Connect with us

東京求人ニュース

WEB特集 コロナで一変した世界で… 開幕まで半年 オリンピックは | オリンピック・パラリンピック

Reo Kobayashi

-

日付:

コロナで一変した世界で… 開幕まで半年 オリンピックは

東京オリンピック開幕まで半年。史上初めて延期となった大会は、新型コロナウイルスの感染拡大が続く中、ことし夏の開催への賛否で世論が分かれている。大会の主役である選手たちの中には“応援されないかもしれない”と葛藤を抱える人もいる。一方、大会に関わる医療関係者からは、開催を不安視する声も出ている。

現れ始めた影響 代表選手らの不調

1月に行われた卓球の全日本選手権で波乱が起こった。

オリンピック代表に内定している張本智和選手がベスト4を前に姿を消したのだ。

卓球男子日本代表の倉嶋洋介監督は「(張本選手は)コロナ禍で半年以上、実家で自粛生活をしていたので、本来の動きが戻ってきていない」と話す。

オリンピックが半年後に迫る中で直面する代表選手の不調。

柔道では1月、代表内定の原沢久喜選手が1年1か月ぶりとなる国際大会に臨んだが、初戦で一本負けを喫し、右脇腹付近を痛めた。

レスリングでも、去年12月の全日本選手権で樋口黎選手などオリンピック予選を控えた代表選手の敗戦が相次いだ。

感染拡大を受けて水球や、レスリング、ソフトボールなどで予定されていた全体合宿は次々に中止を余儀なくされている。

バドミントンの桃田賢斗選手、空手の喜友名諒選手など、代表選手自身がコロナに感染するケースも後を絶たない。

コロナ禍の中でどうやってトップコンディションを維持していくのか、すべての選手が難しい現状に直面している。

全競技団体にアンケート 浮かび上がった現状

NHKは東京大会で実施される33競技団体すべてにアンケートを行い、部門が分かれる競技を加え、合わせて42の強化担当者などから回答を得た。

◎質問:東京大会に向けた強化計画において最も新型コロナの影響を受けた点は?(複数回答)

・「実戦経験・練習の不足」・・・74%
・「ライバル選手との比較ができない」・・・43%
・「選手のモチベーションの低下」・・・38%
・「内定選手の選考」・・・33%
・「強化に向けた資金面」・・・24%
・「選手のけがや調整の遅れ」・・・14%
・「その他/無回答」・・・26%。

さらに、2020年1月、すなわち本来、オリンピックが開催されるはずだった2020年7月の半年前の時点と比べた選手の調整状況を聞いた。

◎質問:去年1月時点と比較しての選手の調整状況(重複回答あり)
・「進んでいる(状態がいい)」・・・29%
・「遅れている(状態が悪い)」・・・45%
・「変わらない」・・・36%
・「その他/無回答」・・・5%

「調整が遅れている」という回答が45%。

実戦経験不足や練習環境の変化など多くの競技が難しい調整を強いられている現状が鮮明となった。

開催賛否に揺れる世論 選手や競技への影響は

選手たちが直面している厳しい現状は技術面だけにとどまらない。

感染拡大によって大きく揺れ動く、この夏の大会開催への賛否という世論だ。

アンケートではこうした声が選手たちに少なからず影響を与えていることも浮き彫りになった。

◎質問:開催に世論の賛否が分かれていることが選手や競技に影響を及ぼしているか?

▼「わからない/無回答」・・・55%
▼「影響がある」・・・26%
▼「影響がない」・・・19%

「影響がある」の具体的な理由では「開催可否が不透明で選手に不安を与えている」という声が最も多く、「オリンピックに期待されていないと感じる」「五輪を目指すことで人目が気になる」といった受け止めもあった。

選手の心も揺れる

“逆風”を受ける現状に、複雑な思いを率直に語るのが陸上女子10000メートルで代表に内定している新谷仁美選手(32)だ。

新谷仁美選手
「アスリートとしては(ことし大会を)やりたい。人としてはやりたくないです。アスリートとしては賛成だけど、一国民としては反対という気持ちです。命というものは正直、オリンピックよりも大事なものだと思います」

新谷選手は「走るのは仕事」と常々語る高い“プロ意識”の持ち主で、応援してくれる国民がいてこそ競技が続けられると考えているから、国民の不安がある中での開催については慎重な姿勢を貫いている。

だからといって手をこまねいているわけでもない。

みずからの走りや生き方を積極的に発信することで、開催に前向きになる人たちが増えることを期待するアスリートとしての信念は忘れていない。

新谷仁美選手
「見ている人たちが夢を持ち元気をもらえることがスポーツの魅力。そこをもう一度思い出して私たちがそれに対して応えていきたい」

東京大会への思い ひときわ大きいソフトボールは

選手たちの精神的なケアに乗りだそうとしているのが、アンケートで「影響がある」と回答した競技の1つ、ソフトボールだ。

金メダルを獲得した北京大会以来3大会ぶりに東京大会で復活するが、次のパリ大会では実施されないだけに、選手たちが東京にかける思いはひときわ大きく、不安の声も上がっているという。

代表メンバー全員が週1回オンラインで話せる場を作ったり練習内容に加え不安や心配なことを書いて提出してもらったりして、選手のメンタル面をフォローすることも検討している。

ソフトボール日本代表 矢端信介 選手強化本部長
「不安を抱えている選手たちとコミュニケーションを取って前向きな気持ちを育てていくしかない」

選手が安心できるよう きめ細かな情報提供を

技術面と精神面、ともによりよい状態で選手が大会に臨めるような環境は、どうすれば整備できるのか、専門家に聞いた。

早稲田大学スポーツ科学学術院 間野義之教授
「“無観客”はあっても“無選手”のオリンピックはあり得ない。開催までにこういうステップで進んでいくということを明示することで選手は安心して競技に専念できるので選手に必要な情報をきめ細かく出す必要がある」

大会支える医療関係者からは悲痛な声

一方、開催のために重要な役割を担っている医療関係者からは悲痛な声が上がっている。

競技会場や周辺で選手・観客の救護にあたることになっている医師や看護師などだ。

今、医療現場は新型コロナウイルスの感染拡大により深刻な影響を受けている。

東京都医師会 “今も大会の計画が見えない”

強い危機感を抱いているのが東京都医師会だ。

今も大会の計画が見えていないことに困惑している。

大会期間中、東京都医師会は、都内の各競技会場から最寄り駅までの「ラストマイル」と呼ばれる区間と、国立競技場や東京スタジアムなど3つの競技会場で観客の救護を担当することになっている。

延期が決まる前の計画では、救護所は、早朝から深夜まで開設するところもあり、必要となる人員は、およそ30日間の「のべ人数」で、医師およそ1000人、看護師およそ1500人、事務職およそ1000人と試算していた。

主に熱中症患者の処置などを想定していて、地区の医師会と連携して割り当てを行い、対応することになっていたが、コロナで状況は一変してしまった。

東京都医師会 新井悟理事
「当初の計画を作るときも、医師や看護師が日常の業務がある中で、夜間まで対応するとなると次の日の仕事に影響が出るので、協力を得るのとその調整が非常に大変だった。大会がどういう形で開催するのか示されておらず、今は具体的な計画について、検討段階にも入っていない」

東京都医師会は、第2波が収まりかけていた去年秋に、3つの競技会場で救護を担当する予定の医療機関にアンケートを送ったところ、「協力が可能」と回答したのはおよそ3分の1で、残りの3分の2は、その時点では「回答できない」という答えだったという。

東京都医師会 新井悟理事
「アスリートのことを考えると予定通り開催したいが、今の医療はギリギリの状態で、観客を半分に減らしても対応は大変で、非常に難しいミッションになる。組織委員会などでどういった話が出ているのか、なかなか聞く機会もないのでわからない。観客数の見込みなどもっと具体的なことを聞かないと私たちも答えを出せない。開催するならその規模についていくつかのプランを示してもらって、実現可能かどうかをお互いに話すことが大事だと思う」

悲痛な声は現場の医師からも

現場の医師からも悲痛な声が聞こえてきた。

今回、NHKでは各競技会場を担当する予定の複数の医師を取材した。

匿名を条件に応えてくれたある医師は「通常の医療を続け、新型コロナの治療も続け、そして、新型コロナのワクチンの接種も始まる。そこにさらにオリンピックの対応をする、そこまでの余裕はない」と話す。

この医師が勤務する医療機関では、大会期間中、競技会場に医師や看護師、のべ数十人規模の派遣を求められている。

しかし、現在、新型コロナウイルスの患者を受け入れていて、すでにほかの病棟からも看護師などをかき集めて治療に当たっている。

一瞬も気が抜けない院内感染対策や次々と入ってくる救急患者の受け入れ要請への対応など、スタッフたちの疲労は最大限に達していて、オリンピックの準備を始める余裕はない状況だという。

医師は「今でも医療スタッフたちにさんざん『頑張れ』と言っているのに、オリンピックのために『もっと頑張れ』とは言えないと感じている。すでに150%、200%働いているのにさらに負荷を加えることは避けて欲しい」と苦しい胸の内を吐露した。

取材を受けてくれた医師たちはつい1年前までオリンピックに出場する選手たちを最高の舞台で輝かせたい、そう願って準備に取り組んできた。

しかし、そんな医療関係者たちの願いはコロナへの不安で覆いつくされてしまったかのように感じられた。

医療資源が乏しい地方会場は

東京より医療資源が乏しい地方の競技会場でも、懸念の声が上がっている。

自転車競技の競技会場と選手村が設けられる静岡・伊豆地方。

地元の基幹病院、順天堂大学医学部附属静岡病院(伊豆の国市)は会場と選手村の医療を担う予定になっている。

大会期間中、病院から医療スタッフを派遣することになっているが、例年、夏は観光客が増え救急医療の出番が多くなるため、コロナ前から組織委員会にかけあってスタッフの派遣予定日数を「最低5日間」から「3日間」に減らしてもらっていたという。

東京など県外から応援のスタッフを受けながら、ぎりぎりの体制でなんとかやりくりする計画だった。

ところが、コロナによって状況は一変し、県外からの応援が期待できなくなってしまった。

大会に向けて協力したいという気持ちはあるが、今後の見通しに関する情報がなく、困惑しているという。

順天堂大学静岡病院救命救急センター 柳川洋一医師
「最近の感染状況をみると東京から医師を派遣してもらえるか不透明になっている。観客の有無などなかなか決まらないこともあると思うが、議論の経過など組織委員会は情報を届けてほしい」

大会組織委「医療体制の安定が何より重要」

大会に関わる医療関係者からの声に組織委員会はどう応えるか。大会運営局の山下聡局長に話を聞いた。

記者
「医療関係者から『このままでは開催は難しい』という声が聞かれるが?」

山下局長
「このままではというのがポイントだと思うが、日々、治療に従事している医師たちは非常に忙しくなっていて、大会のことを考える余裕もないと思われるので、当然、そういった意見は出てくると思う。大会開催の前提として、医療面では、新型コロナウイルスが一定の状況にコントロールされ、医療が安定的に提供されている状況が重要だと考えているので、日本社会として1日も早くそうした状況に持って行く必要がある。医師や看護師たちに円滑に大会に参加してもらえるよう、さらに仕組みを工夫していきたい」

記者
「今後のスケジュール感が現場に伝わっていないという声が聞かれるが?」

山下局長
「そういう指摘があれば早急に変えないといけない。これまではメールで準備状況などを折に触れてお知らせしてきたが、そういう意見があるならばもう少し積極的に情報提供に努めていっていろんな不安を解消する必要があると思う。工夫していかないといけない」

記者
「大会の詳細が分からないと医療スタッフの人数など具体的な準備が難しいという声も出ているが?」

山下局長
「昨年のテストイベントなどを元に相談を進めていたが、中断している状況だ。現在は、準備の再開に向けて組織委員会として、個別の会場ごとにどれだけの医療スタッフが必要だという案を作り込んでいる段階だ。例えば、無観客になれば、医療体制としては比較的ハードルが低いのは間違いないが、私たちとしては一番、困難な想定で準備をすすめ、仮に政府から無観客という判断があればその時点でその部分を除けばいい。医療界の意見には真摯(しんし)に向き合わないといけないが、今は、できる限りの準備をしていきたい」

取材の中で、山下局長は、医療側への情報提供を工夫する以外にも医療機関がスタッフを派遣しやすくなるよう、金銭的な支援も検討していることを明かした。その上で、大会の開催に向けては、新型コロナウイルスの感染が、一定の状況にコントロールされ、そして医療体制も安定することが、何より重要だという認識を何度も強調したのが印象的だった。

半年後の五輪は

医療関係者の一部からは「まずは感染者を減らし、それを維持できれば光は見えてくるかもしれない」という声も聞かれた。

半年後。オリンピックはどんな形になるのだろうか。

(スポーツニュース部 取材班 清水瑤平 / 科学文化部 山下由起子 / 首都圏局 浜平夏子 / 社会部 植田治男 / 静岡局 原岡裕太)

著者: ” — www3.nhk.or.jp

続きを読む

東京求人ニュース

TOKYO FMとルートインホテルズがコラボレーション!出張ビジネスマンに向けた音声エンターテインメント「ただいま出張中」全322ホテル・総客室数55,300室以上で配信スタート!|TOKYO FMのプレスリリース

Reo Kobayashi

-

日付:

投稿者:

「ルートインホテルズ 秘密のボイスドラマ ただいま出張中」は、出張中のビジネスマンが主人公となっており、出張中に起こるハラハラドキドキな展開や、仕事の疲れがほっと和むストーリーなど、多彩なコンテンツラインナップ全13篇を順次配信いたします。

今後もTOKYO FMは、オーディオコンテンツ事業者として、放送のみならずデジタル領域においても、「AuDee(オーディー)」を通じて、オーディオコンテンツを主軸にしたエンターテインメントとビジネスを拡大してまいります。


 

 

TOKYO FMとルートインジャパン株式会社は、コロナ禍において多くの飲食店が時短営業中であるため、出張中のビジネスマンがホテル客室内で過ごす時間が長くなっていることに着目、客室内での余暇時間と休息時間をリラックスしながら楽しく過ごせる仕掛けを作るとともに、客室内で仕事をされているビジネスマンにも仕事をしながらお楽しみいただけるよう、客室内で聴取できる「ルートインホテルズ 秘密のボイスドラマ ただいま出張中」をTOKYO FMが制作、TOKYO FMのオーディオコンテンツプラットフォーム「AuDee(オーディー)」で配信することにいたしました。
「ルートインホテルズ 秘密のボイスドラマ ただいま出張中」は、ルートインホテルズの全客室内に設置されているフライヤーに掲出しているQRコードをスマートフォンで読み込むことでお聴きいただくことができます。オーディオドラマならではの想像性豊かなルートインホテルズオリジナルエンターテインメントを、客室内でお酒を飲みながら、ベッドの上で目をつぶりながら、または仕事をしながらといったあらゆるシーンでお楽しみいただけます。ルートインホテルズの利用者のみがお楽しみいただけるオーディオエンターテインメントを提供することで差別化を図るとともに、場所や利用シーンに合わせた最適なオーディオエンターテインメントを提供することで、ルートインホテルズの利用者の満足度を向上させるとともにリピート利用を促進させ、話題を喚起することで利用率向上を目指すとともに、ルートインホテルズと利用者との間のエンゲージメントを高め、ルートインホテルズのブランディングに貢献いたします。
 

【ルートインホテルズ 秘密のボイスドラマ ただいま出張中】
出張中のビジネスマンが主人公、出張中に起こるハラハラドキドキな展開や、仕事の疲れがほっと和むストーリーなど、ルートインオリジナルの多彩なコンテンツラインナップ全13篇を2021年4月20日より順次配信いたします。

■上司の秘密

亜里沙は上司の大山と出張に来ていた。いつも寡黙で仏頂面の大山の事が内心苦手な亜里沙は緊張する。と、移動中の新幹線で、大山のスマホが何度も鳴るのを目撃する。

「誰からだろう…?」

偶然液晶を目にすると、そこには「弥生」の文字が。

「えっ?弥生先輩?もしかして大山さんと先輩って…ええっ?」

仲のいい先輩と上司がいつの間にか禁断の関係に!?

■パパは海賊王 (出演:竹森千人/杉岡詩織)

システム開発の営業の賢治は、開発部署の不始末の責任を取りに、地方に来ていた。

自分がやった訳でないミスの為に、わざわざ地方に赴き、頭を下げる。

それがサラリーマンの仕事だと言えばそれまでだが、今回はさすがに堪えた。

「どうして俺が謝らなくちゃいけないんだ…」

割り切れない気持ちのまま、ホテルの部屋に戻る。

今日は最愛の息子、翔の5歳の誕生日だったのに・・・と、息子の翔から電話がかかって来る。

「もしもしパパ?」

「翔!パパ翔とお話したかったよ!」

「ねえパパ、パパが泊ってるホテルって、海賊のご飯が出るの?」

■してはいけない話 (出演:吉田ウーロン太/辻本耕志)

信也は新幹線で緊張していた。

というのも同行中の若手社員、牛尾祐介とは普段、付き合いが全くないからだ。

「オジサンって思われて、疎ましがられるのは避けたいな…」

そう思った信也は、積極的に話しかけ、必死で自虐ネタや仕事の話などをする。

すると、祐介のリアクションも上々。

「まだまだ俺も捨てたもんじゃないな」とホッとする信也。

そんな信也が、ホテルにチェックインした後、部屋でテレビを見ている。

テレビでは「オジサンのNG行動」を特集している…

オーディオドラマは短期間で制作することが可能であり、また多種多様なラインナップを制作することができます。そのため、利用者の気分や趣味嗜好にマッチした多彩なエンターテインメントを提供することができます。またTOKYO FMは、数多くのオーディオドラマの制作し、FM放送および「AuDee(オーディー)」での配信を行ってきた実績があります。

 

  • 【オーディオコンテンツプラットフォーム「AuDee(オーディー)」について】

TOKYO FMは、放送のみならずデジタル領域においてもオーディオコンテンツを提供し、オーディオコンテンツ事業者としてのビジネス拡大を戦略上の柱にしております。これまでTOKYO FMは、放送とデジタルプラットフォームが連携した様々なデジタル体験をリスナーに提供してまいりましたが、さらに放送とデジタルの最適な形での融合により、オーディオコンテンツ事業者としてのデジタルトランスフォーメーションを加速するため、株式会社ジャパンエフエムネットワーク(JFNC)と共同で、オーディオコンテンツプラットフォーム「AuDee(オーディー)」を展開しております。
AuDeeは、スマートフォンアプリとWEBサイトの両方でサービスを展開、インターネット用に特化した配信専用の「オンデマンドオーディオコンテンツ」を中心に、TOKYO FMおよびJFNCが制作する人気番組のスピンオフオーディオコンテンツ、広告主のブランド向上とエンターテインメントを兼ね備えた「ブランデッドオーディオコンテンツ」など、600を超えるオーディオコンテンツを配信している他、番組発の記事コンテンツを含め、TOKYO FMとJFNCのデジタルコンテンツが集約されたプラットフォームです。また、2021年秋にはデジタルオーディオアドにも対応することを予定しており、ブランデッドコンテンツと併せてデジタルオーディオ領域での事業拡大を目指します。
TOKYO FMは今後も、オーディオコンテンツ事業者として、ラジオ放送というオフラインメディアとオンラインメディアとのハイブリッドを加速し、TOKYO FMおよびJFNネットワークのデジタルトランスフォーメーションを推し進めることで、デジタル領域においてもオーディオコンテンツによるエンターテインメントをリスナーに提供してまいりますとともに、広告主とリスナーの強いエンゲージメント構築、広告主のブランディングおよびビジネス拡大に貢献してまいります。
 

  • 【ルートインホテルズについて】

ルートインホテルズは、日本全国・海外に322店舗のホテルを展開し、飲食店や温浴・レジャー施設など全358施設を運営する総合ホテルチェーンです。「ホテルルートイン」「ルートイングランティア」「グランヴィリオホテル」「アークホテル」の4つのホテルブランドで、ビジネスからリゾートまでお客様のさまざまなニーズやライフシーンに寄り添います。
主力ブランド「ホテルルートイン」では、充実の無料バイキング朝食や駐車場・大浴場を備え、くつろぎのご滞在を提供します。また客室サービスでは「お部屋をもっと、たのしく。」をコンセプトに、WOWOWの無料視聴、「映画おしりたんてい」をはじめとするお子様向け映像コンテンツ「キッズチャンネル」配信などを実施し、ビジネスからご家族のご旅行、お子様からご年配の方まで、すべての方にホテル滞在を楽しんでいただけるサービス企画に取り組んでおります。
また社会貢献活動にも注力し、奨学金制度の創設等こどもたちの未来を応援する「こどもサポートプロジェクト」や、サッカーJリーグをはじめ野球・フットサルなどのプロスポーツリーグのスポンサード・バレーボールVリーグチームの運営等スポーツを通じた青少年の育成と地域貢献に取り組んでいます。
ルートインホテルズは今後も、よりよいサービスを追求しお客様に提供するとともに、企業活動を通じた社会貢献に努めてまいります。
 

  • 【ルートインホテルズ 秘密のボイスドラマ ただいま出張中】 

出張中のビジネスマンが主人公、出張中に起こるハラハラドキドキな展開や、

仕事の疲れがほっと和むストーリーなど、多彩なコンテンツラインナップ全13篇。
ルートインホテルズの全322ホテル、総客室数55,300室以上でお聴きいただけ
るルートインホテルズオリジナルオーディオドラマです。

<ルートインホテルズ WEBサイト>

https://www.route-inn.co.jp/

 

  • 【AuDee(オーディー)】 

<スマートフォンアプリケーション>

iOS https://apps.apple.com/jp/app/id1089137028?mt=8
Android   https://play.google.com/store/apps/details?id=mobi.gsj.park
<WEBサイト>
https://audee.jp/

著者: ” — prtimes.jp

続きを読む

東京求人ニュース

「医療的ケア児」支援強化に超党派で新法を国会提出へ 通学断念や家族の離職防げ:東京新聞 TOKYO Web

Reo Kobayashi

-

日付:

投稿者:

 人工呼吸器の管理やたん吸引などの医療的ケアが必要な子どもへの支援を強化する法案を、自民、立憲民主など超党派の国会議員らでつくる「永田町子ども未来会議」が今国会に提出する。学校配置の看護師不足で子どもが通学を断念したり、学校への付き添いや送迎で親が働けなかったりといった医療的ケア児を取り巻く課題の解消を目指す。(坂田奈央)

 ◆学びたいのに毎日通えず

 都内の特別支援学校中学部1年生の山田萌々華さん(12)は、看護師不足が原因で週2回しか通学できない。「毎日通いたい」と訴えるが、寝たきりで人工呼吸器を使うため、看護師が対応できない日は保護者の付き添いが必要。共働きの両親にはそれが難しい。母の美樹さんは「法律で、毎日学校に通えるような環境整備につなげてほしい」と話す。

 医療的ケア児の数は、厚生労働省の推計(2019年)で約2万人。医療技術の進歩に伴って助かる命が増えたことなどから、過去10年間で倍増した。法案は、医療的ケア児を巡る課題が浮き彫りになる中、国会議員を中心に関係府省やNPO、医師らも加わり15年に発足した同会が取りまとめた。議員立法として提出し、全会一致での成立を目指す。

 法案は医療的ケア児について定義し、「健やかな成長」と「家族の離職の防止」につなげることなどを目的に据えた。

 居住地域で支援に差が出ないよう、国や自治体、学校などの設置者は医療的ケア児と家族の支援に取り組む「責務」があると規定。保護者の付き添いがなくても医療ケアが受けられるように、看護師などの配置を求めた。

 各都道府県に、家族の相談に対応し、情報提供や助言をする「医療的ケア児支援センター」を設置することも盛り込んだ。

 ◆親の働く環境も厳しく

 東京都内で、気管切開によるたんの吸引が必要な長男(8つ)を1人で育てる40代の女性Aさんは、昨年4月に長男が特別支援学校へ就学したのを機に仕事を辞めた。専用の通学バスの台数が足りないため、当初は車いすの息子と家からタクシーで通った。往復5000円以上の負担は重く、学校近くに引っ越した。

放課後デイの送迎車に子供用車いすのまま乗りこむ医療的ケア児の息子を送り出すAさん(右)=一部画像処理

 昨年12月に長男単独で通学バスに乗れるようになり、非正規職員の仕事を再開したが、新型コロナウイルスの影響で仕事が激減。3月は春休みに入って預けられる場所が一層減り、朝から預けられたのは放課後デイサービスが1日だけだったこともあり、約10日しか働けなかった。Aさんは「医療的ケア児を持つ親が働き続けられる環境を整備してほしい」と訴える。

 ただ、今回の法案は支援強化に向けて社会的機運を高めるための理念法で、具体的な規制や罰則はない。

 当事者からは慢性的な看護師不足が続く状況を踏まえ「急には事態は変わらない」と冷めた意見の一方、「法律ができれば(支援拡大に)風穴を開けてくれる」と期待の声が上がる。

 医療的ケア児の事情をよく知る「全国心臓病の子どもを守る会」(東京)の斉藤幸枝理事は「必ずしも看護師が付きっきりでなければいけない子どもばかりではない。個別の状況に見合った対応が可能な見直しも期待したい」と話す。

 医療的ケア児 支援法案は「日常生活及び社会生活を営むために、恒常的に医療的ケアを受けることが不可欠である児童」「18歳未満及び高校などに在籍するもの」と定義。自力での呼吸や食事などが難しく、胃腸まで管を通して栄養剤などを注入する経管栄養や人工呼吸器の管理、たん吸引などを日常的に行う必要がある。歩ける人や、知的障害と肢体不自由の重複で寝たきりの人もいる。

著者: ” — www.tokyo-np.co.jp

続きを読む

東京求人ニュース

東京・大阪に現存する、 昭和の名建築が面白い。〈前編〉 | News | Pen Online

Reo Kobayashi

-

日付:

投稿者:

代官山 蔦屋書店で展示された受賞作品を一挙に紹介。

代官山 蔦屋書店では、2021年3月18日まで「木を”知り”木に”触れる” WOOD CHANGE CHALLENGE」展が開催された。

代官山 蔦屋書店で展示された受賞作品を一挙に紹介。

会場には受賞作品がタブレットとパネルで展示。参加者はプロジェクトの概要を知ることができた。

今回の受賞作品の発表にあわせて、代官山 蔦屋書店で21年3月5日から3月18日まで、「木を”知り”木に”触れる” WOOD CHANGE CHALLENGE」展が開催された。ここでは審査員による審査で選ばれた受賞作6作品が展示され、プロジェクトストーリーや評価コメントなども展示。さらに「WOOD CHANGE CAMP」で生まれた3チームの作品展示、関連する書籍や雑貨なども会場で販売され、木への新しいまなざしを得られる展覧会となった。

それでは受賞作品と、3月5日に一般投票で選ばれたBEST CAMP賞、あわせて7つの作品について、審査員のコメントを交えながら紹介していこう。

GOLD賞「もりのがっこう(仮)」

  • 「WOOD CHANGE AWARD」の大賞にあたるGOLD賞を受賞したのは、「もりのがっこう(仮)」。足立成亮、陣内雄、神輝哉、 金内智美、木野哲也、SHIN sasaki、野中穂の7名によるプロジェクトだ。

  • 「WOOD CHANGE AWARD」の大賞にあたるGOLD賞を受賞したのは、「もりのがっこう(仮)」。足立成亮、陣内雄、神輝哉、 金内智美、木野哲也、SHIN sasaki、野中穂の7名によるプロジェクトだ。

  • 「WOOD CHANGE AWARD」の大賞にあたるGOLD賞を受賞したのは、「もりのがっこう(仮)」。足立成亮、陣内雄、神輝哉、 金内智美、木野哲也、SHIN sasaki、野中穂の7名によるプロジェクトだ。

「もりのがっこう(仮)」は、森林・林業現場への興味関心を高めることを目的に、フリーランスの木こりが「こんな森があったらいいよね」を共有・実現する場を創立するアイデアを提示した作品。環境保全型林業として稼働している札幌市内の山林から、北海道各地へ展開することを想定している。

この作品は一見わかりづらく、「他の審査員の説明を受けてはじめて魅力がわかった」という審査員もいたという。一方で、この取り組みを深く読み込んだ若杉は、「木こり自身が周囲を巻き込みながら、山にあるさまざまな魅力や資産をどのように社会へ戻していくのか考え、そのための活動を既に実践している」という点を高く評価。他の審査員からも理解を得て、見事GOLD賞に選ばれた。


SILVER賞「Hygrosensitive Shape-Shifting Facade」

  • SILVER賞を受賞したのは、研究者Zhenfang Chenによる「Hygrosensitive Shape-Shifting Facade」。

  • SILVER賞を受賞したのは、研究者Zhenfang Chenによる「Hygrosensitive Shape-Shifting Facade」。

  • SILVER賞を受賞したのは、研究者Zhenfang Chenによる「Hygrosensitive Shape-Shifting Facade」。

テクノロジーとデザインを組み合わせたアプローチに興味をもつChenは、湿度によって変形する木材の性質に着目。実験や試作テストなどを実施した上で、相対湿度の変化に応じて、晴天時には閉じ、雨天時には開く、気象に敏感な可動ファサードシステムを提案した。

審査員の秋吉はこの作品について、「木材業界では『狂い』が生まれないようにするのが常識だが、この作品では木材の湿度による変化をポジティブに受け止め、変化をコントロールすることで生まれるデザインに挑んでいる」と評価。さらに「緻密な研究を踏まえた上で、最終的に『空間の湿度に応じて開閉するファサード』という詩的なアウトプットを導きだしているのが素晴らしい。スギやヒノキなどの国産材にも応用可能だ」と賛辞を贈った。

BRONZE賞「戻り苗」

  • BRONZE賞を受賞したのは、奥川季花、西来路、株式会社中川、大谷栄徳による「戻り苗」。

  • BRONZE賞を受賞したのは、奥川季花、西来路、株式会社中川、大谷栄徳による「戻り苗」。

「戻り苗」は、林業で使用されるスギ、ヒノキ、ウバメガシの苗を家庭で育て、山に植え、同じ山で育った木が製品となって手元に戻ってくるという一連のサービスを提案した。木材製品への愛着と日本の森林に対する関心を高めることを目的としつつ、国産材の国内消費増加につながるアイデアとなっている。

「実際に試してみたい」と語る審査員の佐藤は、この作品の「自分で育てた苗が森に還るまでの2年がデザインされている」ところに面白みを感じたという。さらに購入者に力を借りるという未来的な発想で、他の受賞作品にはない「ビジネスモデルとしての視点」を見出している点も評価した。


#MATERIALITY賞「木雲」

  • #MATERIALITY賞を受賞したのは、九州大学大学院生の齋藤拓海による「木雲」。

  • #MATERIALITY賞を受賞したのは、九州大学大学院生の齋藤拓海による「木雲」。

  • #MATERIALITY賞を受賞したのは、九州大学大学院生の齋藤拓海による「木雲」。

アルゴリズミックデザインやデジタルファブリケーションを用いて建築架構の可能性を探る齋藤は、スギ材と植物由来の生分解性プラスチックを用い、どこでも誰でも生産し、建築の組み立てが行えるシステム「木雲」を提案した。作品では、短小少部材でも大きな空間を覆うことができる「レシプロカル構造」に注目し、そのための部材と接合部を設計。デジタルファブリケーションツールのみで素材を加工し、1/1スケールの実制作まで行い、施工性を検証した。

審査員の秋吉は、「この作品の魅力は生分解性プラスチックで3Dブリントされたジョイントにある」とし、「マテリアルの特徴を理解した上で、制約を乗り越えようとする姿勢が映し出されている」と評価した。


#ACTIVITY賞「ICE TREEM」

  • #ACTIVITY賞を受賞したのは、金沢美術工芸大学2年の田嶋千寛による「ICE TREEM」。

  • #ACTIVITY賞を受賞したのは、金沢美術工芸大学2年の田嶋千寛による「ICE TREEM」。

棒付きアイスの木の棒に着目した田嶋は、棒を主役として木の香りと味を堪能するアイスキャンディー「ICE TREEM(アイスクリーム+ツリー=アイスツリーム)」を考案し、木と人の新たなコミュニケーションのかたちを提案した。棒部分の原材料となる木は、さまざまな種類で展開され、木の香りの違いが味のバリエーションとなる。

「確かにアイスを食べ終わった後に、棒を噛んだりしていたなと思い、心に残りました。小さなプロダクトですが、アイスと樹種の新しい組み合わせや、それを体験するワークショップなどの想像が膨らみ、広がりがある提案でした」と語るのは、審査員長の永山。多くの人に共感されるアイデアが評価された。


#STORYTELLING 賞「触れると思わず前に進みたくなる、音を奏でる木の手すり」

  • #STORYTELLING賞は、MATHRAX〔久世祥三+坂本茉里子〕の「触れると思わず前に進みたくなる、音を奏でる木の手すり」が受賞。

  • #STORYTELLING賞は、MATHRAX〔久世祥三+坂本茉里子〕の「触れると思わず前に進みたくなる、音を奏でる木の手すり」が受賞。

  • #STORYTELLING賞は、MATHRAX〔久世祥三+坂本茉里子〕の「触れると思わず前に進みたくなる、音を奏でる木の手すり」が受賞。

MATHRAXは、国産材の広葉樹の色や質感を活かし、触れると音を奏でるパブリックスペース用の木の手すりを提案。体験者がさまざまなかたちの木のオブジェに触れながら歩くことで、手触りや形、音がグラデーションに変化し、まるで音楽が変容するように新しい感覚を生む作品である。また、パブリックスペースに置き、視覚障害者の人と一緒に遊ぶなど新しいコミュニケーション方法を提示した。

この作品について佐藤は、「今回の応募作品の中で、最も実際に触ってみたくなるアイデアでした」とクオリティの高さを評価。「実際の施設やリアルな空間に応用されれば、需要が拡がり、非常に面白いのではないか」と今後の可能性に期待を示した。


BEST CAMP賞「Forest Crayons」

  • 一般投票で、最多の票を得たPlayfoolの「Forest Crayons」がBEST CAMP賞を受賞した。

  • 一般投票で、最多の票を得たPlayfoolの「Forest Crayons」がBEST CAMP賞を受賞した。

  • 一般投票で、最多の票を得たPlayfoolの「Forest Crayons」がBEST CAMP賞を受賞した。

森から収穫されたものの、さまざまな理由で規格から外された木材に着目。パウダー状にした木を顔料として用いたクレヨン、「Forest Crayons(フォレストクレヨンズ)」を提案した。同じ材種でも日焼けや菌類の繁殖など、木の状態によって多種多様に色が変化するという気づきから、あえて均一化せず、それぞれの木の色を楽しめるプロダクトに落とし込んだ。

この作品に対して、「WOOD CHANGE CAMP」でメンターを務めた元木は、「楽しむきっかけと、知るきっかけが、上手く組み合わされた作品」と評価。地域によって異なる色のバリエーションがつくれるため、地域の色を出せるプロダクトとして今後の商品化も期待される。



著者: ” — www.pen-online.jp

続きを読む

東京求人ニュース

東京ドーム1200個分の開発…インドネシア大手不動産と提携 | 富裕層向け資産防衛メディア | 幻冬舎ゴールドオンライン

Reo Kobayashi

-

日付:

投稿者:

東京ドーム1200個分の開発…インドネシア大手不動産と提携

宗吉敏彦はリーマンショックに巻き込まれ650億円の負債を抱えて倒産。いったん経済の表舞台から姿を消した。リーマンショックで地獄に堕ちた男はアジアで再起のチャンスをいかに掴んだのか。宗吉とともに躍進するアジア不動産市場の潜在力と今後の可能性を探る。本連載は前野雅弥、富山篤著『アジア不動産で大逆転「クリードの奇跡」』(プレジデント社)の一部を抜粋し、編集したものです。

医師試験「大学別合格ランキング21」1位自治医科大、最下位は   【無料】メルマガ登録で見る


鉄道網一体型開発と低所得者向け住宅を攻めろ

〝特攻隊長〟は元農水官僚

 

鉄道網との一体開発、低・中所得者向け100万円住宅——。こうした最先端の取り組みは宗吉だけのアイデアではない。黒子がいる。菱垣裕介だ。元農林水産省のれっきとしたキャリア官僚だが、今はクリードでインドネシアの「ガイド兼特攻隊長」を務める。宗吉の武蔵高校時代の同級生で山岳部の仲間だった。変人と呼ばれることの多い宗吉から見ても「かなりの変人」で、高校時代は「ふっと学校に来なくなったと思ったら山にこもって木こりに弟子入りしていた」など逸話には事欠かない。

 

その変人、菱垣が「鉄道網一体型開発と低所得者向け住宅の2つを攻めてみろ」と宗吉に示唆していたのだった。

 

実は菱垣は農林水産省に数年勤めた後、「退屈になった」を理由に役所を辞めたが、その後国連や世界銀行のアドバイザーとしてアジアの開発支援に携わった経験を持つ。インドネシアでは25年の仕事歴を持ち、経済界はもちろん政界にもかなりの人脈がある。それを見込んだ宗吉が「インドネシアをやってみたい。どう攻めればいいのか」と菱垣に相談を持ち掛けていたのだった。

 

インドネシアでは鉄道網の整備とそれにともって住宅地の一体開発が進むという。(※画像はイメージです/PIXTA)

インドネシアでは鉄道網の整備とそれにともって住宅地の一体開発が進むという。(※画像はイメージです/PIXTA)

 

即座に菱垣はインドネシアの情報やデータを徹底的に収集、今、国として何が課題となっていてそれを解決するために政府は何をどんな手法でやろうとしているのか、そのための政策は何かを洗い出した。そのうえで住宅・不動産業界で何が新たなビジネスとして浮上しそうなのかを絞り込んだのだが、それが鉄道網と住宅地の一体開発、100万円住宅の2つだったというわけだ。

 

確かに「インドネシアの道路の渋滞」は世界的にも有名で、これからインドネシア経済がさらに発展していくうえでどうしても避けて通れない解決すべき課題だった。車社会から鉄道社会への転換、それに伴う新たな住宅地の開発は待ったなしの状態で、政府もそれに向け検討を急いでいた。だから「鉄道網の周辺を攻める」のは当然の帰結だった。

 

100万円住宅もまた同様の文脈だった。一定の経済成長を遂げ大半の国民がそれなりに「食べられる」ようになったインドネシアで、整備を急がなくてはならないのが住宅。しかも富裕層ではなく一般の工場で働く労働者たちの住宅だった。そして実際、政府はFLPP(低所得者向け住宅開発)を打ち出した。菱垣の読み通りだった。「日本語で受けたメールを英語で返す」ほどの変人の菱垣だが、インドネシア経済の読みはど真ん中を射抜いていた。

 

菱垣はこうしたデータと過去の事例などを収集して整理、大きな流れを見定めたうえで将来の見通しを分析する「アカデミック・アプローチ」を得意とした。もちろん霞が関のキャリア官僚ならお手のもので、当然といえば当然ではあるが、宗吉が新しい国に進出したり、新しいビジネスに参入したりする場合には大きな力となった。

 

菱垣が導き出した結論と宗吉の勘が一致しないことはあまりなかったが、それでも菱垣がロジカルに宗吉が進めるプロジェクトの正当性を担保してくれることは宗吉が率いるチームの士気を高めたし、投資家や金融機関に対する説得力のある説明にも役立った。



著者: ” — gentosha-go.com

続きを読む

東京求人ニュース

「どんな状況でも東京五輪は決行」粛々と聖火リレーを続ける日本政府の無神経 もうワクチン接種は間に合わない | PRESIDENT Online(プレジデントオンライン)

Reo Kobayashi

-

日付:

投稿者:

笑福亭鶴瓶、広末涼子、宇野昌磨らがリレーを辞退


7月23日に予定される東京オリンピック・パラリンピックの開会式まで100日を切った。3月25日には福島を起点に聖火リレーが始まったが、今ひとつ盛り上がらない。国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ会長は4月14日、「7月23日に東京・国立競技場で待っています」と呼びかけたが、日本国民の多くが、いまだに「本当にやれるのか」と疑念を抱いているのだ。


聖火リレーのスタートを前に、記者団の質問に答える菅義偉首相=2021年3月25日、首相官邸

写真=時事通信フォト

聖火リレーのスタートを前に、記者団の質問に答える菅義偉首相=2021年3月25日、首相官邸


スタートした聖火リレーも次々に問題が起きている。聖火ランナーに選ばれていた著名人の辞退も相次いだ。3月25日時点のNHKの報道では、この1年間で辞退や死去した著名人などのランナーは34都府県で91人にのぼったとされた。


1年延期されたことで、仕事のスケジュールが合わなくなったという理由が多かったが、オリンピック組織委員会の会長だった森喜朗氏の発言を理由に辞退した人もいた。辞退した著名人の中には、落語家の笑福亭鶴瓶さんや俳優の広末涼子さん、フィギュアスケートの宇野昌磨選手などがいた。


リレーランナーの多くも「本当にやるの?」と思っていた


辞退者が相次ぐことになってしまった最大の理由は、「本当に聖火リレーを始められるのか」がギリギリまで分からなかったためだ。政府は3月18日に、3月21日をもって「緊急事態宣言」を解除することを決めた。国民の中には「解除すべきでない」という声もかなりあったが、病床利用率などが基準を下回ったとして解除に踏み切った。


解除を決めた後の3月20日夜には、政府と東京都、大会組織委員会、IOC、国際パラリンピック委員会(IPC)の「5者協議」が開かれ、「海外からの観客の受け入れ断念」を決めた。逆に言えば、海外からの観客は受け入れないが大会自体は開く、という方針確認だった。


「5者協議」は3月3日にも開かれ、メディアの一部は直前に「海外観客の受け入れ断念」を報じていたが、その段階では決定されなかった。緊急事態宣言の2週間延長が決まる中で、「大会をやる」という表明ができなかったのだが、聖火リレー出発の直前になって、ようやく「5者協議」で開催を確認したわけだ。強引にも見えた「緊急事態宣言」の解除は、そのためにもどうしても必要だった、という見方も根強い。


つまり、聖火リレーがスタートする直前まで、本当にオリパラが実施できるのか、半信半疑だった人が、リレーランナーにも多くいたということだ。実施されるかどうか分からないリレーのために仕事の予定を犠牲にするわけにはいかない、というのが著名人の事情だったのだろう。要は、政府がギリギリまで結論を出せなかったことに最大の原因があったとみていい。




著者: ” — president.jp

続きを読む
日本の働き方49分 前に投稿,

【第3回建設・測量 生産性向上展(CSPI-EXPO 2021)】「建設DX元年」到来 -デジタル改革で働き方改革-|建設・測量生産性向上展(CSPI-EXPO)実行委員会のプレスリリース

東京求人ニュース1時間 前に投稿,

TOKYO FMとルートインホテルズがコラボレーション!出張ビジネスマンに向けた音声エンターテインメント「ただいま出張中」全322ホテル・総客室数55,300室以上で配信スタート!|TOKYO FMのプレスリリース

日本の働き方7時間 前に投稿,

IBM、Red Hat、Cobuilder、OpenBuiltの開発を推進|日本IBMのプレスリリース

東京求人ニュース7時間 前に投稿,

「医療的ケア児」支援強化に超党派で新法を国会提出へ 通学断念や家族の離職防げ:東京新聞 TOKYO Web

東京求人ニュース13時間 前に投稿,

東京・大阪に現存する、 昭和の名建築が面白い。〈前編〉 | News | Pen Online

日本の働き方19時間 前に投稿,

働き方、メンタルヘルス、環境問題 etc. アウディとVOGUEがともに考える「サステナブルな未来」。 | VOGUE JAPAN

日本の働き方1日 前に投稿,

「報ステCM炎上」「名誉男性」…女性をめぐる”ねじれ”と日本の弱点 | LIMO | くらしとお金の経済メディア

日本の働き方1日 前に投稿,

Think Gender あなたと拓く、あなたと決める:朝日新聞デジタル

東京求人ニュース1日 前に投稿,

東京ドーム1200個分の開発…インドネシア大手不動産と提携 | 富裕層向け資産防衛メディア | 幻冬舎ゴールドオンライン

求人を探す1日 前に投稿,

焦点:「求む、環境専門家」 金融業界で採用ラッシュ | ロイター

東京求人ニュース10か月 前に投稿,

トヨタのWoven City構想、自動運転レベル3解禁…2020年上半期、業界10大ニュースは? | 自動運転ラボ

東京求人ニュース1年 前に投稿,

Kaizen Platform、パーソルキャリアが提供する業界初の動画求人広告サービス「dodaプライム」を共同開発|株式会社Kaizen Platformのプレスリリース

東京求人ニュース1年 前に投稿,

デザインとアートのコンペティション「TOKYO MIDTOWN AWARD」13回目の開催が決定。デザインコンペのテーマは「DIVERSITY」 | デザイン情報サイト[JDN]

日本の働き方10か月 前に投稿,

業界最大規模の ZOOMオンラインイベント 「 Tokyo StartUp Conference2020」 を開催|STARSのプレスリリース

日本の働き方1年 前に投稿,

出社はオフ会に?「アフターコロナ」の日本で、働き方や人事はこう変わる |

日本の働き方12か月 前に投稿,

テレワークが「働く時間の概念」を変える――ひろゆき流「幸せな引きこもり」になる秘訣【前編】 | GetNavi web ゲットナビ

東京求人ニュース1年 前に投稿,

花丸木役・染谷将太「浦鉄が大好きすぎて出演する準備を勝手にしてきました」/ドラマ24「浦安鉄筋家族」 | テレ東からのお知らせ : テレビ東京

日本の働き方1年 前に投稿,

世界の名だたるデザイン賞を受賞 Rig DogTM 耐衝撃保護手袋発売のご案内|日本ハネウェル株式会社のプレスリリース

仕事のニュース1年 前に投稿,

オリコンニュース – 染谷将太、『浦安鉄筋家族』出演 どんな仕事も引き受けるプロ根性| 南日本新聞 | 373news.com

東京求人ニュース11か月 前に投稿,

2021年の祝・休日一覧 : 東京五輪開催で夏の祝日が移動 |

求人情報を探す方法2週間 前に投稿,

老後 定年後の再就職先の探し方。皆んなはどうしてるの?シニアに人気の仕事とは?【ユアライフアップガイド】

求人情報を探す方法2週間 前に投稿,

【2021年最新版】風の時代の仕事・働き方の変化について教えます!

求人情報を探す方法2週間 前に投稿,

【求人で分かる!】ブラック企業の見分け方【元採用担当が伝授】

求人情報を探す方法2週間 前に投稿,

【転職】 ハローワーク 仕事 探す 求人サイト 人材 人材紹介会社 サイト

求人情報を探す方法2週間 前に投稿,

【必見】ADHDの人の仕事の探し方について語ります。【ひろゆき/切り抜き】

求人情報を探す方法2週間 前に投稿,

動画編集の仕事の探し方|ランサーズで簡単に受注できます|利用方法と注意点【切り抜き/マナブ】

求人情報を探す方法2週間 前に投稿,

ランサーズWEBライター初心者向け仕事の探し方【マナブ切り抜き】

求人情報を探す方法2週間 前に投稿,

#6 求人情報検索 新着求人  ハローワーク

求人情報を探す方法2週間 前に投稿,

田舎暮らし|移住者の働き方とは?仕事の探し方や種類について

求人情報を探す方法2週間 前に投稿,

自分に合った仕事の見つけ方を伝授|5つの方法から解説

人気