Connect with us

仕事のニュース

1万5000人が死亡した大阪空襲 語られてこなかった朝鮮人の被害体験 –

Riku Nakamura

-

日付:

梅田方面からも大勢の人が逃げてきた。時刻は午前10時ごろ。爆撃で空は真っ赤になったという。

「梅田の方向、空が真っ赤ですわ。夕焼けみたいでしたよ。(それを見ながら)みな、『うちの家はもうないわ』って言い、空襲警報が解除されて三々五々、帰ったんです。別の日には、道で下向いて倒れている老人を見ました。その方、焼かれて真っ赤になってる。少しだけ残った服は黒焦げ。焼夷弾でしょう」

「大阪大空襲の体験を語る会」が収集した大阪大空襲の体験画(提供:新聞うずみ火)

大阪大空襲後の心斎橋・島之内付近。三津国民学校の屋上から難波方面をみる。中央遠方は難波高島屋。1945年3月14日ごろの撮影と思われる(提供:公益財団法人・大阪国際平和センター、前田日登美氏撮影)

空襲体験 苦難の「ワン・オブ・ゼム」

大阪大空襲で犠牲になった朝鮮人は、当時の人口統計などから2000人弱といわれる。しかし、朝鮮人の空襲体験は証言集にもほとんどない。「大阪空襲被災者運動資料研究会」の横山篤夫さん(79)はこう説明する。

「朝鮮人には、日本本土に渡ってくる時に故郷を捨てなければいけないとか、日本に着いてからの差別とか、生きていく上で大きな葛藤や苦労があった。そして、何とか生活できるようになったところに空襲です。過酷な経験でした。ようやく太平洋戦争が終わって故郷に帰ろうとしたら、(1950年に)朝鮮戦争が始まって、帰れなくなったわけです」

横山さんによると、大阪空襲を体験した人たちでつくる市民団体「大阪大空襲の体験を語る会」は450編もの証言を記録している。それなのに、証言は全員日本人で朝鮮人は1人もいない。

横山篤夫さん(左)。金さんから詳しく空襲体験を聞く

朝鮮戦争が終わると、日本に住む朝鮮人たちも「朝鮮半島の北側の出身か、南側か」「韓国と北朝鮮、どっちを支持するか」で対立するようになった。対立が抗争に転じ、死者が出たこともある。

「そういう経験をいくつもしているから、朝鮮人の空襲体験は、大変な出来事のワン・オブ・ゼムになるわけです。日本人も厳しい生活を送っていたけれど、空襲が一番大変な出来事だった。でも、朝鮮人にとって、空襲は数ある大変な出来事の一つにすぎない。だから、(各地にあった)証言の収集活動に朝鮮人は参加しなかったんじゃないか。そう感じています」

朝鮮人が1939年から「創氏改名」を強いられ、日本風の名前だったことも影響している。「語る会」が集めた450編の体験に朝鮮人はいないが、各地の体験集の中には「日本人」の話として埋もれている可能性がある。

大阪空襲をめぐっては、被災者や犠牲者の遺族らが補償を求めて国相手の訴訟を起こし、耳目を集めたことがある。提訴は2008年。原告に朝鮮人はいなかったが、「軍人・軍属と遺族らには恩給や遺族年金などがあるのに、民間の犠牲者にないのはおかしい」「国に戦争の後始末をさせたい」などと訴えた。訴訟は2014年に最高裁で原告敗訴が確定した。

判決から今年で6年、多くの空襲体験者が亡くなり、体験者から直接証言を聞くことはいよいよ難しくなってきた。

「大阪空襲75年朝鮮人犠牲者追悼集会実行委員会」の資料集。朝鮮人の体験収集を進めている

闇市を頼りに生き延びた

金さんの話に戻ろう。

敗戦の直前、金さんは母と妹の3人で富山県に疎開した。日本が降伏し、数カ月後に戻ると、東西南北、見渡す限りの焼け野原。大阪駅周辺は8階建ての阪急百貨店と4階建ての曽根崎警察署しか残っていない。大半のビルや家屋は壊滅し、駅と駅の間を見通せた。大阪駅周辺には闇市が広がっていた。ラジオやオンボロの自転車のほか、「闇米」などの食料品も売られており、朝鮮人や台湾人もたくさんいたという。

金さんの父も闇市でモヤシやボロなどを売り、生活費に充てた。

「家では豚も飼ってました。5、6匹です。大きく育てて売るんです。さらに母は西明石まで行って闇米を仕入れ、私が大阪で自転車に積み替えて、沖縄の人がやっている店に持っていく。18リットルの一斗缶を10個とか。毎日です」

大阪駅前の闇市(1946年7月、写真:毎日新聞社/アフロ)

母は何度も闇米販売で検挙された。5歳年上の兄は、朝鮮戦争が終わった後、結核で他界。その直前には叔父や叔母も結核で亡くなっていた。金さん自身も高校生の頃は物売りの手伝いなどをしていたが、やがて一家は生活保護を支えに生きることになる。最下層の生活。そこには大勢の朝鮮人がいたという。同級生に「朝鮮」と言われ、殴ったこともある。

「お金があればね……。貧しいから場末のボロ病院しか行けず、兄さんらは死んだんです」

時代は1950年代の後半。日本経済は朝鮮戦争による「特需」で復興を遂げ、56年の経済白書は「もはや戦後ではない」とうたっていた。

「私は小学校から高校までは通名(日本名)で通しました。帰国? 考えませんでしたな。とにかく、その日その日の生活で精いっぱい。弁護士になりたかったけど、法学部に行けず、大阪外国語大学でモンゴル語をやりましてな。もっとも(当時は)日本国籍を取らないと、弁護士になれないことも知らんかったですが」

資料を広げ、体験を語る金さん

「日本人に負けたらあかん」

80歳の呉時宗(オ・シジョン)さんは大阪で生まれ、西成で育った。大阪大空襲を経験したのは4歳の時。語ってくれた内容から、1945年3月の第1次大空襲だったと思われる。無差別空爆は深夜0時前から始まった。

「母と妹と、商店街を走って逃げましてな。父は警防団員で火を消していたので現場に残ってたと思います。空がとにかく昼間のように真っ赤だった。昔、大阪の夕焼けはきれいやったけど、その夕焼けよりもまだ赤い。母には以前から『万が一迷子になったら、みんなが走ってる方に一緒に逃げるように』と言われていた。あの晩は迷子にならず、幸いにも家は焼けなかったんです」

その頃、夜中に何度も空襲警報のサイレンが鳴った。うなるような、低いサイレン音。幼い子どもに怖くないはずがない。

呉時宗さん

「寝る時間の空襲? 何べんもです。空襲警報が鳴って、防空壕に入って今晩も壕に泊まらなあかんな、いうて。(ある時)防空壕にバーンと穴が開いて、そこから親戚の叔父さんが顔を出して外を見てね。父が『逃げー』って。穴が真っ赤になって、火が落ちてくる。ほんで、みんな飛び出して、走って逃げてね。よう覚えてる」

ただし、呉さんにとっても、空襲体験はワン・オブ・ゼムでしかない。

第1次大空襲の後、呉さんは母・妹とともに、琵琶湖に面した町に疎開したが、おかずもみそ汁もない。イナゴを捕って焼いて食べたり、イモのつるを食べたり。疎開先から帰る時は、母が駅でスリに遭い、大事なお金を失った。

戦後すぐ、父は石鹸工場を起こし、次に釘工場を経営し、やがてアメ製造を手掛けたという。しかし、アメ工場も失敗し、差し押さえに遭遇。結局、戦前と同様、父は靴職人になったが、1953年に38歳で病没した。残された32歳の母は、困窮者の多い西成や釜ケ崎エリアで手間仕事を続けながら、子ども5人を育てた。

戦災孤児の写真に見入る人たち。孤児は養父母を求めていた。このような掲示板は全国各地に立ち並んだ(1950年5月、写真:毎日新聞社/アフロ)

呉さん自身は、戦後に「朝鮮人」を意識するようになる。在日本朝鮮人連盟(1945〜49年、朝連)の支部があちこちにできたことも、民族意識を高揚させた。

「戦前は朝鮮人と日本人、一緒に仲良く遊んでおったけど、戦後しばらくして『朝鮮、朝鮮』って言われるようになった。そんな奴とは、よくけんかしたね。『日本人に負けたらあかん』と、朝鮮の青年たちはボクシングジムをつくってたわ。僕もジムへ連れていかれ、大きなグローブをはめて練習しました」

当時の傷が眼の付近などに残っている。「しょっちゅう血を流してた。けんかばっかり」と呉さん。なぜ、日本人に対する対抗心が、そんなにも強まったのだろうか。

「朝連ができて、『自分は朝鮮人だ』という意識が出て。気づいたら、朝鮮人への悪口とか、いっぱいある。ニンニク臭いとか。大人やったら差別や人権問題として考えるけど、子どもはそんなこと考えへん。『朝鮮』って言われただけで腹が立つ。若いから。上級生に誰かがやられたら、呼びつけてコテンパンにして。大人になってからは、商売でとにかく金儲けしようと必死でした。負けたらあかんと」

けんかに明け暮れながらも、呉さんの高校の成績はトップクラスだった。しかし、毎回のように学費滞納者として名前が張り出される。それが嫌だったのと、家族の命は自分が守るしかないと思い、高校を中退した。以後は職を転々としながら、「とにかく金儲けだ」と戦後を疾走。商売の道を走っていく。

大阪大空襲で焼け野原になった難波地区。中央は難波高島屋。戦後、街は大発展し、空襲の面影はどこにもない

大阪空襲という幼少期の記憶から始まった人生。それを振り返り、呉さんはこう言った。

「僕らは戦後しばらく、国籍がなかったんです。1952年4月28日のサンフランシスコ平和条約発効と同時に、僕らの(日本)国籍は剥奪されてしまった。(1965年の日韓国交回復で韓国籍を認められるまで)僕らには国籍も何もあらへんかった。大阪空襲の時も含めて、それまでは『日本人』やったのに……。今、(韓国籍を得ていない)在日にとっては、住民基本台帳に記された『朝鮮』は国籍ではなく、ただの記号です」

祖父を本名で記録してほしい

最後にもう1人、朝鮮人の男性に触れておこう。金偵文さん、81歳。1938年に大阪で生まれた。大阪空襲が激しくなる前に宮崎県へ疎開し、自身は空襲の被災者ではない。しかし、45年6月7日の第3次大空襲で祖父を亡くした。

戦時中、金さんは「金谷」と名乗っていた。自宅に近い「崇禅寺」の過去帳には、祖父について次のように記されている。

「金谷富彦 51歳 男 (身元確認者)長男・孝司 (住所)山口町89 (死因)爆死」

公益財団法人・大阪国際平和センター(ピースおおさか)が施設内に設けた「刻の庭」の銘板にも、金さんの祖父が「金谷富彦」として刻まれている。大阪で戦争の犠牲になった人々の一人として。これらについて金さんは納得しておらず、祖父の日本名を本名の「金麗禎(キム・ヨジュン)」に改めるよう要望している。

ピースおおさか「刻の庭」の銘板。中央に「金谷富彦」の名前(撮影:文箭祥人)

「人間は、本名をかき消されたらその存在がないんです。名前を元に戻さないといけない。歴史の中でいろいろなことがあったけど、それを正しく元に戻さないといけない。人間の尊厳に関する根本的な問題だと思うんです。私の祖父一人だけじゃなく、それ以外の人も、生まれた時に親からもらった本名で記録してもらいたいと考えているんです」

ピースおおさかの「刻の庭」

鈴木祐太(すずき・ゆうた)
1981年生まれ。ジャーナリスト。フロントラインプレス(Frontline Press)所属。

この記事へのご感想やご意見、または「Yahoo!ニュース 特集」で今後取り上げてほしいテーマをお寄せください。



著者: ” — news.yahoo.co.jp

続きを読む

仕事のニュース

剛力彩芽、フリー転身後初の「囲み取材」 前澤氏関連の質問にどう答えたか: J-CAST ニュース【全文表示】

Riku Nakamura

-

日付:

投稿者:

   女優の剛力彩芽さん(28)が2020年10月1日、美顔器ブランド「Exideal」(エクスイディアル)の新製品発売イベントに出席した。剛力さんは8月31日に芸能事務所のオスカープロモーションを退所し、フリーに転身。フリーとしてイベントに出席するのは今回が2回目で、イベント後に報道陣の取材に応じるのは初めて。

   フリー転身に関する質問以外にも、破局や復縁が取りざたされるZOZO創業者の前澤友作氏(44)を念頭に置いた質問も相次いだ。前澤氏が目指している月面旅行に関する質問は、「はははは!確か、そんな話もありましたね…」と笑い飛ばしていた。

  • 美顔器ブランド「Exideal」(エクスイディアル)の新製品発売イベントに出席した剛力彩芽さん

    美顔器ブランド「Exideal」(エクスイディアル)の新製品発売イベントに出席した剛力彩芽さん

  • 発表会には背中が大きくあいた黒のロングドレスで姿を見せた

    発表会には背中が大きくあいた黒のロングドレスで姿を見せた

  • 美顔器ブランド「Exideal」(エクスイディアル)の新製品発売イベントに出席した剛力彩芽さん
  • 発表会には背中が大きくあいた黒のロングドレスで姿を見せた

オスカー時代の仕事を引き継ぐ

   剛力さんは4月に「エクスイディアル」のイメージキャラクターに就任。9月からは自らが代表取締役を務める個人事務所「ショートカット」で活動しているが、オスカー時代の仕事を引き継いだ形だ。発表会には背中が大きくあいた黒のロングドレスで姿を見せ、新製品をPRした。

   剛力さんは、フリーとしての1か月の活動を

「ありがたいことに色々と仕事もいただいて、結構色々なところに出させていただいていたので…。ただ、ちょっとしたプレッシャーというか、不安みたいなものはあった」
「今までとは違った緊張感の中で、改めてお仕事をさせていただけるというのが、28歳になってそれができるのが、すごくありがたい。緊張や不安、プレッシャーをバネに頑張っていこうという気合いや覚悟は、より一層強まった気がしています」

などと振り返り、仕事の依頼状況に関する質問には、

「どうでしょうねー?でも、いろんなジャンルの方から、お仕事のご連絡はいただいているので…。でも、本当にそれにどういう風に返信していくか、というところからやっていかなきゃいけないので…。すごい日本語って難しいなって…」

と気を引き締めた。

「良妻賢母になる予定は?」「家庭を持つ予定は?」

   イベントでは、剛力さんを神話の中の女神に例える占いが行われ、「優しさに満ちた癒しの女神『ヒナ』」という結果が出た。「ヒナ」は「美の象徴で、良妻賢母、慈愛に満ち、地上に愛と癒しを送る」と説明された。この結果と、前澤氏との関係をからめた質問が相次いだ。

   例えば「良妻賢母になる予定は?」という質問。剛力さんが「いやいや、良妻賢母は最高の理想の女性像ですけど、なかなか私はなれない気がしますね…」と応じると、別の質問では「家庭を持つ予定は?」。剛力さんは「いや、全然全然、家庭は、ないです」と、かわしていた。

「『ヒナ』は月の女神とのことだが、実際に月面旅行に行く予定はあるのか」

という質問には、剛力さんは

「はははは!確か、そんな話もありましたね…。なんかね、ヒナね、月の女神でしたね」

と爆笑。さらに

「ヒナは守護神だということだが、剛力さんにとって、守護神、守護神的な立場の人は誰か」

と問われると、

「守護神、私はやっぱり、名前からしてそうかな、と思うんですけど、やっぱり剛力家じゃないですかね。強そうだし、すごく屈強な感じで守ってくれそうな気がするので」

として、家族や友人を挙げていた。

(J-CASTニュース編集部 工藤博司)

著者: ” — www.j-cast.com

続きを読む

仕事のニュース

[マネジメントに使えるコーチング] 事例で学ぶ 1on1(25) 「1on1」の3つの原則(Hello,Coaching!) –

Riku Nakamura

-

日付:

投稿者:

人を育て、活かすのがうまい「ネイティブ・コーチたち。彼らのコミュニケーションを特徴づける「3つの原則」を今回はまとめてご紹介します。

関連記事:事例で学ぶ 1on1(3) ネイティブ・コーチに学べ!
https://coach.co.jp/management/20200121.html
(事例で学ぶ 1on1(3) ネイティブ・コーチに学べ!は本記事末のリンクよりご覧いただけます。)

1 インタラクティブ(双方向)

ネイティブ・コーチたちの接し方、会話の創り方を観察すると、共通していることがあります。その1つは、彼らは一貫して「双方向のコミュニケーション」を創り出すこと。そして、一方通行にならないように注意し、どちらかといえばよく聞きます。また、コミュニケーションを交わすときには、「対等」で「平等」な立場を築きます。

2 テーラーメイド(個別対応)

あるネイティブ・コーチはこう言っています。

「誰にでも同じマネジメントをしてはだめだ、8人部下がいたら、8通りのマネジメントがあるんだ」
関連記事: 事例で学ぶ 1on1(1) 8人の部下には、8通りのマネジメント

一人ひとりの体形に合わせて洋服を作るテーラーメイドと同じように、マネジメントも、一人ひとりに合わせて行わなければ、部下の能力を引き出すことはできない、とネイティブ・コーチは考えています。

人はそれぞれ違います。誰にでもうまくいく方法はありません。ネイティブ・コーチは、1対1のコミュニケーションを通して、部下が自分で考え、自分から行動を起こし、自分で評価できる能力を引き出します。

3 オン・ゴーイング(現在進行形)

ネイティブ・コーチは、部下に仕事を丸投げせず、十分なフォローアップをします。実際に業績の上がっているチームは、上司の部下に対するフォローが行き届いています。

ネイティブ・コーチは、部下と彼らの仕事の進捗に、「点」ではなく、「線」で、オン・ゴーイング(現在進行形)で関わっています。その会話は、決して劇的なわけでもなく、内容も深刻ではありません。

また、コミュニケーションを交わしていて、結論を急がない、という特徴もあります。さらに、彼らは教えたがりではありません。むしろ部下に質問し、部下が自分で考え、自分から行動が起こせるようにコミュニケーションを発展させます。

最初は、コミュニケーションの量を増やすことが大事です。それは1回に多くの時間をとるという意味ではなく、コミュニケーションの回数を増やすことを意味します。仕事の最初と終わりだけではなく、中間も、そのまた中間も、コミュニケーションを持つ。ひとつの仕事のはじまりから終わりまで「オン・ゴーイング(現在進行形)」で、コミュニケーションを交わす機会を作ります。

(『「小さなチームは組織を変える―ネイティブ・コーチ10の法則」』伊藤守著より抜粋編集)

著者: ” — news.yahoo.co.jp

続きを読む

仕事のニュース

「♪飲み屋のあかりがなくなった 俺の仕事がなくなった」 空き缶の三線でコロナ禍を歌に:東京新聞 TOKYO Web

Riku Nakamura

-

日付:

投稿者:

「演歌で日本中の人たちを元気にしたい」と話す岡大介さん=東京・浅草の木馬亭で

「自粛ムード」に「同調圧力」。ああわからない~ウイルス対策わからない~。明治・大正期の「演歌(演説歌)」を現代に再現する歌手の岡大介さん(42)は、空き缶で作ったカンカラ三線で、物言えば唇寒しのコロナ社会に寸鉄くらわす。10月4日、ステイホーム中に作った新作を披露する独演会を東京・浅草で開く。(浅田晃弘)

◆怒りが歌に

 「怒りがあるから、いい歌が生まれる。ぱったり仕事がなくなったことが、創造の原動力になった」

 演芸場に加え、居酒屋や福祉施設など年間400ステージをこなしてきたが、緊急事態宣言下の休業要請で4、5月の仕事は、ほぼキャンセルに。自宅での時間は歌作りに充てた。

 長年、仕事場にしていた居酒屋が閉店した。家賃負担に耐えられなかったと聞いた。緊急事態宣言は東京五輪の延期が決まってからだ。「本当に深刻なら、なぜもっと早く宣言しなかったのか」と腹が立った。

 コロナ来て五輪がなくなった/飲み屋のあかりがなくなった/俺の仕事がなくなった

 丸投げ政府の言うことにゃ/3つの密が大事だと/密議・密約・密会か

 明治生まれの演歌師・添田啞蟬坊あぜんぼうの「生活戦線異状あり」を元歌にした「ウイルス戦線異状あり」ができた。

◆庶民の心に寄り添う演歌に共感

 高校時代、吉田拓郎さんに憧れてギターを手にした。20歳になり、代々木公園周辺で路上ライブを始める。しばらくして、敬愛するフォーク歌手の故高田渡さんが歌う「あきらめ節」が啞蟬坊の歌だと知り、自由民権運動で生まれた演歌の歴史を調べた。庶民の心に寄り添った「反権力」の姿勢に共感した。自分でも歌ってみようと思った。

 路上でアカペラで歌っていた啞蟬坊の歌に、ギター伴奏はしっくりこない。そんな時、ミュージシャン仲間がカンカラ三線を教えてくれた。米軍占領下の沖縄で空き缶とパラシュートの糸で作られた「抵抗の楽器」。これだ、と思った。

 2008年にCDデビュー。11年の東日本大震災では、啞蟬坊の息子知道が作った「復興節」の替え歌を被災地で歌って回り、注目を集めた。

 コロナ禍で、社会は震災以来の厳しさにさらされている。今こそ、庶民の心情を代弁する風刺の出番だと思うが、最近はどうもやりづらい。政治批判の歌が以前のように受けない。

 健康問題を理由に退陣した安倍晋三前首相を笑いのタネにするのは「不謹慎」と思われているようだと気が付いた。それで、こんな言い回しを考えた。「みんな、安倍さんのことが好きなんですね。だから、早く元気になってほしいですね。国会で説明責任を果たしてもらうために」。緊張が緩んだ客席から、どっと笑いが起きた。

◆菅政権でも「安倍政治の歌も継承」

 菅義偉首相の誕生に、意外性は感じなかった。「安倍政権の実体は菅政権」と思っていたからだ。「安倍政治が継承されるのなら、安倍政治の風刺の歌も継承です」。菅内閣の顔触れを見ていたら「オッペケペー節」の替え歌ができた。

7年ついでに8カ月/お疲れさんといいたいが/モリカケサクラはどこへやら/同じ顔触れ甘々党/スッカラ政治の幕開けだ

◆10月4日に独演会

 岡大介独演会「ウイルス戦線異状あり! ヨワッタネ~添田啞蟬坊と馬場文耕~反骨芸能歌合戦」は、浅草木馬亭で10月4日午後6時開演。講談師の神田春陽さんがゲスト出演し、江戸時代の言論弾圧で処刑された講釈師について紹介する。チケットは3000円(前売り2500円)。問い合わせは、浅草木馬亭=電03(3844)6293=へ。

添田啞蟬坊(そえだ・あぜんぼう)1872~1944年。神奈川県大磯町生まれ。18歳の時、横須賀で見た演歌師に感動し街頭で歌い始める。33歳で社会主義者の堺利彦と出会い、日本社会党の活動に参加。歌による社会改良を目指した。昭和恐慌がピークの1930(昭和5)年に発表した「生活戦線異状あり」を最後に、生涯に作ったのは約200曲。演歌師の活動を引き継いだ長男の知道(1902~80年)は文筆家としても活躍し、演歌について多くの著作を残した。啞蟬坊の歌は学園紛争が盛んになった1960年代、フォーク歌手の高田渡さんがカバーしたことで再評価につながった。


著者: ” — www.tokyo-np.co.jp

続きを読む

仕事のニュース

「仕事・介護」の両立が増加中。介護離職を避けるためにできることとは? | LIMO | くらしとお金の経済メディア

Riku Nakamura

-

日付:

投稿者:

団塊の世代が70代となり、日本は超高齢化の時代を迎えています。今後、介護が必要になる人の増加と同時に、要介護者の面倒を見なければならない有職者の数も増えていくでしょう。介護離職も無視できない社会問題となってきているようです。

今回は、厚生労働省などの調査結果をもとに、介護離職の割合や性別や雇用形態別の状況をご紹介します。

調査にみる「介護離職者の割合」

厚生労働省が実施した「令和元年(2019年)度雇用均等基本調査」によると、介護を理由とした離職者の割合は、0.11%(母数は常用労働者全体)でした。男女別に見ると男性が0.06%、女性が0.18%。介護離職者における男女比は男性28.9%に対し、女性は71.1%でした。

続きを読む

各種介護支援制度が充実してきたことで、介護による離職者の総数は前年と比較しても減っています。ただ、女性の割合が男性の3倍、この大きな差は以前からある傾向です。

ここで、総務省統計局の「平成29年(2017年)就業構造基本調査」より、離職者数の変移も見ておきましょう。以下は、介護・看護のために過去1年間に前職を離職した人の「数」の推移です。

2007年 … 約14万5,000人 (男2万6,000人/女11万9,000人)

2012年 … 約10万1,000人 (男2万人/女8万1,000人)

2017年 … 約9万9,000人  (男2万4,000人/女7万5,000人)

介護離職者数は減少傾向にありますが、男女比に見る女性の割合は8割前後で推移しています。

参考記事

ニュースレター


LIMO編集部

LIMO編集部は、個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディアでの運営経験者等を中心に立ち上げ。その後Longineのサービスは2020年3月に終了となったが、Longine編集部のメンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、証券・金融業務メンバーに業界紙出身の新聞記者などもメンバーに加え、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。



著者: ” — limo.media

続きを読む

仕事のニュース

生きづらくない人なんてこの世界にいない――「キミスイ」で人生変わった作家・住野よる –

Riku Nakamura

-

日付:

投稿者:

幼い子どものように純粋な気持ちを抱いたまま、繊細で、不器用で、家族とコミュニケーションをとるのすら難しい。住野の作品には、そんな生きづらさを抱えた10代から20代の人物が多く登場する。学生時代はあなたもこんなふうに生きづらさを感じていたか、と尋ねると、住野は軽く噴き出した。

「自分も含めて、生きづらくない人なんてこの世界にいないと思っているんですよ。だから生きつらいことに焦点を当てた作品が生まれ続けるんだと思います」

自身も抱えた生きづらさは、住野にとって大切なテーマとなった。若さは苦しい。だからこそ美しい、と住野は言う。

「かたちが決まっていないものは美しくて、面白いと思うんです。若い人たちが揺れ動いているさまを、やはり描きたくなる。僕は、世間では<どうでもいいこと>が、その本人たちにとっては<世界のすべてであるかのようなこと>として描くことが好きなんです。たとえば、登場人物の死そのものは大きな問題ではない。世の中、毎日病気や事故で亡くなっている人はいるわけですから。でもそれを、遠くの景色ではなくて、そこだけにフォーカスを当てることで、どんな小さな世界にも物語があることを伝えたいんです」

住野は、一見<犬も食わないけんかのような出来事>もミステリアスに、登場人物の心の機微に寄り添って描く。クライマックスに用意された激しい感情の描写は、ある意味ミステリーの結末よりもショッキングだ。それは、いつでも、誰にでも起こりうる、リアルな物語だから。読むほどに感情移入し、読者はその世界にからめ捕られる。

「基本的に僕は、登場人物は全員、会ったことがないだけで、この世界のどこかにいると思っています。だから、これまではあまり舞台となる土地の名前など、固有名詞を書かないようにしてきました。読者さんにも、自分の街にこの子たちがいるかもしれないって思ってほしいから」

若さと生きづらさを描きながらも、「できるだけ生きづらい子がいない世の中であればいい」と祈っているともいう。生み出した作品の登場人物への愛情は、人一倍深い。

「生きづらさが学校や仕事場だけじゃなく、家にある人もいる。家族や結婚に縛られることで、苦しんでいる人は多いんじゃないでしょうか。それぞれ一人ひとりが権限を持って生きられる世界じゃないと、僕の本に出てくる子たちも苦しむと思う。みんな違う、でも、相手のことを考えることができる。そういう多様性がきちんと認められる社会であることを願いますね」

ネット上の言い争いは、見ていて不思議で仕方ない

フォロワーが10万人を超えたTwitterのアカウントを、住野は今年、突然削除した。現在は出版社が管理する代筆アカウントが機能している。やめた理由は、コロナ禍の影響も大きかった。

「コロナ禍に入って、SNSでの振る舞い方が、これまで以上に重要になってきましたよね。Twitterに頭と心を割かれ、容量を持っていかれてしまうと感じたんです。『住野よるとしての自分を見せなきゃ』とかプレッシャーを感じていることに気がついた。寂しくもありますが、僕は小説を書くことに注力したほうが読者さん達も喜んでくれると思うんです」

SNSには大きな分断が起きていると思う、と住野は言う。毎日どこかで起こる炎上。コロナ禍で頻発した自粛ポリス。ネット上の誹謗中傷により、深い傷を負う人が後を絶たない。

「べつに、読者の皆さんが誰を支持していようと、どんな有名人が好きでも嫌いでも、どうでもいい。ただ、ネット上で繰り広げられる言い争いとかを見ていると、『今までの人生でどこかが違えば、自分も相手と同じ立場だったかもしれない』って、僕も含め皆が思えたらいいなと思います。そう思えば、簡単に自分の立場を決めることなんてできないと思う。その曖昧さと諦めずに付き合っていきたい」

自身がSNSから距離をとっているように、住野は作品において、これまでSNSを多くは扱ってこなかった。現代の若者にとってSNSは、切り離せないテーマではないのか。

「確かにSNSは本当に巨大なものになっています。現実よりもSNSのほうがメインになってしまっている人もいるんじゃないですか。ただ、少しSNSを描いた『青くて痛くて脆い』も、テーマはそこにはなかったので。今後、ちゃんと描くことがあるとするならば、SNSがなければ存在しないような物語にしてみたいな、と思いますね」

2020年をだるま落としみたいに、全員でなかったことにしたい

映画化・漫画化された作品がいずれもヒットするなど、今、メディアミックスの原作者としても注目されている。

「メディアミックスは、原作ファンの気持ちを傷つけないものであればいい、と思ってます。原作に忠実であってほしいわけではなくて、その作品が持つ価値観を保ってほしいし、何より面白くあってほしい。『か「」く「」し「」ご「」と「』という作品のコミカライズを、二駅ずいさんが手がけてくれているんですが、好き勝手やってもらってるんですよ。二駅さんの能力に惚れ込んでいます。原作にないシーンもガシガシ入ってるし、原作にはない色っぽさがあったりして、それでもやっぱり原作の価値観が保たれている。もちろん二駅さんの能力によるものが一番大きいのですが、原作の持つ意思を伝えられるからというのもあると思います。ただ、映画はとんでもない人数が関わってきますから、全員と気持ちを共有するのは難しい。そこは原作者として、要望をきちんと伝えなければならない面があり、それが自分の責任かな、と思います。原作と原作の読者さんを、大切に思ってくれる人にやってほしいですね」

『か「」く「」し「」ご「」と「』より (c)住野よる/二駅ずい/新潮社

この秋、住野はロックバンドTHE BACK HORNとコラボレーションした長編『この気持ちもいつか忘れる』を発表した。作家とミュージシャンが構想段階から打ち合わせを重ね、創作の過程も共有。5曲入りのCD付きで発売された。

小説では、異世界との接点で繰り広げられる恋愛、意思の疎通が描かれる。住野の文学、THE BACK HORNの音楽という別世界が重なり合って生まれるものが、物語のテーマと共鳴し、作品の世界をより印象深くする。

「THE BACK HORNのメンバーさんたちと、『境界線を越えたい』という話をしていて。文学と音楽、内容も、境界線を越えて、同時につくられるものが読者さんとリスナーさんのもとに届けばいいな、と。さきほどSNSについてもお話ししたように、今、この世の中を生きる中で、『自分も一歩間違えばこの人の立場だったかもしれない』ということを考えて書きました」

今も新たな作品を、のたうち回りながら、深夜に書き続けている住野。SNSやコロナ禍など、気になる社会的なテーマをどう取り入れていくか、思案している最中だ。

「入学したのに一度も学校へ行けてないとか、内定を取り消されるとか。学生さんたちにとっても大変な年になりましたよね。2020年をだるま落としみたいに、全員でなかったことにしたいくらい。若い人たちの選択肢が、こういう状況で潰されていくさまを見るのは苦しい。でも、もしかしたら、今後の人生においては、何が幸せかはわからない。大学にちゃんと行けなかったから逆によかった、ということもあるかもしれない。少しでも、若い世代の可能性が広がっていく世の中になっていけばいいと思っています」

揺れ動いて傷つきながら、希望を探し続ける人間を、本気で応援している作家。それが、住野よるだ。作者本人が「実在している」という物語の主人公たちは、すぐそばにいるかもしれないし、あなた自身かもしれない。

住野よる(すみの・よる)
高校時代から執筆を開始。2015年のデビュー作『君の膵臓をたべたい』が大ベストセラーに。著書に『また、同じ夢を見ていた』『よるのばけもの』『か「」く「」し「」ご「」と「』『青くて痛くて脆い』『麦本三歩の好きなもの』など。この秋、小説家×ミュージシャンのコラボ作品『この気持ちもいつか忘れる』をTHE BACK HORNと刊行した。

この記事へのご感想やご意見、または「Yahoo!ニュース 特集」で今後取り上げてほしいテーマをお寄せください。



著者: ” — news.yahoo.co.jp

続きを読む
仕事のニュース59分 前に投稿,

剛力彩芽、フリー転身後初の「囲み取材」 前澤氏関連の質問にどう答えたか: J-CAST ニュース【全文表示】

日本の働き方4時間 前に投稿,

内閣官房、日本銀行、情報処理推進機構、日本ハッカー協会などが登壇 「Security Days 2020 (セキュリティデイズ2020)」~10月7日(水)~9日(金)開催~|株式会社ナノオプト・メディアのプレスリリース

東京求人ニュース5時間 前に投稿,

クラウド型 採用管理プラットフォーム 『PASONA Crossing』北米、アジアの10カ国・地域で 10月1日提供開始 投稿日時: 2020/10/01 17:18[PR TIMES]

求人を探す8時間 前に投稿,

転職サービス「doda」、 大阪府の「OSAKA求職者支援コンソーシアム」に参画 『新型コロナウイルス感染症に伴う「再就職・転職」応援企画』 特設ページを公開|パーソルキャリア株式会社のプレスリリース

日本の働き方10時間 前に投稿,

AvePoint Japan、Microsoft 365向け統合ソリューションをシネックスジャパンのチャネルパートナーに提供開始 | 朝日新聞デジタル&M(アンド・エム)

東京求人ニュース11時間 前に投稿,

「Go Toキャンペーン」使う予定ある? みんなのリアルな声は… | マイナビニュース

日本の働き方16時間 前に投稿,

【音声付・入山章栄】正解なき時代は「実現したい自己」が問われる。いま日本社会に必要な“NX”とは |

東京求人ニュース17時間 前に投稿,

香取慎吾が民放ドラマ5年ぶり出演&33年ぶりのテレビ東京でのドラマ出演!SNS誹謗中傷問題に焦点を当てた、全く新しいサスペンスドラマが誕生!/アノニマス ~警視庁“指殺人”対策室 | テレ東からのお知らせ : テレビ東京

日本の働き方22時間 前に投稿,

人と人が会うことがこれほど貴重になるとは ── 日本郵便で働く責任感と希望。【エッセンシャルな女性たちの言葉 vol.3】 | Vogue Japan

東京求人ニュース23時間 前に投稿,

地域×コワーキングスペースの「Work Lounge WACRÉ(ワクレ)」が神保町・水道橋エリアに11月1日OPEN!!|株式会社WACREのプレスリリース

東京求人ニュース3か月 前に投稿,

トヨタのWoven City構想、自動運転レベル3解禁…2020年上半期、業界10大ニュースは? | 自動運転ラボ

東京求人ニュース6か月 前に投稿,

デザインとアートのコンペティション「TOKYO MIDTOWN AWARD」13回目の開催が決定。デザインコンペのテーマは「DIVERSITY」 | デザイン情報サイト[JDN]

東京求人ニュース6か月 前に投稿,

Kaizen Platform、パーソルキャリアが提供する業界初の動画求人広告サービス「dodaプライム」を共同開発|株式会社Kaizen Platformのプレスリリース

日本の働き方6か月 前に投稿,

世界の名だたるデザイン賞を受賞 Rig DogTM 耐衝撃保護手袋発売のご案内|日本ハネウェル株式会社のプレスリリース

日本の働き方6か月 前に投稿,

出社はオフ会に?「アフターコロナ」の日本で、働き方や人事はこう変わる |

東京求人ニュース6か月 前に投稿,

“今井麻美 Winter LIVE「Flow of time」”東京公演リポート。声優20周年、歌手10周年のメモリアルイヤーを沼倉愛美さんと締めくくり!

新生活の準備はOK?6か月 前に投稿,

【GRWM】前田希美。ある日の支度の様子

日本の働き方6か月 前に投稿,

NewsPicks Brand Magazine Vol.2が3月31日より販売開始に。これからの「はたらき方・生き方」がテーマ|Uzabase, Inc.のプレスリリース

日本の働き方5か月 前に投稿,

「SaaS on SaaS」でBox Platformが選ばれる理由‐日本リリースから1年、Box社担当部長が語る戦略と展望 – 経営企画・マーケティング

求人を探す4か月 前に投稿,

しあわせのDIY、みんなで楽しくやっちゃおう! グリーンズが開発した「いかしあうつながりデザインカード」とは | greenz.jp グリーンズ

人気