Connect with us

仕事のニュース

WEB特集 “待遇改善”のはずが月給減? 非正規公務員の新制度とは |

Reo Kobayashi

-

日付:

“待遇改善”のはずが月給減? 非正規公務員の新制度とは
「ボーナスが出るかわりに、月給が減ることになりました」
非正規公務員の待遇改善をうたった新しい制度がスタートするのを前に、私たちのもとにこうした声が相次いで寄せられました。

「正規職員と同じ仕事をしているのに給料が安い」
「責任と待遇が、見合わない」
全国64万人にのぼる非正規公務員。その実態の取材を続けてきた私たちは、新たな制度がこうした人たちの待遇改善につながるものだと考えていました。

ところが、その実態は思いもよらないものになっていました…。
(「非正規公務員」取材班)

ボーナスは出ても月給が減る!?

制度への期待が裏切られたという40代の女性に話を聞くことができました。

公立図書館で司書として週5日働く女性は、月収18万5000円、手取りは約14万円です。

「新年度からボーナスが支給される」

女性は“少しでも生活がよくなるのではないか”と期待を寄せていました。
しかし、提示された勤務条件に落胆せざるを得ませんでした。

年間2.6か月分のボーナスが支給される一方で、月収は16万2000円。手取りでは12万円ほどに減ってしまうというのです。ボーナスが新たに支給されますが、年収は今と変わりません。

女性は毎月、住宅ローンを支払いながら家族の生活も支えています。
毎月の減った収入を補うため、4月からは仕事のあとや休日を使って清掃や工事現場でのアルバイトを始めようと考えています。

「ボーナスが出ると言っても月収から引かれている分が戻ってくるだけなので、何も変わらないというのが現状です。頑張ろうと思っていた気持ちが一気に萎えてしまって、この制度改革は何だったのかなって」

難しい名前の新制度って…?

4月から始まる新たな制度には「会計年度任用職員制度」という名前が付けられています。その中身は非正規公務員の人たちの待遇改善につながる大きな制度変更のはずでした。

自治体の財政が厳しさを増す中で、教育や子育てなど行政サービスへのニーズは拡大。非正規公務員とよばれる臨時や非常勤の職員は、それを最前線で支えてきました。

新しい制度ではこうした人たちの仕事内容を精査し、4月から民間で始まる同一労働同一賃金の考え方を公務員の世界にも当てはめようというものでした。ボーナスにあたる「期末手当」の支給などを盛り込み、非正規公務員の待遇改善を図ろうとしたのです。

しかし私たちに寄せられた多くの声は、その意図とは違う方向を指し示しています。
いったい、何が起きているのでしょうか?

相次ぐ月給減 新しい制度に何が

私たちは全国の県庁所在地、政令指定都市、そして東京都と東京23区の合わせて75の自治体に、新しい制度下で、月々あるいは年間の給与が減る職員がいるのか、取材しました。

すると、このうち31の自治体が「毎月の給料が減る職員がいる」と回答したのです。

このうち多くの自治体が「月給が減る分、ボーナスを支給するので年収では変わらない」などと答えましたが、10の自治体は「年収ベースでも減となる」と回答しました。

その理由には「フルタイムの職員をパートタイム化して、勤務時間を減らした」「ボーナスの代わりに毎月の給料に上乗せしていた分を減らした」といったものがあがりました。

そして多かったのが「勤務や給与体系を見直した」というもの。仕事内容や責任を正規の職員と比較し、均衡を図るために見直した結果だというのです。

専門家は次のように指摘します。

地方自治総合研究所 上林陽治研究員
「制度は非正規公務員の待遇改善が趣旨でしたが、それにつながっていない実態が明らかになったと思います。行政サービスの最前線を担う非正規公務員の待遇改善が進まなければ、自治体が行政サービスを提供できなくなります。それは最終的に、子育てや医療、あるいは貧困、家庭内の暴力に直面している人など、行政からの支援が必要な人たちが支援を受けられなくなることにもつながりかねないと危惧しています」

行政サービスの支え手がいなくなる!?

いまや市区町村の職員の3割を占める非正規公務員の待遇改善が進まなければ、行政サービスの質の低下にもつながりかねない。取材を進めると、それが現実になりつつあるのではないかと感じさせる事態に出会いました。

公立病院の非常勤の看護師として働く50代の佐藤さん(仮名)です。かつては正規職員として働いていましたが、体調を崩したことをきっかけに8年前から非常勤に。ただ、今も週に5日、正規職員とほぼ変わらない時間働き、同じような業務を担っています。

ただ、佐藤さんが勤める公立病院では、いまある異変が起きています。

待遇改善を図るはずの新制度。
しかし、佐藤さんの月給は3万円から7万円ほど減り、ボーナスは出ても減った分を補えるほどではなく、少なくとも来年度は年収も減少。待遇が実質的に“悪化”するのです。

同僚にも同じように、収入が下がる人がいます。

その結果、長年にわたって病院を支えてきた複数の非常勤の看護師が、新年度から病院を去る決意をしたというのです。

佐藤さん
「すごくよくやっていたベテランの人たちが辞めていく。現場としてはかなり痛い。新しい人が入っても、1人がついて指導をすると、他の人の仕事量が増える。結果的に患者さん一人一人に関わる時間が減るんじゃないかなという心配はあります」

対応に苦慮する 自治体では何が

なぜ待遇改善を進めるのが難しいのか、自治体側がこの新しい制度をどのように導入しようとしているのか取材しました。

人口約27万人の水戸市です。
市の一般会計は年間1200億円。このうち180億円余りが人件費です。
15%を占める人件費を抑えながら多様化する行政サービスに答えようと、非正規職員の採用を年々増やしています。今では全職員の3分の1、約900人が非正規です。

市では非正規公務員の月給を下げずに、全員にボーナスを支給することを決めました。

水戸市人事課 坂場賢治副参事
「水戸市の規模だと1000人近い非常勤職員が働いています。その方々に期末手当を支給していくとなると、かなり大きな額が必要になります」

パートタイム化に 民間への委託も

そこで水戸市がとった策が非正規公務員の“パートタイム化”でした。市で働く非正規公務員の1割に当たる71人については、仕事内容を見直し、1日の勤務時間をフルタイムの7時間45分から7時間30分に、15分、短くしました。
どのような仕事を担ってもらうのか改めて検討した結果として、人件費を低く抑えられることに加えて、退職金などを支払う必要もなくなったということです。

水戸市の場合、新年度の人件費は前年より2億4000万円余り増加します。

坂場副参事
「行政サービスへの需要も高まる中で、非正規も必要であることには変わりありません。どれだけの給与水準が必要で、保っていけるのかという部分のバランスを見ながら制度を運用していきたい」

市では、非正規公務員が中心となって運営していた小学校の開放学級(学童保育)を来月から民間委託するなど行政サービスの見直しを進めることで、財政負担の軽減を図っていくとしています。

新制度 旗振り役の総務省は

この制度の旗振り役となってきたのは地方自治を担当する総務省です。制度の導入による人件費増加に対応するため、地方交付税として総額1700億円を全国の自治体に配分することにしています。

去年12月にはこんな通知を出していました。

財政悪化を理由に、
▽フルタイムで働いていたのに合理的な理由もなく勤務時間を短くしないこと。
▽ボーナスの支給にあわせて毎月の給料を減らさないこと。

ただ取材では、その正反対のことが起こっているようにも見えます。

総務省
「これまでの給与決定の方法を見直すことで、給料水準が下がってしまうことはありうることだ。ただ財政上の制約だけを理由に給料や報酬を削減するといった対応は法改正の主旨に沿わないとする通知を出している」

希望の光はどこへ

私たちが取材を重ねる中で出会った多くの“非正規公務員”。仕事に誇りを持ち、やりがいを感じ、待遇が悪くても自治体の懐事情を鑑みて仕事を続けてきたという人たちばかりでした。

こうした人たちにとって「同一労働同一賃金」という民間にならった、新たな制度は希望の光だったに違いありません。

しかし取材を進めていくと、制度が待遇改善につながっていないケースがあるだけでなく、非正規公務員が辞めてしまうことで行政サービスの維持が難しくなるのではないかという声も出始めていることが分かってきました。

そして、そのサービスというのは病院や学童保育、児童虐待など、私たちの生活に欠かせない分野です。

取材した自治体の中には新しい制度の下でも、月給を維持して手当を支払うなど、待遇改善につなげているところもありました。話を聞くと「これだけ人手不足の中で住民へのサービスの質を維持するには、専門的な分野を担う非正規の人たちの人件費や処遇を下げるということは考えられなかった」と話しました。

まさにいま私たちが向き合わなければならないのは、この「行政サービス」の在り方そのものです。人口減少で税収が減る日本社会において、負担を増やさずに今と同様のサービスを享受することはもはや難しいのが現状です。

新型コロナウイルスの感染拡大で改めて分かったのは、医療や学童保育などの行政サービスによって私たちの生活が支えられているということ。

そのサービスを最前線で担ってきたのが“非正規公務員”の方たちです。

新たな制度のもとで、非正規公務員の待遇改善がきちんと進むのか。
私たちの暮らしに直結するこの問題を、これからも検証し続けていきます。

「ニュースポスト」から、みなさまの声をお待ちしております。「非正規公務員」と題してお送りください。

横浜放送局
寺島光海

水戸放送局
齋藤怜

ネットワーク報道部
成田大輔

ネットワーク報道部
國仲真一郎

著者: ” — www3.nhk.or.jp

続きを読む

仕事のニュース

休校、テレワーク、外出自粛…自宅で過ごす時間を応援したい“Stay Home Stay Tuned” TOKYO FM 家で仕事や学習しながらラジオ&音声コンテンツを聴こう!

Riku Nakamura

-

日付:

投稿者:

今週から、通常のニュース枠に加えて、「新型コロナウイルス関連情報コーナー」を増設。感染症専門医といった専門家へのインタビューや、海外在住のジャーナリストからのレポートなどを含めて、新型コロナウイルスに関連したニュースや生活情報を常時お届けしていきます。また、平日ワイド番組では、「子どもリモート相談室」や「リモートワークリクエスト」など、在宅リスナーに向けての企画も併せてスタート。リスナーが今をどのように過ごしているかなどのメッセージも随時受付・紹介していきます。
さらに、全国のFMラジオ局の番組が無料で聴けるラジオアプリ 「JFN PARK」では、配信限定プログラムも配信しています。ニュース、絵本の読みきかせ、人気声優やアーティストなど200以上の番組の中から、お好みのものを好きなタイミングでお楽しみください。
「Stay Home, Stay Tuned TOKYO FM」特設サイト( https://park.gsj.mobi/news/show/65181
なお、TOKYO FMでは、放送継続に向けて、番組出演者・制作者の皆様へ安全な環境を提供することを第一に考え、新型コロナウイルス対策を実施しています。( https://www.tfm.co.jp/company/pdf/news_7140d831275adc53c32974441beba4575e86bf07db8cd.pdf
 

  • 平日の生放送プログラムでは、あなたからのメッセージやリクエストをお待ちしています。

◆ONE MORNING(月~木曜 6:00~9:00)
パーソナリティ:鈴村健一、ハードキャッスル エリザベス
◆ONE MORNING FRIDAY(金曜 6:00~9:00)
パーソナリティ:山崎樹範、ハードキャッスル エリザベス
朝のニュース情報プログラム。新型コロナウイルス最新情報を随時お届けします。

番組HP( https://tfm.co.jp/one/

◆Blue Ocean (月~金曜 9:00~11:00)

パーソナリティ:住吉美紀 

様々なお悩み相談などをお届けしています。

毎週金曜日には、子どもたちの休校が続く中で生じたお悩みに専門家が答えるコーナー「子どもリモート相談室」を特別設置。子どもたちからのお悩み相談受付中です。

番組HP( https://tfm.co.jp/bo/

◆LOVE CONNECTION  (月~水曜 11:30~13:00)

◆LOVE CONNECTION FRIDAY(金曜 11:30~12:00)


パーソナリティ:LOVE  

ランチタイムを彩る音楽番組。現在、銀座ソニーパークからの公開放送を中止し、

TOKYO FMスタジオから生放送中。

番組HP( https://tfm.co.jp/love/

◆高橋みなみのこれから、何する? (月~木曜 13:00~14:55)

パーソナリティ:高橋みなみ

働く女性リスナーのリアルを受け止めて、高橋みなみ自身が一緒に学び、悩み、歩んでいくプログラム。番組HP( https://tfm.co.jp/korenani/

毎日14:30頃には親子の時間を応援するコーナー絵本「よ・み・き・か・せ」を放送中。現在、JFN PARKでも配信しています。

◆THE TRAD (月~木曜 15:00~16:50)

パーソナリティ:月・火 稲垣吾郎、吉田明世

水・木 ハマ・オカモト、吉田明世

「上質な音楽を、じっくり味わう。」をコンセプトに、お届けしている音楽番組。

テレワーク、学習のお供に心地の良い音楽を。

番組HP( https://tfm.co.jp/trad/

◆Skyrocket Company (月~木曜 17:00~19:48)

パーソナリティ:マンボウやしろ、浜崎美保

働く会社員を応援するラジオの中の会社。

リモートワークの社員を応援する「リモートワークリクエスト」をスタート。

新型コロナウイルスによるリスナーの仕事の影響、状況のメッセージは随時紹介中。

番組HP( https://tfm.co.jp/sky/

◆TOKYO SLOW NEWS (月~木曜 20:00~21:00)

パーソナリティ:速水健朗(月~木)

毎週木曜パートナー:伊藤詩織(1・5週目)、堤未果(2週目)、

カリン西村(3週目)、浜田敬子(4週目)

「膨大な情報社会に“視点の転換”でニュースを」をコンセプトに分析や丁寧な深堀りをするニュースワイド番組。新型コロナウイルスについてもあらゆる面から情報をお伝えしていきます。

番組HP( https://www.tfm.co.jp/tokyoslownews/

◆SCHOOL OF LOCK! (月~金曜 22:00~23:55)

パーソナリティ:さかた教頭、こもり教頭

平日22時に開校するラジオの中の学校。全国の10代と向き合っていく。

Perfume、Mrs. GREEN APPLE、Official髭男dism、Eve、[Alexandros]、LiSA、サカナクション、豆柴の大群も曜日代わりで出演中。

休校中ももちろん平日毎日開校。休校中の10代の声に耳を傾け、全国のリスナーに届けていきます。

番組HP( https://www.tfm.co.jp/lock/

 

無料のラジオアプリ JFNPARKでは、全国のFMラジオ局の番組がお楽しみ頂けます。
さらに、いつでもどこでも聴ける配信限定プログラムも配信中。
ニュース、絵本の読みきかせ、人気声優やアーティストなど200以上の番組をお聴き頂けます。
https://park.gsj.mobi/
App Store、Google Playからダウンロード可能。
 

 

著者: ” — prtimes.jp

続きを読む

仕事のニュース

“コロナが怖い” こころの悩み相談が殺到 |

Riku Nakamura

-

日付:

投稿者:

“コロナが怖い” こころの悩み相談が殺到

「コロナが怖い。不安で眠れない」。「コロナ休みで1ヶ月以上、他人と会話してない」。「いまだ満員電車で通勤する日々。不安しかない」SNS上には、新型コロナウイルスに関するこうした不安の声があふれています。でもどうか、ひとりで悩まないでください。誰かにその悩みを打ち明けてください。きっと、ひとりじゃないって気付くと思います。

つながらない…こころの悩み相談が殺到

厚生労働省の補助事業として3月18日から始まっている、インターネット上での心の相談窓口。新型コロナウイルスに関する不安や悩みについて、心理カウンセラーに1対1のチャット形式で相談することができます。3月31日までの2週間で寄せられた相談は600件以上。最大10人以上の相談員で対応していますが、連日、相談が殺到し、アクセスしにくい状況となっています。3月のみの予定でしたが、急きょ、4月以降も続けられることになりました。

ウイルス感染が怖い…

新型コロナウイルスに関してどんな悩みが寄せられているのでしょうか。心理カウンセラーでつくる団体「全国心理業連合会」の担当者に話を聞きました。いちばん多いのが、「ウイルス感染への恐怖や不安」だということです。その相談の概要をさらに聞いてみるとー。「外出して家に帰ってきたら、2時間くらいかけて手を洗ってしまうんです。手とか腕とか顔とか、ウイルスがついてるんじゃないかって怖くて…」。「ウイルスに感染してしまうんじゃないかと思ったら怖くて不安で眠れないんです。感染するくらいならもう死んでしまった方がマシだと思ってしまうくらい」いずれも心配になる内容のものばかりです。担当者の話では、もともとそれほど衛生面について気にしていなかったような人でも新型コロナウイルスに関しては相当敏感になってしまい、日常生活に支障がでかねないようなケースも多いといいます。

収入がほとんどないもう心中するしかない…

次に多いのは「仕事や生活に関する悩み」、特に収入についてです。新型コロナウイルスの影響で収入が減ってしまい、この先の生活が見通せない人も多いといいます。これは、夜の飲食店で接客の仕事をしている女性からの相談です。「お客さんが来なくて収入は4分の1まで減ってほとんどない状態。私が親を養っているうえ、借金の返済もあって家賃も払えない。もう、どうしたらいいか分からないし、心中するしかないと思う」。こうした仕事への不安は、夜の飲食店業や日雇いのアルバイト、それに個人事業主など組織に所属していない、相談できる場所が少ない人たちからが圧倒的に多いといいます。そして、いずれも生活が行き詰まりかねない、深刻なものが多いといいます。

一人で悩まないでとにかく誰かに相談して

厚生労働省から相談事業の委託を請け負っている全国心理業連合会の浮世満理子代表理事に話を聞くと、首都圏などでは行政からの外出自粛要請もあり、相談内容はさらに深刻になってきているといいます。浮世さんは次のように話しています。「外出しないと人と話すことも少なくなって孤独を感じ、一人で悩んでしまいがちです。不安なことは、とにかく誰かに相談してほしいです。自分が住んでいるところの市区町村の窓口やNPO団体などに話をしてみてほしい。自分だけでは分からなかったサポートや支援がいろいろあることに気付くと思います。新型コロナウイルスに関していちばんつらいのは、いつになったら終わりが見えるのか全く分からないこと。自分でコントロ-ルできないことが大きなストレスになります。でもそれはみんな同じ。みんな悩んでいます。まわりの人と悩みを共有して共感し合って、少しでもストレスを発散してほしいです。どうか、ひとりで悩まないでください」。

著者: ” — www3.nhk.or.jp

続きを読む

仕事のニュース

ビジネス特集 緊急報告 “コロナショック”地域の悲鳴 |

Riku Nakamura

-

日付:

投稿者:

緊急報告 “コロナショック”地域の悲鳴

新型コロナウイルスの影響を多くの日本人がはっきりと意識したのは、ことしの1月下旬。日本の観光地から中国人旅行客の姿が消え、中国・武漢の封鎖で、日本企業の現地生産が停止したときでした。そこから2か月余りで想像を超える事態が、現実になっています。見えないウイルスの猛威は、わたしたちの日々の暮らしや、地域の経済に深刻な痛みをもたらしています。今、何が起きているのか。新年度が始まった地域の声を全国でいっせいに取材しました。

インバウンドが消えて

中国からの旅行者が急減し、日本を訪れた外国人旅行者はすでに2月の時点で、前年比58%減。それ以後、世界中の国からの入国が制限・拒否が決まり、4月、5月と、旅行者が、さらに落ち込むのは避けられません。

各地のホテルや旅館の予約はキャンセルが続出。インバウンドの盛り上がりが地域経済を支えてきただけに、日本中の観光地から厳しい声があがっています。

経験したことのない危機

「考えられないことが目の前で起きている。経験したことのない危機だ」

歯ブラシなどアメニティーグッズを製造し、全国のホテルなどに販売する愛媛県のSANYOホールディングスの武内英治社長は危機感をあらわにしました。

3月後半、当て込んでいた取引先からの受注がストップ。倉庫には、大型連休の需要の増加に備え、増産していた在庫が積み上がっていました。

東京オリンピック・パラリンピックの需要拡大を見込んで、およそ8億円をかけて新工場を建設。3月10日に竣工したばかりでしたが、今は操業を停止しています。

武内英治社長
「旅行客が増え、われわれがホテルを支えるという構図が土台から崩れたような感じだ」

会社は生産態勢の大幅な見直しを迫られています。

仕事が週2日か3日に

ホテルにシーツやタオルを貸し出すリネンサプライ業も打撃を受けています。

さいたま市のリネンサプライ会社、べネックは、東京都心や東京ディズニーランド周辺のホテルと取り引き。外国人旅行者の増加で業績を伸ばしてきましたが、2月半ばから売り上げが急減。シーツ、タオルを洗濯する栃木県の工場は1年中休みなく稼働してきましたが、3月からは週3日の休みを設けました。

「これまで週5日働いてきましたが、週2日か3日の勤務になりました。目に見えて仕事が減って不安です」

工場で働く女性従業員は心配そうに話しました。

収束、待つしかない

影響は水産業にも及んでいます。

岩手県大船渡市であわびの養殖を手がける北日本水産。東日本大震災で全壊した養殖施設を6年前に復旧させ、ホテルや飲食店への販売を増やしてきました。

しかし新型コロナウイルスの影響で売り上げは1年前の半分ほどに落ち込みました。あわびの輸出も手がけてきましたが、税関が封鎖されて送り返されてくることもあるといいます。

古川季宏社長
「八方ふさがり。収束を待つしかない」

インバウンドの落ち込みにとどまらず、国内の感染拡大がとまらず、自粛の動きも日に日に強くなっています。北海道・函館のタクシー会社。山梨・富士河口湖町のホテルやレストラン、おしぼりをリースする中小企業。新潟・燕市の金属加工会社。先の見えない不安が全国に広がっています。

リーマン以来の危機に身構える

一方、インバウンドとともに厳しい声が相次いだのが自動車関連です。

2008年のリーマンショックを経験した各地の企業は、危機の再来に身構えています。

愛知県清須市の自動車部品の金型メーカー、エムエス製作所は、中国の工場が2月下旬までおよそ1か月操業停止となり、インドの工場も生産停止に追い込まれました。

日本でも4月に見込んでいた受注の3分の1が無くなりました。

「これまでの会社の歴史の中で、いちばんの危機にあるということだけは確かだ」

迫田邦裕副社長は、自動車生産が世界中で一斉に落ち込んでいることを強く警戒しています。

社員の生活を守る

大阪・八尾市の金属部品の加工会社、理化工業は、従業員およそ70人。自動車部品に熱処理を施して強度をあげる事業を手がけています。電気自動車の軽量化のため需要が伸びるアルミを熱処理する新たな設備を3億円かけ作ることを計画していました。しかし、感染拡大が続く中、急きょ投資を凍結しました。

森嶋勲社長は、今は巨額投資のリスクは避け、守りを固める時期だと考えています。

森嶋勲社長
「社員の生活を守っていくのが中小企業にとっていちばん大きなテーマ。これから来るショックに備えておかないといけない」

いつまで耐えればいいのか

コロナウイルスで急ブレーキがかかる深刻な状況を何とかしのごうと、いま多くの企業が資金繰りの手当てなどに走っています。政府は、実質的に無利子・無担保で融資を受けられる資金繰り支援を始め、民間金融機関もさまざまな対応に乗り出しています。

東京・港区に本店がある芝信用金庫は500万円以内であれば支店の判断ですみやかに融資する特別の仕組みを導入。

「お客さんが事業を継続できなければ、私たち信金も生き残っていけない」

信金の橘新治常務理事は、取引先を支えなければ、将来の地域経済の地盤沈下につながりかねないと危機感をあらわにします。しかしウイルスの感染はおさまらず、暮らしや地域経済も日に日に停滞の度合いを深めています。

「いつまで耐えればいいのか」

厳しいですが、今はまだわかりません。

著者: ” — www3.nhk.or.jp

続きを読む

仕事のニュース

大阪市 今月19日まで休校休園|NHK 関西のニュース

Riku Nakamura

-

日付:

投稿者:


大阪市は、新型コロナウイルスの対策本部会議を開き、大阪府内での感染拡大を踏まえ、現在、春休み中の大阪市立の小中学校と幼稚園について、休み明けの今月8日から今月19日まで、休校、休園とすることを決めました。

大阪市は、大阪の府立高校などが、大型連休が終わる来月6日まで休校となったことを受けて、3日、開いた対策本部会議で、春休み中の大阪市立の小中学校と幼稚園について、新学期からの対応を協議しました。
そして、府内での感染が拡大していることや、保護者から不安の声が寄せられていることなどを踏まえ、春休み明けの今月8日から今月19日まで休校、休園とすることを決めました。
始業式については、教室の人数を20人程度に制限したうえで、今月8日に実施することにしています。
また、休校の期間中は、週に2回程度、登校日を設けて、学習用のプリントを配布するほか、教育委員会が作った授業の動画を、ユーチューブで配信することにしています。
一方、市が管理する施設での集会やイベントについては、6月末までの期間、参加者の間の距離を2メートル以上とるなど、一定の条件を満たさない場合は、実施を認めない方針を確認しました。
また、会議では、松井市長が、重篤な患者を治療する体制を拡充する必要があるとして、定年退職した公立病院の医師や看護師に協力を求めるよう指示しました。
会議のあと、松井市長は、記者団に対し、「小中学校についてはきめこまやかに対応し、2週間スパンで状況を見ながら判断したい。子どもも保護者も精神的にいっぱいいっぱいだ」と述べました。

【休校 休園の延期について保護者は】。
大阪市の小中学校と幼稚園の休校、休園の延期について、市内の保護者に聞きました。
新たに中学生になる子どもを持つ50代の母親は「休校が延長してよかった。ずっと家にいるのでご飯の準備などは大変だが、学校に行って感染が拡大するよりはいいと思うので妥当な判断だと思う。いまは感染拡大を抑えることがいちばんだと思う」と話していました。
一方、幼稚園の子どもと今月、小学生に入学する子どもを持つ30代の母親は「仕事もしているし、子どもをどうするか悩んでいる。いまはずっと家にいるが、外に出たいとよく言うのでなだめるのが大変だ。早く感染が収まってほしい」と話していました。

【大阪府内小中校 休校(3日午後5時)】。
大阪府内の自治体では小中学校を休校とする動きが広がっています。
新学期からの学校再開について大阪府は2日、府内の市町村に対し大型連休が終わる来月6日まで休校するよう要請しています。
NHKが政令市と中核市のあわせて9つの自治体に取材したところ、3日午後5時時点で、大阪市、堺市、豊中市、高槻市、枚方市の5つの自治体が新学期からの再開を見送り休校することを決めました。
▽大阪市は4月19日まで休校とし、▽堺市、豊中市、高槻市、それに枚方市は大型連休が終わる来月6日まで休校するとしています。

著者: ” — www3.nhk.or.jp

続きを読む

仕事のニュース

春の眠気対策! 体内時計をコントロールする昼寝術 – ウェザーニュース

Riku Nakamura

-

日付:

投稿者:

top

2020/04/03 05:50 ウェザーニュース

春の陽気に、眠気で困ってはいないでしょうか。また、新型コロナウイルスが収束するまで、リモートワーク、在宅勤務を推奨する企業も増えており、いつもと違ったリズムで生活をしている人も多いかと思います。在宅勤務でも1日すっきり活動し、夜の睡眠にも役立つ体内時計の整え方について、眠りのプロに教えていただきます。

box1

著者: ” — weathernews.jp

続きを読む
日本の働き方1時間 前に投稿,

WIRED UNIVERSITY講義動画シリーズ:横石崇による「リモートワーク学」をライヴ配信!|WIRED.jp

新生活の準備はOK?1時間 前に投稿,

やりたくない!チャレンジ

東京求人ニュース1時間 前に投稿,

テレワークの課題は?家族と一緒に働くってどんな感じ? | ライフハッカー[日本版]

日本の働き方7時間 前に投稿,

女性400名に聞いた「女性活躍」意識調査 ―『エンウィメンズワーク』ユーザーアンケート― | エン・ジャパン |

新生活の準備はOK?7時間 前に投稿,

病気を持っている人が就職の面接で絶対に言ってはいけないこと

東京求人ニュース8時間 前に投稿,

主演 増田貴久「見た後に少し心に余裕ができたり優しい気持ちになれると思います」/レンタルなんもしない人 | テレ東からのお知らせ : テレビ東京

新生活の準備はOK?13時間 前に投稿,

【新学期】なつみみの筆箱の中身紹介!

東京求人ニュース14時間 前に投稿,

第32回東京国際映画祭、グランプリはデンマーク映画「わたしの叔父さん」 : 映画ニュース – 映画.com

求人を探す18時間 前に投稿,

エン・ジャパンの採用支援プロジェクトを通じ、 環境省の3職種12名の入省者が決定! | エン・ジャパン |

日本の働き方19時間 前に投稿,

Slack Japan、ソラシドエアがビジネス用メッセージプラットフォーム「Slack」を全社導入:日経クロステック Active

日本の働き方5日 前に投稿,

新「MacBook Air」レビュー、進化したキーボードと価格設定はいかに 【CNET Japan 2020年04月02日】

東京求人ニュース1週間 前に投稿,

Kaizen Platform、パーソルキャリアが提供する業界初の動画求人広告サービス「dodaプライム」を共同開発|株式会社Kaizen Platformのプレスリリース

新生活の準備はOK?6日 前に投稿,

【GRWM】前田希美。ある日の支度の様子

東京求人ニュース2日 前に投稿,

デザインとアートのコンペティション「TOKYO MIDTOWN AWARD」13回目の開催が決定。デザインコンペのテーマは「DIVERSITY」 | デザイン情報サイト[JDN]

日本の働き方1週間 前に投稿,

NewsPicks Brand Magazine Vol.2が3月31日より販売開始に。これからの「はたらき方・生き方」がテーマ|Uzabase, Inc.のプレスリリース

東京求人ニュース2週間 前に投稿,

“今井麻美 Winter LIVE「Flow of time」”東京公演リポート。声優20周年、歌手10周年のメモリアルイヤーを沼倉愛美さんと締めくくり!

東京求人ニュース2週間 前に投稿,

転職サービス「doda」、Kaizen Platformと共同開発 業界初※・動画求人広告 「doda プライム」の販売を開始 ~実証実験では求人閲覧率・応募率ともに130%に増加~

新生活の準備はOK?1週間 前に投稿,

【GRWM】結婚式のお呼ばれ準備!メイク、ヘア、コーデ紹介!

仕事のニュース2週間 前に投稿,

News Up “首都封鎖”になったら 新型コロナウイルス |

新生活の準備はOK?1週間 前に投稿,

Hyun Bin and Son Ye-jin on work, healing, and what makes them happy | Couch Talk [ENG SUB]

人気