実証実験として、「doda」に広告掲載のある企業114社を対象に、本サービスを利用した動画求人広告を掲載した場合と、既存の求人広告のみを掲載した場合を比較する効果測定を行いました。

動画求人広告を掲載した場合、既存の求人広告掲載のみの場合と比較して、平均で、求人一覧ページから求人詳細ページへの遷移率は133%に、詳細ページから応募の遷移率は130%に増加する結果となりました。

 

  • 業界初!求人原稿を最短5営業日で動画化し、スピーディーに効果的な求人が可能に

「dodaプライム」は、「doda」にて作成した求人広告の素材を元に、「Kaizen Ad」が動画化、「doda」内で動画求人広告を掲載するサービスです。YouTubeやFacebook、Instagramなど様々なプラットフォームにおいて国内でも限られた認定クリエイティブパートナーであり、豊富な実績を持つ「Kaizen Ad」を活用することで、視認性を向上させ、転職希望者の興味関心を最大化させる動画求人広告をスピーディーに提供します。既存の広告素材を活かすこともでき、最短5営業日で動画求人広告の提供が可能です。今回、「dodaプライム」を期間限定で販売いたします。この機に、5G時代に向けた新しい求人広告を体験ください。

【販売期間】2019年12月2日(月)~2020年3月23日(月) 

【掲載日】2020年1月13日(月)~3月30日(月) ※サービスの提供はこの期間の掲載広告に限ります

【販売に関するお問い合わせ先】お問い合わせフォーム: https://www.saiyo-doda.jp/lp/tm/008/

               お電話:0120-339-494(「doda」掲載問い合わせ窓口)

<サービス紹介動画> URL:https://youtu.be/cJY_1RkxgmY

 

■ 「doda」について< https://doda.jp

「doda」は、「はたらく今日が、いい日に。」をスローガンに、転職サイトや転職エージェント、日本最大級のdoda転職フェアなど、各種コンテンツで転職希望者と求人企業の最適なマッチングを提供しています。

■ 5G時代の新しい動画クリエイティブプラットフォーム「Kaizen Ad」とは

「Kaizen Ad」は、豊富なクリエイティブ制作実績を持ち、データに基いて動画広告のパフォーマンスを改善するソリューションです。独自のクリエイティブプラットフォームとクリエイターのネットワークにより、低コスト・短納期でクオリティーの高い動画広告のクリエイティブが制作可能です。また、折込チラシや記事、LPなど、マーケティングコンテンツの動画化にも対応しており、5G時代に合わせた最適な動画マーケティングを支援します。

<お客様 お問合せ先>

https://ja.kaizen-ad.com/index.html#contact_us

■ パーソルキャリア株式会社について< https://www.persol-career.co.jp/

パーソルキャリア株式会社は、パーソルグループの「リクルーティングセグメント」中核会社として、-人々に「はたらく」を自分のものにする力を-をミッションとし、転職サービス「doda」やハイクラス人材のキャリア戦略プラットフォーム「iX」をはじめとした人材紹介、求人広告、新卒採用支援等のサービスを提供しています。2017年7月より、株式会社インテリジェンスからパーソルキャリア株式会社へ社名変更。グループの総力をあげて、これまで以上に個人の「はたらく」にフォーカスした社会価値の創出に努め、社会課題に正面から向き合い、すべての「はたらく」が笑顔につながる社会の実現を目指します。

■ 株式会社Kaizen Platformについて

会社名        : 株式会社Kaizen Platform

設立         : 2017年4月 (2013年8月創業の米国法人Kaizen Platform,Inc. から事業譲渡)

代表者        : 代表取締役 須藤憲司

URL         : https://kaizenplatform.com/ja/

所在地        : 〒108-0072 東京都港区白金1-27-6 白金高輪ステーションビル 10F

事業内容 

デジタルを活用し、企業の事業に合わせて最適なデジタルトランスフォーメーション(DX)を支援するためのクラウドプラットフォームサービス「Kaizen Platform」と、動画クリエイティブをデータドリブンに分析しスピーディーに改善する、5G時代の新しい動画クリエイティブサービス「Kaizen Ad」を開発・提供しています。

著者: ” — prtimes.jp

続きを読む

東京求人ニュース

介護福祉士・モデルの上条百里奈さん「高齢者になるのも悪くない、と思ってほしい」 (1/3) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

Reo Kobayashi

-

日付:

投稿者:


かみじょう・ゆりな/1989年生まれ。介護福祉士・モデル。白梅学園大学非常勤講師。東京大学政策ビジョン研究センター研究協力者(撮影/写真部・小黒冴夏)

かみじょう・ゆりな/1989年生まれ。介護福祉士・モデル。白梅学園大学非常勤講師。東京大学政策ビジョン研究センター研究協力者(撮影/写真部・小黒冴夏)


(撮影/写真部・小黒冴夏)

(撮影/写真部・小黒冴夏)

 高齢化にともない、介護を求める高齢者とその家族は増えています。その一方で、供給側である介護職の高齢化も進み、訪問介護では平均年齢が55.5歳という調査もあります(全国労働組合総連合『介護労働実態調査 報告書』)。そのようななか、インスタグラムなどを利用して若い世代に向けて介護職の魅力を発信する介護福祉士の上条百里奈さん。

【写真】介護福祉士でモデルの上条さんの別カットはこちら
 
 介護施設で働きつつ、モデル活動も行っています。伝えたいのは、意外にも「介護職を増やしたい」ということではないそうです。

*  *  *
 私は介護福祉士として、小規模多機能型居宅介護事業所と特別養護老人ホームで合わせて週3日働きながら、週1日のペースでモデルの仕事もしています。また東京大学の政策ビジョン研究センターで、介護の労働環境、とくに労働者の健康について研究をしています。

 介護に触れたきっかけは中学時代の職場体験です。もともと医療関係の仕事に就きたいと思っていました。医療を希望しましたが、介護も医療と近い世界なので、施設での介護体験を選びました。

 介護の現場はとても居心地のいいものでした。介護を受けている高齢者の方は人を条件付きで判断せず、私がただ存在していることがうれしいのだと伝えてくれるからです。ただそばにいるだけで「偉いね」「疲れたでしょ、お茶飲んでね」と自然と仲間に入れてもらえる。役に立ったという感覚がないのに感謝さえしてくれるのです。初めて家族以外に、自分の存在そのものを認めてもらえた気がしました。

 あるおばあちゃんの食事介助をしたときのことです。施設の職員の方からは「これが最後の晩餐(ばんさん)かもしれないんだよ」と言われました。「この方たちは皆さんご高齢なので、明日死んでもおかしくない。だから大事に」と。その責任の重さに動揺してしまいました。自分のような子どもの勉強のためにやらせてもらっていい仕事なのだろうかと。

 実際にやってみると、口に食べ物を持っていくタイミングがおばあちゃんとまったく合わないんです。結局、食べ物の半分以上を床に落としてしまいました。しかし、おばあちゃんは満面の笑みで「おいしかったよ、ありがとうね」と言ってくれました。その対応がとてもかっこよく見えて、「大人ってこういう人のことなのか」と思ったのを覚えています。





著者: ” — dot.asahi.com

続きを読む

東京求人ニュース

テレワークがはかどる、心地いい居場所がたくさんある家 | 朝日新聞デジタル&w(アンド・ダブリュー)

Reo Kobayashi

-

日付:

投稿者:

Uさんご夫婦(夫30代 妻30代)
東京都世田谷区/85.76平米/総工費約1740万円

    ◇

在宅で仕事をすることが多いというUさんご夫婦。リノベーションの希望は、明るく広々とした部屋で、暮らしながら気持ちよく仕事をすることでした。

元々は3LDKと細かく仕切られたマンションでしたが、広々とした1LDKに。寝室だけは個室にしたのですが、あえて仕切りはガラスに。圧迫感はないので、体感としては広いワンルームです。

テレワークがはかどる、心地いい居場所がたくさんある家

明るく広々とした空間を実現できたもう一つのポイントは、元々家中にあった五つのトップライトを活用したことです。上から入る光を考慮して、いろいろな居場所を作りました。大きめのダイニングテーブル、リビングの窓辺のカウンター、リビングのソファ、玄関の土間に設置したハンモック、寝室のガラスの仕切りの下部に造作したベンチなど、どこでもくつろぐことができるし、仕事をすることもできます。ここは〇〇をする場所と決めずに、どこで何をしてもいいのです。

テレワークがはかどる、心地いい居場所がたくさんある家

Uさんからも「以前、家で仕事をしていたときは、よくファミリーレストランに行っていました。でも、今はそのときの気分でいろいろな場所に移動できるので、家での仕事がはかどるようになりました。外に出ることがなくなりましたね」とのこと。暮らしと仕事が、ちょうどよくミックスされています。

広々した空間にこだわるUさん宅では、収納はそれほど多くなく、ウォークインクローゼットもありません。ものはできるだけデータ化し、持つべきものは厳選していました。収納スペース分を、居住スペースにすれば広めの空間になります。

収納の造作は数カ所ありますが、リビングの細長いテレビボード、寝室の仕切りの下部のベンチ(中にものがしまえる)と、大量のものをしまう場所というよりも、インテリアの一部として楽しめるスタイルです。一番ユニークなのは、洗面台に造作した小物を収納するアイアンのカゴ。洗面台に穴があいていて、使用後はカゴを洗面台の中に押し込んでしまう仕組みになっています。

テレワークがはかどる、心地いい居場所がたくさんある家

さらに、将来のライフスタイルの変化に伴う、間取りの変更も考えています。例えば、お子さんが生まれて子ども部屋が必要になったときは、仕切って個室を増やすことが可能。ダイニングとして使っているスペースを子ども部屋にし、ダイニングテーブルと椅子はリビングに移動する予定です。ライフスタイルに合わせた可変性のある家だからこそ、今は、目の前の暮らしにあった広々した空間を堪能できます。

暮らしながら仕事をするというライフスタイルは、これから増えてくるはずです。家にいる時間が長くなるので、気持ちいい居場所をたくさん作るという、今回のリノベーションはワーク・ライフ・バランスを考えるときにも参考になる例だと思います。

リノベーションの写真のつづきはこちらへ
写真をクリックすると、各部屋の詳細をご覧いただけます。

Uさんご夫婦に聞く
リノベーションQ&A

1.リノベーションのプロセスで楽しかったことは?

住居の特徴と自分たちのライフスタイルからリノベーションのコンセプトを決め、その後、ブルースタジオさんから間取りや取っ手などの設備を提案されて、だんだんイメージが具体化されていくのが楽しかったです(例えば、仕事用の机、ベンチなど)。

2.プロセスで大変なことはありましたか?

開放感と抜け感が欲しかったので、80平米級でブチ抜ける家を探していましたが、それほど多くなかった。思い通りの家を見つけるのが大変でした。

3.一番気に入っている場所はどこですか?

夫:仕事用机と風呂(土日、日の当たるところで副業をしているのが楽しくなった。その後、お風呂最高です)
妻:リビング(広くて、あたたかく、居心地がいい)

テレワークがはかどる、心地いい居場所がたくさんある家

(構成・文 大橋史子)

リノベーションの写真のつづきはこちらへ
写真をクリックすると、各部屋の詳細をご覧いただけます。

関連記事

  • 素材選びにこだわって、シンプルな家が個性的に

    素材選びにこだわって、シンプルな家が個性的に

  • 仕事と暮らしが同居する、住まいの中のアトリエ

    仕事と暮らしが同居する、住まいの中のアトリエ

  • ここだけ」のリノベでつくる自分たちらしい空間

    「ここだけ」のリノベでつくる自分たちらしい空間

  • >>リノベーション・スタイルのバックナンバーはこちら


    PROFILE

    石井健

    「ブルースタジオ」執行役員
    1969年、福岡県生まれ。「ブルースタジオ」執行役員。日本のリノベーション・シーンの創世期から600件以上を手がけてきた。「カンブリア宮殿」(テレビ東京系)でも「古い物件の家賃を倍にする不動産集団!」として紹介される。「郷さくら美術館」(東京・中目黒)で2012年度グッドデザイン賞受賞。また「賃貸アパート改修さくらアパートメント」(東京・経堂)で2014年度グッドデザイン賞受賞。 著書に『リノベーション物件に住もう』(共同編集/ブルースタジオ)、『MUJI 家について話そう』(部分監修)、『リノベーションでかなえる、自分らしい暮らしとインテリア LIFE in TOKYO』(監修)。
    ブルースタジオへのリノベーションのご相談は、隔月開催のセミナーや、個別相談で承っています。
    http://www.bluestudio.jp/

    著者: ” — www.asahi.com

    続きを読む

    東京求人ニュース

    テクノロジーで人の可能性を解放する、People Tech Studiosを設立。Work Experience領域に注力し、働く最高の1日を発明します。:時事ドットコム

    Reo Kobayashi

    -

    日付:

    投稿者:

    [ピープル・テック・スタジオ合同会社]


    概要

    2020年4月1日付けでテクノロジーで人の可能性を解放する、ピープル・テック・スタジオ合同会社 (以下、People Tech Studios) を創業したことを発表します。今後はWork Experience領域においてエンタープライズソフトウェアの開発・提供支援を行います。また、2020年4月1日付けで事業会社として、社内ナレッジの共有・活用を支援する株式会社ナレッジワーク(以下、Knowledge Work)を創業いたしました。これにともない、麻野耕司がPeople Tech Studiosの代表、Knowledge Workの代表取締役CEOに就任します。

    背景・経緯

    人の中には未だ発揮され切っていない能力や意欲が眠っています。結果として、日本企業の労働生産性は低い水準に止まってしまっています。しかし、テクノロジーを活用すれば、企業で働く人の意欲や能力を今以上に引き出すことが可能になると考えています。

    これまで企業は様々なアプローチで社員のパフォーマンスの最大化を支援してきました。Human Resourse Managementは「企業による社員の管理」を効率化し、Employee Engagementは「企業と社員の関係性」を改善してきました。私たちは、その先にあるWork Experienceの向上というテーマに取り組み、現場で働く社員の業務をテクノロジーで間接的ではなく直接的に変革していくことにより、労働生産性の向上に貢献します。

    今後の展望

    Work Experience領域において、エンタープライズソフトウェアの開発・提供を行います。資料の作成、会議への出席、顧客への訪問、事務的な作業など、朝出社してから夜退社するまでに取り組む様々な業務を支援するソフトウェアを企業に提供していくことにより、「仕事を通じた良質な体験」と「企業における労働生産性の向上」の実現を目指します。

    People Tech Studiosは持株会社として複数の事業会社の立ち上げを行うスタートアップスタジオ形式で事業展開をします。ハリウッドの映画スタジオが同時多発的に名作を生み出し続けているような状態を、ソフトウェア開発の領域で実現します。People Tech Studiosが出資し、設立した事業会社Knowledge Workでは、「ナレッジテクノロジーで人の可能性を解放する」をミッションに、企業内ナレッジの共有・活用を促進し、Work Experienceの変革に挑戦してまいります。

    代表コメント

    「奇しくもコロナウィルスの影響で、世の中の多くの企業、人がこれまでの働き方を大きく見直さなければならないタイミングとPeople Tech Studios、Knowledge Workの創業のタイミングが重なりました。このような状況の中で私たちが創業することになったことで、これからの社会に新しい働き方を私たちが提示していかなければという想いが更に強くなりました。先行きが見えにくい社会において、人が働くことの未来を照らすことを使命と捉え、事業を展開して参りたいと思います。」

    創業メンバー紹介

    麻野 耕司 (Koji Asano)
    People Tech Studios 代表ビジネスプロデューサー
    Knowledge Work 代表取締役CEO

    慶應義塾大学法学部卒業。リンクアンドモチベーション入社。2010年中小ベンチャー企業向け組織人事コンサルティング事業の執行役員に当時最年少で着任。2016年国内初の組織改善クラウド「モチベーションクラウド」を立ち上げ。国内HR Techの牽引役として注目を集める。2018年には日本最大級の社員クチコミサイトを運営するヴォーカーズ(現オープンワーク)に出資し、取締役副社長を兼任。2019年リンクアンドモチベーション取締役退任。
    著書:「THE TEAM」(幻冬舎)、「すべての組織は変えられる」(PHP研究所)
    Twitter:https://twitter.com/asanokoji
    note:https://note.com/kojiasano1103

    川中 真耶 (Shinya Kawanaka)
    People Tech Studios エンジニアリングディレクター
    Knowledge Work 執行役員CTO

    東京大学大学院情報理工学系研究科コンピュータ科学専攻修士課程修了。日本IBM東京基礎研究所では研究者としてXML、ウェブセキュリティ、ウェブアクセシビリティの研究に携わる。Googleではソフトウェアエンジニアとして、Chrome browserの開発や、Chrome browserで用いられている分散コンパイル環境の開発に関わった。VISITS technologiesではCTOとしてエンジニア文化づくりに務めた。ACM国際大学対抗プログラミングコンテスト世界大会出場。
    「王様達のヴァイキング」(週刊ビッグコミックスピリッツ)技術監修。

    徐福 健安 (Takeyasu Jofuku)
    People Tech Studios UXディレクター
    Knowledge Work プロダクトマネジャー・UXデザイナー

    日本有数のデザインカンパニーGoodpatchのUXデザイナーとして2年連続MVPを受賞。代表作はモチベーションクラウド(グッドデザイン・ベスト100受賞)やJINS MEME。その後独立し、モチベーションクラウドシリーズの新サービスをはじめ、BtoBからBtoCまで幅広いプロダクトデザインを手掛けた。

    中山 絵理 (Eri Nakayama)
    People Tech Studios コーポレートアドミニストレーター
    Knowledge Work コーポレートアドミニストレーター

    中央大学法学部卒業。大学時代はアメリカンフットボール部のマネジャーとして、チーム運営を統括した。リンクアンドモチベーションにて、ユーザーコミュニティの運営を担当。その後、リクルートライフスタイル入社。人事部にて、社員研修の企画・運営、組織サーベイの運用などを推進した。

    永見 世央 (Yo Nagami)
    People Tech Studios アドバイザー(社外)

    慶應義塾大学総合政策学部を卒業後、みずほ証券にてM&Aアドバイザリー業務に従事。2006年から2013年まで米カーライル・グループに所属し、バイアウト投資と投資先の経営及び事業運営に関与。その後ディー・エヌ・エーを経て2014年4月にラクスルにCFOとして参画し、同年10月に取締役就任。ペンシルバニア大学ウォートンスクールにてMBA取得。

    採用情報

    事業会社Knowledge Workにて、ソフトウェアエンジニア、プロダクトデザイナーの募集をしております。

    ※ソフトウェアエンジニア採用 
    peopletechstudios.com/recruiting/engineer
    ※プロダクトデザイナー・プロダクトマネジャー採用
    peopletechstudios.com/recruiting/designer

    会社概要

    People Tech Studiosについて

    「テクノロジーで人の可能性を解放する」をミッションとするスタートアップスタジオです。WorkExperience領域でエンタープライズソフトウェアを提供していき、企業で働く人に「働く最高の1日」を提供することをビジョンとして掲げています。

    正式名称 ピープル・テック・スタジオ合同会社
    所在地 東京都港区海岸1-4-22 SNビル8F
    代表者 麻野耕司
    事業内容 企業向けソフトウェアの開発・販売支援
    資本金 5,000,000円
    創業年月日 2020年4月1日
    URL  https://peopletechstudios.com

    Knowledge Workについて

    「ナレッジテクノロジーで人の可能性を解放する」をミッションとするソフトウェア開発・販売会社です。社内のナレッジを作成・共有・活用するためのソフトウェアを通じて、「仕事を通じた良質な体験」と「企業の労働生産性の向上」を実現することをビジョンとしています。

    正式名称 株式会社ナレッジワーク
    所在地 東京都港区海岸1-4-22 SNビル8F
    代表者 麻野耕司
    事業内容 企業向けソフトウェアの開発・販売
    資本金 5,000,000円
    創業年月日 2020年4月1日

    本リリースに関するお問い合わせ
    [email protected] 担当中山

    企業プレスリリース詳細へ
    (2020/04/01-11:05)



    著者: ” — www.jiji.com

    続きを読む

    東京求人ニュース

    ハレクラニ沖縄レポート5その2 | ホテル・レストラン・ウエディング業界ニュース | 週刊ホテルレストラン HOTERESONLINE

    Reo Kobayashi

    -

    日付:

    投稿者:


    「大好きな仲間がいる」

    ハレクラニ沖縄の理想的な環境

     

    ハレクラニ沖縄レポート5その2

     

     

    全国各地からスタッフが集まり、そしてそのスタッフたちがイキイキと働くハレクラニ沖縄。

    これまでオーナーや総支配人、部門長のインタビューを通じてその秘密を探ってきた。レポート4からは現場で働く人たちにハレクラニ沖縄を選んだ理由や、魅力、モチベーションなどについて話を聞いている。今回は宿泊部のゲストサービスのお二人。ゲストサービスは、駐車場入口のゲート、ドアマン、バレーサービス、ベルなどその業務が多岐に渡るが、ホテルで最初にお客さまをおもてなしするとても重要な部署。複数のラグジュアリーホテルの勤務を経て現在ゲストサービスマネージャーとして活躍する永広 健太(えひろ けんた)さん、東京の異業種から中途入社した内藤 寧々(ないとう ねね)さんに話を聞いた。

     

    宿泊部

    ゲストサービス

    マネージャー

    永広 健太さん

     

    ゲストサービス

    内藤 寧々さん

     

     

    「大好きな仲間がいる」

    「やりがいや充実感を感じられる環境がある」

     

    新卒でザ・リッツ・カールトン大阪に入社し10年。その後、ザ・リッツ・カールトン沖縄で3年間働いた後、ハレクラニ沖縄に開業でメンバーとして入社したゲストサービスマネージャーの永広さん。

     

    インタビュー中に、

    「新しいことにも挑戦できる、とてもやりがいのある環境ですよ」

     

    という言葉が飛び出してきた。

     

    興味を持って聞いてみると納得させられる。開業当初に掲げた「世界を代表するラグジュアリーリゾートを創造する」という目標を、ホテル全体で徹底して共有しており、そのために必要な取り組みをみんなで考える。そして、出てきたアイデアで良いと思えるものであれば、即取り入れる。

     

    理想的な話だが、どこのホテルでもそれが実現できているかというとなかなか難しい。

    なぜならば、そうした明確な目標を持ち、そこに徹底して向かっている組織が少ないからだ。そのような組織では、良いアイデアも現場責任者の “面倒くさい” や、現場スタッフの “どうせ何も変わらない” という意識で潰されていく。そのうちに、日々の仕事が機械的になり、最初はイキイキと目を輝かせて接客をしていたスタッフも、「ゲストのためにより良いことを」という意識が失われていく。

     


    異業種からやってきた内藤さんも、今はやりがいを感じながら働くことができているという。

     

    内藤さんはホテルの専門学校を卒業したが、縁あって最初に就職した企業は、東京・銀座の百貨店などに店舗を置く化粧品会社だった。入社後、銀座店に配属され販売員として勤務。

    販売員にはどうしても “ノルマ” という言葉がつきまとう。来店されたゲストへの商品説明などをしていながらも、嫌でも数字が頭をよぎる。

     

    「自分がやりたい接客は本当にこれなのだろうか?」

     

    と、心のどこかに疑問を持つ中、自然と足が向いたのは母校のホテル専門学校。そこで出会ったのが、ハレクラニ沖縄だった。

     

    「心のどこかで、お客様の思い出に残る接客がしたいと思っていたのです」

     

    と話す内藤さんは、勇気を持って転職を決意。ハレクラニ沖縄の開業メンバーとして入社することになった。

     

    しかし、きっと不安もあったに違いない。ホテルの専門学校を卒業していても、実際に働くのは初めて。東京を離れ、一人でこれまで縁のなかった沖縄という地への転職。イメージとのギャップが少なからずあるのではないか? しかし、それはいらぬ心配であったようだ。

     

    「自分がお出迎えしたお客さまに、『ありがとう』と言っていただけることがとても嬉しいです。ハレクラニ沖縄にお越しになるお客さまに、感動していただけるような仕事をこれからも続けていきます!」

     

    と元気よく話す彼女の笑顔がそれを物語っている。そして、彼女から素敵な言葉が飛び出してきた。

     

    「東京では満員電車に乗って人に飲み込まれてしまうような日々でしたが、今は毎日素晴らしい景色を見ながら、大好きな仲間がいる職場に行くことができるのです」

     

    “大好きな仲間がいる” と素直に言えてしまうチーム。これはまさに宿泊部長の勝木さんが目指しているものだ。


    高い目標があるから、皆で真剣に考える。

    それが、良い組織文化を生み出した。

     

    ハレクラニ沖縄が掲げる「世界を代表するラグジュアリーリゾートを創造する」という壮大な目標。当然、そのハードルは低いものではない。

     

    そこに、どのようにして向かっていくのか?

    そこで、冒頭の永広さんの言葉が重要になってくる。

     

    「新しいことにも挑戦できる、とてもやりがいのある環境ですよ」

     

    これは、逆を言えば改善すべきことはすぐに改善し、良いものは積極的に取り入れ、ハレクラニ沖縄にお越しになるゲストの滞在経験の質を、徹底して上げていかねばならないというホテルの考えの表れなのだ。

     

    「とにかくまずやってみて、それでダメなら改善すればいいのです」

     

    永広さんと同じことを、宿泊部長の勝木さんも言っていた。マネージャーたちが後押ししてくれる。だからこそスタッフも、チャレンジできる。チャレンジすることを止めてしまえば、ホテルとしての成長はないからだ。

    そして、それを最初のレポートでも紹介したように、マネジメントだけでなくオーナーも支援を惜しまないから、逆を言えば “言い訳” ができない。それが、マネジメント陣にとっては良い意味でのプレッシャーとなり、現場スタッフにとっては「最善を尽くそう、もっとできることを見つけよう」というモチベーションになっている。もちろん、ゲストの笑顔と、「今回もありがとう。また来るね」という言葉が最高のモチベーションであるわけだが。

     

     

    ホテルの経験は重要ではない。

    目の前のお客さまに向き合える気持ちがあるかどうか。

     

    驚くべきことに、このゲストサービスチーム40名のうち、ホテル経験者は永広さんとアシスタントゲストサービスマネージャーを除けば何と3名。

     

    前職ではバスガイドやお笑い芸人といった、ユニークで幅広い職種から転職してきたチームが、ハレクラニ沖縄の高い評価を支えているのだ。そして、それを実現しているのがハレクラニ沖縄の組織文化であり、それを生み出したのがオーナー、ホテル一体となって徹底して目標に向かっていくという姿勢なのだ。

     

     

    「オハナ」として相互を大切にしながら、

    高い目標に一丸となって進んでいく組織がある。

     

    私たちは仕事として日本全国、ときに世界各地を訪れさまざまなホテルを見る機会があるが、ハレクラニ沖縄はその中でも特殊なホテルだ。

     

    ・オーナーとホテルが一体となって同じ目標を共有できている

     

    ・ホテルのマネジメントだけでなく、新入社員もホテルとして目指す目標を堂々と語り、自分の力で何ができるかを考えている

     

    ・その目標を、形式的なものにしないようにするために日々、改善を積み重ねている

     

    こんなことを書くと、「ハレクラニだからできることだ」、「三井不動産だからできることだ」という言葉が聞こえてきそうだ。

     

    そう、まさにその通り。ここまでさまざまなものが揃ったホテルというのは、稀(まれ)とも言えるかもしれない。それだけ、オーナー、ホテルともに真剣なのだ。

     

    「あなたは “いい人” ですか?」

     

    この、面接で真っ先に聞く言葉を初めて聞いた時、私は笑ってしまった。

    しかし、今ではこの質問こそがハレクラニ沖縄というホテル、そしてそれを支える組織文化を創り上げるのに究極の質問であることがよく分かる。

     

     

    あなたは “いい人” ですか?

     

     

    非常に稀な環境のホテルで働くことができるチャンス。

    ハレクラニ沖縄はさらなる高いゲストの滞在経験を目指し、当初の人員計画からの二度目の増員を行ない、現在新しい仲間を探している。そこに挑戦できるチケットが、あなたの手にもあるかもしれない。

     

     

    ___________________________________

    本レポートは全5回です。

    レポート1沖縄にやってきた世界屈指のリゾート 「天国にふさわしい館」が沖縄へ

    レポート2なぜハレクラニのスタッフはイキイキとしているのか? 沖縄だけでなく全国から人が集まる理由とは?

    レポート3その1こんなに楽しく働くことができるホテルは他にはない。「日本一ハッピーなホテル」だと自信を持って言える。

          その2目指すは世界を代表するラグジュアリーリゾート。 若いスタッフが大きく成長できる環境がここにある。

         その3チーム・チーム・チーム!

    レポート4その1 楽しく調理しないと、おいしい料理は絶対にできない。 ハレクラニ沖縄カリナリーチームの人を育てる環境づくり

         その2 「顔がやさしくなったね」 心に余裕ができ、やさしくなれる。 そんな環境がここにある。

    レポート5その1 東京から沖縄へ移住! わくわくする魅力的な場所で自ら率先して動くことができるホテリエに 

         その2 「大好きな仲間がいる」ハレクラニ沖縄の理想的な環境(今回)

    著者: ” — hoteresonline.com

    続きを読む

    東京求人ニュース

    ハレクラニ沖縄レポート5その1 | ホテル・レストラン・ウエディング業界ニュース | 週刊ホテルレストラン HOTERESONLINE

    Reo Kobayashi

    -

    日付:

    投稿者:


    東京から沖縄へ移住!

    わくわくする魅力的な場所で自ら率先して動くことができるホテリエに

     

    ハレクラニ沖縄レポート5その1

     

    全国各地からスタッフが集まり、そしてそのスタッフたちがイキイキと働くハレクラニ沖縄。これまでオーナーや総支配人、部門長のインタビューを通じてその秘密を探ってきた。レポート4からは現場で働く人たちにハレクラニ沖縄を選んだ理由や、魅力、モチベーションなどについて話を聞いている。今回は料飲部House Without A Keyアシスタントマネージャーの大石 勇気さん、同じくHouse Without A Keyに配属された新卒の望月 みちるさん。二人とも今回のプロジェクトを機に関東から沖縄に移住してきた。

     

    料飲部 House Without A Key

    アシスタントマネージャー

    大石 勇気 さん

    料飲部 House Without A Key 

    望月 みちる さん

     

    新しい場所でそれぞれの新しい挑戦

     

    オールデイダイニングの「House Without A Key(ハウス ウィズアウト ア キー)」でアシスタントマネージャーを務める大石さんは、東京や横浜の外資系ホテルで13年間勤務してきた経験を持つ。ハレクラニ沖縄に来る前から沖縄の海が大好きで毎年沖縄に来ていた大石さんは、恩納村を散策中に建設途中のハレクラニ沖縄を偶然発見。ハレクラニというブランドにも惹かれ、チャレンジを決めたという。

     

    大石さんはハレクラニ沖縄に来て驚いたことがあった。これまでの職場ではトップダウンが多かったが、ハレクラニ沖縄では組織がフラットで、若手でも多くのことにチャレンジさせてくれるという。自分の意思を伝え、発言していきながら、みんなにとっての“いい環境”をつくっていくことにワクワクしている。


    料飲部 House Without A Key アシスタントマネージャー 大石 勇気 さん
    料飲部 House Without A Key アシスタントマネージャー 大石 勇気 さん

    一方、望月さんは大学の観光学部を卒業し、ハレクラニ沖縄に新卒として入社した。学生時代からホテルで働きたいと考えていた望月さんは、全てをゼロからつくり上げていくことのできる新規開業、しかも日本にこれまでなかったハレクラニというブランドに魅力を感じ入社を決意した。

    働くことが楽しい

    それは当たり前ではない。

     

    前職で朝食番の時は、前日の夕方から翌日の昼までの勤務があったという大石さん。体力的にも精神的にも辛かったことは容易に理解できる。体調を崩すこともあったそうだが、今はそんな心配はないという。日々の残業など細かい労働環境のチェックが行われているからだ。ハレクラニ沖縄は、企業としてスタッフを守ることを大切にしているのだ。

     

    また、これまで仕事をしていたシティホテルでは、圧倒的にビジネス利用が多かったことから、ゲストとしっかりとしたコミュニケーションをとることは殆どなかった。

     

    しかし、リゾートは真逆だ。

     

    ゆったりとした空気の中で、リラックスしたゲストとゆっくりと会話ができる。そういう中で、ファンとなってくれるゲストも出てくる。自身がゲストの名前をきちんと覚えられるだけではない。「大石さん」とゲストが名前を呼んでくれる。そうしたゲストが、また会いに来てくれる。

     

    「接客業ってこんなに楽しいのだ!と、あらためて毎日ワクワクしています」

     

    これこそ、リゾートホテルのやりがいだ。


    料飲部 House Without A Key  望月 みちる さん
    料飲部 House Without A Key 望月 みちる さん

    “いいゲスト”が“いいホテル”を育てる 

     

    ハレクラニ沖縄には、ハワイのハレクラニの顧客もやってくる。当然、比べられたら至らないことも多い。しかし、それを温かい目で見守る顧客が多くいる。「ここはよかった」、「ここは改善したほうがいい」と、ゲストがホテルの成長をサポートしようとする姿勢があるのだ。

     

    “いいホテル、いいレストランはゲストに育てられる” という言葉がある。

     

    超高級なワインをオーダーしたゲストが、わざとそれを少し残す。その目的は、スタッフにそのワインを飲んで勉強してもらうためだ。そこに働くスタッフよりも、ホテル、レストランのことをよく知るゲストが、スタッフに成長をしてほしいと自ら投資をする。最近、そういう話を聞くことがほとんどなかった。しかし、ゲストが積極的にホテルを、スタッフを育てようという姿勢が、ハレクラニ沖縄には残っている。

     

    自由な環境が、ノビノビと働き、

    成長できる場を作り出している

     

    新卒で入社した望月さんは、最初は先輩から言われたことだけをやればいいのだろうと思っていた。しかし、それは違った。

     

    「上司や先輩から指示されるという事はありませんでした。自ら考えて積極的にお客さまとも楽しくお話することができますし、想像していたよりかなり自由だと感じています」

     

    しかし、こう話せるようになる前には大変だった。ホテル慣れしているゲストの質問の意味も理解できず、料理、酒、レストランの知識不足を痛感し、とてもとてもくやしかったという。

     

    だからこそホテルのこと、レストランに関わること、沖縄のことなど多くを必死で学んだ。

    その結果、成長でき、ゲストと自分の言葉で話せるようになった。だからこそ「楽しい」と言える今がある。その裏には、彼女の努力と、その努力を後押してくれるチームがあるのだ。

     

    いいホテルには、いいゲストがいる。

    そのいいゲストが、自ら愛するホテルのスタッフを育てようとし、スタッフも、その期待に応えようと努力をする。

     

    ポジティブなサイクルが、このハレクラニ沖縄にはある。

     

    ___________________________________

    本レポートは全5回です。

    レポート1沖縄にやってきた世界屈指のリゾート 「天国にふさわしい館」が沖縄へ

    レポート2なぜハレクラニのスタッフはイキイキとしているのか? 沖縄だけでなく全国から人が集まる理由とは?

    レポート3その1こんなに楽しく働くことができるホテルは他にはない。「日本一ハッピーなホテル」だと自信を持って言える。

          その2目指すは世界を代表するラグジュアリーリゾート。 若いスタッフが大きく成長できる環境がここにある。

         その3チーム・チーム・チーム!

    レポート4その1 楽しく調理しないと、おいしい料理は絶対にできない。 ハレクラニ沖縄カリナリーチームの人を育てる環境づくり

         その2 「顔がやさしくなったね」 心に余裕ができ、やさしくなれる。 そんな環境がここにある。

    レポート5その1 東京から沖縄へ移住! わくわくする魅力的な場所で自ら率先して動くことができるホテリエに (今回)

         その2 「大好きな仲間がいる」ハレクラニ沖縄の理想的な環境

    著者: ” — www.hoteresonline.com

    続きを読む
    求人を探す4時間 前に投稿,

    【必見】ゲーム業界の求人を探すならココ!eスポーツゲーム開発に転職するには? | esports PLUS

    日本の働き方6時間 前に投稿,

    【労働者意識に関するグローバル調査 ランスタッド・ワークモニター 2019年第4四半期】日本の働き方改革が浸透の兆し?|FNNプライムオンライン

    新生活の準備はOK?6時間 前に投稿,

    【ご報告】かんだま劇場スペシャル番組~20代のうちに伝えたい一つのこと~

    東京求人ニュース6時間 前に投稿,

    介護福祉士・モデルの上条百里奈さん「高齢者になるのも悪くない、と思ってほしい」 (1/3) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

    日本の働き方12時間 前に投稿,

    どうして日本はこんなに働き方改革をしないといけないの? 日本企業に迫られる『働かない技術』とは? | GetNavi web ゲットナビ

    新生活の準備はOK?12時間 前に投稿,

    有名コンサル企業の社長にガチ面接をしてもらった。【外資コンサル面接対策】

    仕事のニュース14時間 前に投稿,

    クルーは普段どんな仕事をしているの? 図解で知るソフトバンクショップ – ITをもっと身近に。ソフトバンクニュース

    日本の働き方18時間 前に投稿,

    コロナ後にとるべき経済戦略とは。想定外の事態に強い「遊び」「冗長性」のある収益モデルに投資せよ |

    新生活の準備はOK?18時間 前に投稿,

    一人暮らし25歳のモーニングルーティン

    日本の働き方24時間 前に投稿,

    働き方改革のネクストテーマは「人への投資」|at Will Work主催「働き方を考えるカンファレンス2020」レポート – 経営企画・マーケティング

    東京求人ニュース6日 前に投稿,

    Kaizen Platform、パーソルキャリアが提供する業界初の動画求人広告サービス「dodaプライム」を共同開発|株式会社Kaizen Platformのプレスリリース

    新生活の準備はOK?1日 前に投稿,

    【GRWM】前田希美。ある日の支度の様子

    東京求人ニュース1週間 前に投稿,

    “今井麻美 Winter LIVE「Flow of time」”東京公演リポート。声優20周年、歌手10周年のメモリアルイヤーを沼倉愛美さんと締めくくり!

    日本の働き方2日 前に投稿,

    NewsPicks Brand Magazine Vol.2が3月31日より販売開始に。これからの「はたらき方・生き方」がテーマ|Uzabase, Inc.のプレスリリース

    東京求人ニュース7日 前に投稿,

    転職サービス「doda」、Kaizen Platformと共同開発 業界初※・動画求人広告 「doda プライム」の販売を開始 ~実証実験では求人閲覧率・応募率ともに130%に増加~

    新生活の準備はOK?3日 前に投稿,

    【GRWM】結婚式のお呼ばれ準備!メイク、ヘア、コーデ紹介!

    仕事のニュース1週間 前に投稿,

    News Up “首都封鎖”になったら 新型コロナウイルス |

    新生活の準備はOK?4日 前に投稿,

    Hyun Bin and Son Ye-jin on work, healing, and what makes them happy | Couch Talk [ENG SUB]

    新生活の準備はOK?3日 前に投稿,

    【GRWM】入学式中止になったけど一緒に準備する?

    新生活の準備はOK?1週間 前に投稿,

    【GRWM】めっちゃ寝起きで支度する〜雑談しながらメイク&ヘアセット〜

    人気