Connect with us

求人を探す

YOLO JAPAN、「特定技能」に対応した求人マッチングサービス「YOLO外国人社員」開始|日本で働きたい外国人の仕事探し・就職・転職支援メディア

Hana Sato

-

日付:

224の国・地域の10万人以上が登録する日本在留外国人向けメディアを運営する株式会社YOLO JAPANは6月20日、特定技能ビザを持つ外国人と求職者を探す企業をマッチングする新たなサービス「YOLO外国人社員」を開始したことを公表しました。

「YOLO外国人社員」では、同社の運営メディア「YOLO JAPAN」上に企業が求人情報を掲載することで、10万人以上の会員に対して、募集を告知することができます。これにより、海外から求人を招集する場合に比べ、費用と時間を抑えることができます。また、求人情報の一覧ページでは、特定技能ビザ対象の求人とそれ以外の求人情報がわかりやすく区別されて表示されるため、求職者は求人情報を探しやすく、企業は効率よく人材を募集できます。

求人情報一覧のイメージ求人情報一覧のイメージ
表示画面のイメージ表示画面のイメージ

そのほか、留学や家族滞在、技能実習の在留ビザを持つ外国人材に対して、特定技能ビザについて案内し、切り替えについての意思確認をする、特定技能ビザの取得サポートも行います。これにより、特定技能ビザで、長く日本で働くことができるようになることが期待されます。

特定技能ビザの取得意思確認画面イメージ特定技能ビザの取得意思確認画面イメージ
特定技能対象の14業種についての案内イメージ特定技能対象の14業種についての案内イメージ

さらに、求人情報を掲載している企業は、面接を実施する前に、応募者の日本語スピーキング能力や雰囲気を動画で確認することができるようになっており、初めて外国人社員を採用する場合でも安心して面接まで進めることができます。

自己紹介動画のイメージ自己紹介動画のイメージ

出入国在留管理庁によると、特定技能ビザが4月に創設されてから、約2か月で711人に発給されています。そして、この数は3年以内に30万人にまで拡大すると想定されています。人手不足が深刻な特定14業種において、この在留資格を持つ外国人は最長で5年間、日本で働くことができるようになっていますが、在留外国人の求職者が求人情報を探しにくい一方で、多くの企業がどのように外国人材を募集するかの道筋が定まりにくくなっているのが現状です。

現在、求職中の外国籍の方や、そうした人材を募集している企業は、こうした課題を解消すべく稼働し始めたYOLO JAPANの新サービスを活用してみてはいかがでしょうか。

【サービスサイト】YOLO JAPAN | 日本国内外の外国人/国際人のための求人サイト
【企業向けページ】社員求人掲載無料キャンペーン | 株式会社YOLO JAPAN
【コーポレートサイト】外国人の人材採用や海外向けの市場調査なら株式会社YOLO JAPAN
【関連ページ】YOLO JAPAN
【関連ページ】外国人向け求人サイトのまとめ
【参照ページ】新たな外国人材受入れ(在留資格「特定技能」の創設等)

The following two tabs change content below.

jopus編集部

jopus編集部は、さまざまな業界知識が豊富なスタッフが日本で働きたい(働いている)外国人留学生・社会人の皆様にとって役に立つ情報、ぜひ知っておいてほしい情報を分かりやすく解説しています。/外国人の仕事探し・就職・転職支援メディア「jopus」

jopus編集部

著者: ” — jopus.net

続きを読む

求人を探す

仕事・バイト探しはあらゆる求人情報が1つに集結した神アプリ『Indeed 求人検索』だけでOK!! [PR] | AppBank iPhone, スマホのたのしみを見つけよう

Riku Nakamura

-

日付:

投稿者:

進学を機に新たなバイトを始める方、将来に向けた就職活動に本腰を入れる方も多いのではないでしょうか?今回はそんなお仕事を探すみなさんにおすすめ、手軽に大量の求人情報を検索できる神アプリ『Indeed 求人検索』をご紹介します。(文:唐傘)

検索エンジンだから求人情報がまとめて見られる

『Indeed 求人検索』の最大の強みは、求人情報サイトではなく求人検索エンジンだということ!

自分にあった求人情報をたくさん見たいと思ったら、通常はいくつかのサイトや情報誌を確認する必要があって大変ですよね。

でもIndeedは検索エンジンなので、求人情報サイトや企業のコーポレートサイトなどのインターネット上にあるあらゆる求人情報をまとめて検索することができます。

インターネット上にある求人情報だけでなく、Indeedに直接投稿されている求人情報も豊富

つまり『Indeed 求人検索』さえダウンロードしておけば、あらゆる求人情報をまとめてチェックできちゃうんです!

仕事・バイト探しはあらゆる求人情報が1つに集結した神アプリ『Indeed』だけでOK!! [PR]

イメージが実際の仕事につながるフリーワード検索が便利

基本の検索方法は希望の勤務地と、キーワードを入れるだけなのでとっても簡単。希望の勤務地は「日本」や都道府県名などざっくりしたものでも検索できるし、居住地や学校の最寄り駅などピンポイントで指定して検索することもできます。

仕事・バイト探しはあらゆる求人情報が1つに集結した神アプリ『Indeed』だけでOK!! [PR] 仕事・バイト探しはあらゆる求人情報が1つに集結した神アプリ『Indeed』だけでOK!! [PR]

キーワードにはどんなワードを入れてもOK。例えば、「飲食店」や「書店」など、希望の職業ジャンルを入力して探すこともできます。「オシャレなカフェ」のようなこだわりのあるキーワードでもいいし、「読書」「サッカー」といった趣味や関心ごとで検索することも可能です。

また、この画面では合わせて「雇用形態」や「職種」、「仕事の特徴(スケジュール、待遇など)」、「給料」など、こだわりを細かく設定できるので希望の仕事をピンポイントで探せるのが便利です。

仕事・バイト探しはあらゆる求人情報が1つに集結した神アプリ『Indeed』だけでOK!! [PR] 仕事・バイト探しはあらゆる求人情報が1つに集結した神アプリ『Indeed』だけでOK!! [PR]

具体的にどんな仕事をしたいか決まっていない場合は、「短時間」や「駅近」などふわっとしたキーワードでも検索することができます。いろいろな職業の情報が表示されるので、自分の希望に合うお仕事がきっと見つかるはずです。

根っからのインドア派である私は、「在宅」という条件で検索。在宅の仕事は限られたものしかないと思っていたのですが、エンターテイメント系やクリエイティブ系など、予想をはるかに上回る充実ぶりで自分の認識をアップデートさせないとだめだなと反省しました。

また情報を見ることで、いろいろな職業を知るきっかけになるのもいいなと思いました。

例えば「ゲーム」で検索するとプログラマーやイラストレーターだけでなくプランナー、コピーライターなど関連職業もヒットして、「こんな仕事もあるのか、こんな風な関わり方もできるのか」と仕事に対する興味の幅がどんどん広がっていきました。

気になるものはお気に入り登録もできるので、空き時間についついチェックしてしまいますよ。

仕事・バイト探しはあらゆる求人情報が1つに集結した神アプリ『Indeed』だけでOK!! [PR]

「発見」タブにあるフィルター機能を使用すれば、理想の条件を選ぶだけで自分に合った求人を見つけることができます。

中でも「働きがい検索」では「自然と向き合う仕事」なら農林漁業、「人に教える仕事」なら保育士、教師、講師など、イメージに合わせた職種を教えてくれます。分野がかなり細かく分かれているので、自分に向いていそうなもの、ライフスタイル像に合っているものを選べるのが嬉しいところです。

仕事・バイト探しはあらゆる求人情報が1つに集結した神アプリ『Indeed』だけでOK!! [PR]
仕事・バイト探しはあらゆる求人情報が1つに集結した神アプリ『Indeed』だけでOK!! [PR]

「発見」では、ほかにも「人気の特徴・こだわり」、「企業クチコミ検索」、「給料検索」など、細やかな検索をすることが可能です!

仕事・バイト探しはあらゆる求人情報が1つに集結した神アプリ『Indeed』だけでOK!! [PR] 仕事・バイト探しはあらゆる求人情報が1つに集結した神アプリ『Indeed』だけでOK!! [PR]

気になる求人情報をタッチして掲載元で詳細を確認したり、Indeedに直接投稿している企業の求人情報ならそのままアプリから応募画面に進めるので、すぐに応募につなげられるのも嬉しいところです。

まとめ:今仕事を探してなかったとしてもダウンロードしておきたい!

ちょっと触っただけでも、その膨大な求人情報量に圧倒されます。自由なワードで検索できるので、自分が将来やってみたい仕事を探すのにも便利。「ゲーム」や「テレビ」など好きな単語で検索して、関連する仕事にはどんなものがあるのか見てみるのも新しい発見があっておもしろいです。

さらに今まさに仕事を探したい時は、フリーワード検索をする以外にも、フィルターで簡単に自分好みの情報を検索でき、そのまま応募画面に進めます。インターネット上のあらゆる求人情報を探すことができるので、『Indeed 求人検索』さえあれば求人サイトを何個も見比べる必要はありません。忙しい学生さんや社会人の方でも、アプリを起動するだけで短時間で仕事を探すことができます。

今まさに、転職・バイト探しをしている方はもちろん、今は探してなくてもどんな仕事があるのか知りたい方も、アプリから気軽に検索してみてください。きっと新しい発見があるはずです!

Indeed 求人検索 ・販売元: Indeed Inc.
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: ビジネス
・容量: 45.8 MB
・バージョン: 45.0
※容量は最大時のもの。機種などの条件により小さくなる場合があります。

著者: ” — www.appbank.net

続きを読む

求人を探す

【必見】ゲーム業界の求人を探すならココ!eスポーツゲーム開発に転職するには? | esports PLUS

Riku Nakamura

-

日付:

投稿者:

ますます盛り上がりを見せているeスポーツ。

作り手としてeスポーツ業界に貢献したい!

というゲームファンも増えています。

でも、いざゲーム業界に就職しようにも、

「専門的だから探し方がよく分からない」

という人も多いのだとか。

そこで今回はゲーム業界の知識から、ゲーム業界に強いおすすめの転職サイトを紹介します。

\ゲーム業界の転職サイトならこれ!/

↓↓↓

eスポーツで注目集まるゲーム業界

これまでeスポーツというと海外を中心に発展しているイメージが強いものでした。

しかし最近では日本国内でもプロeスポーツ選手が登場したり、部活動の一つとしてeスポーツを導入する学校が登場するなど、大きな盛り上がりを見せています。

さらに、eスポーツを専門とする実況アナウンサーも登場し、プレイだけでなく観戦環境も通常のスポーツと同じように整備されてきています。

eスポーツはゲームありき。

そんなeスポーツの盛り上がりに合わせて、ゲーム業界への注目も伸びています。

ゲーム業界 4つの分類

ゲーム業界は大きく分けて

・プラットフォーム(ゲーム機本体の開発)

・コンシューマー系(家庭用ゲーム機向けゲームソフトの開発)

・WEB・モバイル系(主にアプリゲームの開発)

・アーケード系(アーケードゲームの筐体の開発)

4つに分類することができます。

近年ではソシャゲの普及もありWEB・モバイル系が躍進してきましたが、eスポーツの盛り上がりとともにコンシューマー系も再び勢いを取り戻している状況です。

さらに、スマホゲームでも荒野行動などが大会を行っており、WEB・モバイル系でもeスポーツの熱狂が及びつつあります。

eスポーツに貢献できるおもしろいゲームを作りたい!

eスポーツによってゲーム業界が盛り上がる中、eスポーツプレイヤーとしてではなくeスポーツの競技となるゲーム開発に携わりたいという人も多くなっていることでしょう。

しかし、ゲーム開発の経験者ならともかく、ただゲームが好きなだけで、特別な資格やスキルもない未経験者にゲーム業界の仕事ができるのか気になるところですね。

”ゲーム業界は常に新作の開発を行っているので人手が欲しい状況”

と言われてはいますが、

「ゲームが好き!」

という気持ちだけで仕事がこなせるほど、簡単な世界ではありません。

JAVAやPHPといったプログラミング言語など、自分がやりたい仕事内容の基本は学んでおく必要があるでしょう。

また、業界の中でも大手のコンシューマー系は、多くの経験者やスキルや知識を習得した人が応募するため未経験者が仕事を得るのは困難です。

WEB・モバイル系は採用されやすい?

WEB・モバイル系では特に人手が足りていないという状況に加えて、ベンチャー企業が多いので積極的に求人を出しています。

そのため大手コンシューマー系に比べ、WEB・モバイル系が未経験者でも比較的採用されやすいという傾向があります。

仮にWEB・モバイル系が希望でなかったとしても、まずは入社して、いったんゲーム業界で職務経験を積んでいけば、その次の転職で経験者として応募することができ選択肢を増やすことができます。

転職サイトを利用してゲーム業界の仕事を見つけよう!

ゲーム業界で仕事を獲得するには、

・ゲーム会社のホームページから直接応募する

・ゲーム業界の人から仕事を紹介してもらう

・転職サイトを利用

という3つの方法があります。

このうち「直接応募」「紹介」というのは、既にゲーム業界で働いたことがある経験者でないと仕事を得られるチャンスはほとんどありません。

そのため、特にコネなどがない人がゲーム業界で求人を探す場合には、「転職サイトを利用」するのが一番現実的な手段となります。

特化型 転職サイトの利用がおすすめ!

ゲーム会社の求人なら「シリコンスタジオエージェント」!

転職エージェントは大きく分けて

・総合型転職エージェント

・特化型転職エージェント

の2種類です。

このうち総合型の転職エージェントは様々な業種を広く浅く手がけているので、ゲーム業界のような専門的な業界に関してはあまり深く取り扱っていない傾向があります。

特化型転職エージェントであれば、その業界に特化した転職サイトなので、

・ゲーム会社と強いパイプがある

・ゲーム業界に詳しいスタッフがそ揃っている

・各ゲーム会社の情報にも通じている

などといったメリットが多く、求職者の心強い味方となります。

そんなゲーム業界特化型の転職エージェントの中で、特に注目なのが「シリコンスタジオエージェント」です。

シリコンスタジオエージェントとは?

シリコンスタジオエージェントとは

シリコンスタジオエージェントとはゲーム・映像分野に特化した転職エージェントです。

親会社のシリコンスタジオは、「OROCHI 4」「Mizuchi」などのゲームや映像制作に欠かせないゲームエンジンやレンダリングエンジンの開発を行っています。

そのため、大手から新興企業まで国内のゲーム関連企業の9割以上と取引があり、コンシューマーからWEB・モバイル系まで幅広い求人案件を揃えているのが強みです。

どちらかというとゲーム業界経験者の中途採用案件が多くなっていますが、未経験者であっても採用してもらえるような案件も取り扱っています。

▼公式サイトはこちら▼

シリコンスタジオエージェント 4つの特徴!

シリコンスタジオエージェントの特徴!

シリコンスタジオエージェントには大きく分けて、

1.ゲーム業界との強いコネクション

2.大人気タイトルなど非公開求人が多数

3.業界を知り尽くしたスタッフによるサポート

4.会社との交渉をエージェントが代行

という4つの特徴があります。

特徴1.ゲーム業界との強いコネクション

ゲーム業界との強いコネクション

シリコンスタジオエージェントの最大の特徴は、ゲーム・映像制作などクリエイティブ業界と深いつながりを持っていることです。

シリコンスタジオの取引先である大手の求人も多く扱っているため、満足度の高い職場を紹介してもらうことができます。

また、ゲーム会社とのコネクションを活かしてエージェントによる推薦も活発に行っているのもポイントです。

似たような条件のライバルが同じ仕事に応募してきた場合、エージェントの効果的な推薦があるのはとても力強いサポートになります。

特徴2.大人気タイトルなど非公開求人が多数

大人気タイトルなど非公開求人が多数

さらに、ゲーム業界との強いコネクションによって、大人気タイトルの非公開求人などの通常の転職エージェントには流れてこない求人も多く紹介できるのもシリコンスタジオエージェントの魅力です。

ゲーム業界では何らかの形で人気タイトルに関わっていた場合、次の転職に非常に有利に働きます。

そのため、大人気タイトルの求人が多数揃っているのは、ゲーム業界でステップアップしていくことを考えると大きなアドバンテージです。

特徴3.業界を知り尽くしたスタッフによるサポート

業界を知り尽くしたスタッフによるサポート

シリコンスタジオエージェントのスタッフは大部分がゲーム業界出身者です。

そのため、ゲーム業界の動向について詳しく、徹底したヒアリングを行ったうえで、

未経験者でもゲーム業界でキャリアを積んでいける最適な求人案件を紹介してもらえます。

例えば、

「スキルがないからいきなり正社員は不安・・・」

という場合には、0からゲーム開発のスキルを学べる派遣の案件をあえて紹介することもあるとのことです。

また、ゲーム業界でウケがいい

・面接でのアピール方法

・書類の書き方

といった点についても、ゲーム業界に関する豊富な知識からのサポートが期待できます。

特に書類の書き方などは自分一人でやろうとすると限界があるので、プロのエージェントからアドバイスがもらえるのは大きなポイントです。

特徴4.会社との交渉をエージェントが代行

会社との交渉をエージェントが代行

シリコンスタジオエージェントのスタッフは会社との交渉を代行してくれるので、

「自分だけで会社と条件を交渉できる気がしない」

と不安になる必要はありません。

また、交渉に当たるスタッフはゲーム業界の知識が豊富なので、会社との交渉ポイントを熟知しています。

そのため、交渉を代行してもらっていたらブラックな条件だったという心配も不要です。

たとえ別の業界で現在働いているとしても、今の仕事を続けながらゲーム業界への転職活動を有利な条件で進めることができます。

\ゲーム業界特化の転職サイト!/

↓↓↓

シリコンスタジオエージェントの口コミ・評判

シリコンスタジオエージェントの口コミをSNSや口コミサイトからまとめました。

実際に利用してゲーム業界で仕事を見つけた人たち人のリアルな声をご紹介します。

悪い口コミ

「提示されたポジションと、企業がだしていたポジションにズレがあり、指摘してもまたズレたポジションの話をされた。

面接に行ってみたら案の定全く違うポジションで、面接はボロボロ。
全員が不幸になる紹介だった。」

引用元:みん評

「シリコンスタジオエージェントのページをチラチラ見てるけど、これだーっての無い。同年代のひとはきっとみんな同じきもちなんだろうなぁとは思う。」

引用元:Twitter

良い口コミ

「業界未経験という不安もある中での転職活動でしたが、自分のスキルに合った求人を紹介してくれるなど的確なサポートをしてくれるのですごく助かりました。

ゲーム業界に強いエージェントは他にも存在しますが、大手ゲーム会社など魅力的な求人も多くて良かったです!」

引用元:みん評

「ゲーム業界の求人に特化したサイトで、スタッフの方も業界にとても詳しく、また、ゲーム好きな人たちばかりでした。

話も弾みますので、色々と細かい希望や今の待遇に対する不満等も話す事ができました。

結果として希望通りの職に就けました。

また、当面はないと思いますが、再度転職の必要が出てきたときに、このような転職エージェントとコネクションが持てたことは、強みになると思っています。

利用してよかったと思っています。」

引用元:みん評

「ゲーム業界い対する知識が豊富。とても親切だった。

引用元:Twitter

シリコンスタジオエージェントの口コミまとめ

シリコンスタジオエージェントの口コミを見てみた結果いると、

・思ったような仕事がなかった

・志望した仕事内容に就けなかった

といったものがありました。

いくらゲーム業界に特化してるとはいえ、時期によって出されている求人情報はことなります。

自分がやりたいと思っている仕事がいつもあるとも限りません。

また状況の変化によって社内環境が変わる会社もあるので、入社してから志望内容と違う仕事を任されることもあります。

これはゲーム業界に関わらず全ての業界におけることなので、

「シリコンスタジオが悪い」

ということでも無いでしょう。

逆にいい口コミでは

・ゲーム業界の求人が多かった

・ゲーム知識が豊富で話しやすかった

・スタッフの人が親切だった

などサービス内容に満足する口コミが多かったので、ゲーム業界特化の転職サイトとしては申し分ない、優良なサイトと言えるでしょう。

▼詳細はこちら▼

まとめ

eスポーツの流行とともに、ゲーム業界全体がこれまで以上に活性化しています。

そのため、新作のリリースなどで忙しいゲーム会社が多く、人手不足の状況が続いています。

一方、eスポーツのファンの中にはゲーム会社に入って開発側の立場でeスポーツに貢献したいと思っている人も多いようです。

しかし、人手が欲しいゲーム会社とゲーム業界に入りたいファンのマッチングは難しく、ゲーム業界の内情を知らない人には特に厳しいものとなっています。

だからこそ、ゲーム業界に特化した転職エージェントの利用を強くおすすめします。

特にシリコンスタジオエージェントは、クリエイティブ業界で大手企業にも強いパイプを持つ親会社が運営しているので、とても心強いサポートが期待できます。

登録もサービス利用も無料でできるので、まずは公式サイトから登録してみてはいかがでしょう。

\▼公式サイトはこちら▼/

 

▼こちらの記事も読まれています!▼

■eスポーツ専門学校のおすすめ一覧┃その後の進路は?プロゲーマー目指して入学するメリットについて



著者: ” — esports-plus.jp

続きを読む

求人を探す

【仕事探しのマストアイテム】大幅リニューアルした「Indeed」の求人検索アプリは絶対にダウンロードしておくべき – ライブドアニュース

Riku Nakamura

-

日付:

投稿者:

春がやってきました。新しいことにチャレンジしたくなる季節ですね。

今の自分に何ができるのか。能力をより生かせる世界はどこなのか。新たな可能性はあるのか――。将来のキャリアアップや自分の価値向上を考えたり、ジョブチェンジに向けて具体的な動きをスタートさせたりする方もいるかもしれません。

そんな方におススメしたいのが、「仕事探しはインディード♪」のメロディーでおなじみのIndeedが提供するアプリ「Indeed 求人検索」です。この3月に、日本の求職者向けに大幅リニューアルした、“社員もバイトもあらゆる仕事を一度に探せる”注目のアプリをさっそく使ってみました。

iOS版ダウンロードはこちら


Android版ダウンロードはこちら

まずは求人検索…絞り込み機能強化でぼんやりしたイメージも具体的に


就職、転職、アルバイト…、どんな仕事探しでも欠かせないのは情報のリサーチ、つまり「求人情報の検索」です。でも、いくつもの求人情報サイトに登録し、順番にリサーチしていくのは、時間の無い学生や社会人にとってはなかなか大変です。さらに、中には求人情報サイトには掲載されず、企業側の採用ページにしか載っていない情報もあるとか…。

“求人検索エンジン”のIndeedなら、求人情報サイトに掲載されている求人情報はもちろん、企業サイトにしか載っていない求人情報まで、ありとあらゆる情報を、キーワードひとつから一度に探すことができます。

スマートフォンに「Indeed 求人検索」アプリをダウンロードしておけば、通勤中やランチタイムなど、ちょっとしたスキマ時間を使って気軽に情報収集が可能です。

そうは言っても、「いきなり具体的なキーワードが思い浮かばない」、「自分の理想やイメージをうまく検索できない」という方もいるでしょう。

そんな方に向けて今回のリニューアルでは、従来のフリーワード検索機能に加え、「絞り込み機能」が大幅に強化。 「アルバイト」、「正社員」といった雇用形態はもちろん、「営業・販売」、「事務・カスタマーサポート」、「クリエイター」といった職種、さらには、交通手段や勤務日・時間、給与、待遇、経験・スキルといった「仕事の特徴」など、様々な条件から情報を絞りこんでいくことが可能になりました。

今はぼんやりとやりたい仕事のイメージしかなくても、「Indeed 求人検索」アプリさえ使えば、より具体的な仕事イメージを掴むことができるかもしれません。

今まで巡り合わなかった仕事を「発見」できる新機能!


今回のリニューアルにより、画面下部に「検索」、「発見」、「気になる」、「マイページ」という4つのナビゲーションメニューが実装され、仕事探しをする上で重要な機能にすぐにアクセスできるようになりました。

中でも、「発見」機能は、世界60カ国以上で展開されているIndeedのアプリの中でも今回初めて導入された、日本独自の機能だそう。

「今の職種が合わない」、「環境が合わない」という感情は転職を目指す一つのきっかけになると思いますが、「では、自分にはどんな職種が合うのだろう?」、「どんな環境なら働きやすいのだろう?」というのは頭を悩ませる部分でしょう。

「発見」ページには「働きがい検索」という機能があり、「自然と向き合う仕事」、「IT システムに関わる仕事」、「楽しい時間を作る仕事」といった大まかな内容が、分かりやすいイラストとともに列挙されています。自分がどんな仕事を求めているのか、イメージしながら検索することができそうですね。

どんな分野で働きたいか、どんな環境を求めているのか――。そうした視点から探していけば、今まで思いつかなかったような仕事に巡り合ったり、自分の可能性をさらに広げたりできるかもしれません。

気になる企業の口コミや給与情報もチェック!


アプリ内で調べられるのは、採用側の発信する情報だけではありません。実際に働いている方が投稿した「企業の口コミ」や、企業や職種、業界ごとの「給与情報」も検索できるのです。

「企業口コミ検索」をすれば、気になる企業の口コミを検索して第三者の意見を参考にすることができますし、「給与検索」をすれば、気になる職種の年収や月収の相場がどのぐらいなのかを知ることができます。

グルメサイトでお店を調べるように、気軽な感覚で気になる企業や業界の口コミをチェックしてみるというのも面白いかもしれませんね。

▼気になる企業の口コミをチェックしてみる▼

iOS版ダウンロードはこちら


Android版ダウンロードはこちら

履歴書の作成や企業とのやり取りもアプリ内で完結!


理想的な求人が見つかったら、その先には履歴書の送付、応募した企業との実際のやり取りが発生します。求人情報の検索と同様、こちらも時間がない中だとなかなか大変なものです。

「Indeed 求人検索」アプリでは、自分の履歴書を作成し、データを登録・更新することができます。

また、「検索条件」を保存したり、「フォローした企業」のリストを管理したりしておけば、新しい求人情報が出た場合にアラートが来るように設定することができますし、Indeedに直接求人情報を投稿している企業とは、メッセージのやり取りをすることもできます。

仕事探しには、まず「Indeed 求人検索」アプリを!


今回のリニューアルは、「仕事を探すキーワードをなかなか思い付かない」、「自分に適した仕事を自由に探すことに不慣れな人が多い」という日本の求職者の傾向を踏まえ、シンプルで直感的にわかりやすいデザインはそのままに、どんな仕事があるか発見しやすくなりました。

アプリはもちろん無料で利用できますので、現在仕事探しをしている方はもちろん、これからジョブチェンジを考えている方、まだ第一歩が踏み出せていない方も、まずはダウンロードして気軽に使ってみてはいかがでしょうか?

▼「Indeed 求人検索」アプリを使ってみる▼

iOS版ダウンロードはこちら


Android版ダウンロードはこちら

[PR企画: Indeed × ライブドアニュース]



著者: ” — news.livedoor.com

続きを読む

求人を探す

人材サービスとは :キャリアコンサルタント 福山研一 [マイベストプロ徳島]

Riku Nakamura

-

日付:

投稿者:

今回は、キャリア支援と関わりの多い人材サービスについて。

そもそも、人材サービスとは?というと、定義がさまざまありますが、思いつくものを挙げていくと、次のようになります。

1.人材派遣(労働者派遣事業)
2.人材紹介(職業紹介事業)
3.業務請負・業務委託
4.求人広告
5.その他(採用代行、採用・人事コンサル、研修…)

厚生労働省の人材サービス総合サイトにあるように、人材サービスというと、主要なものとして人材派遣・人材紹介の2つは必ず挙げられると思います。

業務請負・業務委託については、アウトソーシングという言い方もあって、人材派遣会社が並行して行うケースも見られます。一時期、実態は人材派遣なのに派遣法の制約を受けないように業務請負を装う偽装請負というのが問題視されたこともありました。

それから、最近は媒体や手法も多様化していますが、テレビCMも派手に行われているWebを中心とした求人広告。

最後に、その他として、RPO(Recruitment Process Outsourcing)とも呼ばれる採用代行に、社労士業務としても人事・評価制度の策定とかみられますが、コンサル的な業務に、定着・育成のための研修までを人材サービス領域に含めるケースもあります。

それぞれの活用シーンですが、
例えば、業務量増大や欠員等により人的な課題が発生した際に、

①一時的に期間限定の人材を補充する場合や、
 社員登用を前提に様子見的に人材を受け入れる場合は「人材派遣」、
②社員として直接採用したい人材を探す場合は「人材紹介」、
③人材による解決ではなく、業務を外注して解決を図る場合は「業務委託」、
④採用選考等は基本的に自前で行い、応募者だけを集めたい場合は「求人広告」、
⑤上記のいずれが適しているか分からない、代わりに対応して欲しいなどが、「その他」のいずれかにあたるかと思います。

ちなみに、キャリアコンサルティングについて言うと、
採用後の定着・育成の支援の一環として研修も絡めてセルフ・キャリアドック等の対応をするケースもありますし、人材派遣会社・人材紹介会社内にも求職者の支援をすべくキャリアコンサルタントが相談業務を行っていることもあります。

このコラム上では私はキャリア支援のプロのキャリアコンサルタントでありますが、
所属(経営)しているアステートは、人材サービス会社として上記の各サービスに対応しておりますので、何でもご相談頂ければと思います。



著者: ” — mbp-japan.com

続きを読む

求人を探す

eスポーツ業界に転職したい人必見!未経験でも大丈夫?転職に必要な意外なポイントと方法について | esports PLUS

Riku Nakamura

-

日付:

投稿者:

最近圧倒的に伸びてきているeスポーツ業界で働きたい!という方も多いと思います。

この記事では、そんなeスポーツにまつわる職種や仕事内容、転職の仕方について解説していきます。

ゲームがシンプルに好きで、趣味を仕事にしたい人に特に見て欲しい記事です。

eスポーツ業界に身を置いておけば、働きながらプロゲーマーを目指す事も可能!

思い立った今こそ何らかのアクションを起こさないと、将来きっと後悔するでしょう。

eスポーツの転職について、下記の目次のような内容を、実際のプロゲーマー監修のもと執筆しました。

ゲームをするだけでお金が稼げる時代の先駆けとして、しっかりチェックしてみて下さい。


目次


この記事を監修したプロゲーマー

sasraiアイコン

SaSRal

SaSRal(福田 俊哉さん)
SF2やCSGOの国際大会に日本代表として出場した経歴を持つ選手。
その他FPSタイトルの大会でも多数優勝経験あり。
現在はJet eSportsに所属。
実績→http://twpf.jp/sasraikun
Twitter→@sasraikun

darkmionアイコン

DarkMioN

DarkMioN(福田 直孝さん)
SF2やCSGOの国際大会に日本代表として出場した経歴を持つ選手。
その他AVAやBSといったFPSタイトルの大会でも多数優勝経験あり。
現在はJet eSportsに所属。
Twitter→@darkmionfps

eスポーツ業界の市場について

eスポーツ市場のグラフ

eスポーツ業界はこれから一気に伸びていく業界です。2018年度の市場規模は、2017年比で13倍!

2022年には約100億円まで拡大すると予測されています。

2018 年日本 e スポーツ市場規模は 48.3 億円と推定。
・前年比 13 倍の急成長。2022 年には約 100 億円まで拡大と予測。
・チームや選手、大会などへのスポンサー料が 8 割近くを占める。
・e スポーツファン数は 383 万人。4 年後には 786 万人に。
引用元:GZブレイン”Gzブレイン、日本国内eスポーツ市場動向を発表。”

これから伸びていく業界だからこそ早いうちに参入し、自分の市場価値を高めていくことが大切です。

eスポーツ業界にはどんな仕事がある?

様々なeスポーツの職業

eスポーツ業界にまつわる仕事で真っ先に思いつくのは「プロゲーマー」ではないでしょうか。

しかし、プロゲーマー以外にもeスポーツに関する仕事は沢山あります。

具体的には、

  • プロゲーマーが出場する大会の企画・運営
  • プロゲーマーが所属するチームの運営
  • eスポーツのタイトルゲームを開発

などなど。これら以外にもたくさん存在します。

ゲームの実力はないけどゲーム自体は大好きで、沢山プレイはしている。こんな方は是非一度チェックしてみて下さい。

好きなゲームタイトルに関わりながらお金を稼げるチャンスになるかもしれません。

しゅまくん

eスポーツの仕事ってプロゲーマーだけじゃなかったの!?てっきりゲームに強い人しかなれないのかと思ってた。

bushi

ゲームに強い方がそりゃいいけど、そうじゃない人だっているからね。それにプロゲーマーの選手生命はめちゃくちゃ短い。長い目で見ていくならeスポーツに関わる他の仕事の方がいいかもしれないな。

プロゲーマー

eスポーツの仕事と言えばまずはプロゲーマー!

特定のゲームでの実力が認められて、競技をすることで視聴者を魅了する仕事です。

プロゲーマーはゲーム大会に出て勝つことで、賞金や報酬を得ています。

その他にも、企業の広告塔としてスポンサーについて貰ってお金を得ることもあります。

日本では法律の問題が絡むせいで多額の賞金が懸けられる大会が開催されず、全く稼げない仕事でした。

しかし近年、国内でのeスポーツ流行に伴って景表法に対する消費者庁の理解が変化しました。

おかげで国内でも1億円規模の大会が開催されるようになり、プロゲーマーの可能性はどんどん広がっています。

bushi

ゲームがめちゃくちゃ上手ければ、プロゲーマーになれるチャンスはある!自然と声がかかる場合もあるし、自分からアプローチしてなることもあるぞ!

プロチームコーチ

プロチームコーチは、プロゲーマーをコーチングして指導していく職業です。

ゲームの練習中に第3者としてアドバイスを出すことは勿論、チーム戦略や外部チームの分析などを行います。

その他にも、試合中に選手を鼓舞したり、試合中に指示を選手に出すことも行います。

この職業はプロゲーマーよりも更に深いゲーム戦略・操作面での理解が必要で、ゲームが大好きな人にしか務まらない仕事です。

元プロゲーマーの方がそのままコーチになるといったこともあります。

ストリーマー・配信者

ストリーマー・配信者とは、自身のゲーム実況動画やゲーム配信で広告を配信することで、広告費を得る仕事のことです。

または視聴者がゲーマーを応援するために寄付する「投げ銭」と呼ばれるお金で、収益を得ることもあります。

動画投稿プラットフォームのYoutubeや、ゲーム配信プラットフォームのTwitchが流行する事で一気に需要を伸ばしました。

超有名配信者になると、1か月で数千万というとんでもない金額を稼いでいます。

ゲーム配信や実況でストリーマーになるには、特定の流行しているジャンルのゲームで「強さ」を持っているか「面白さ」を持っている必要があります。

しゅまくん

これってYouTuberとかもなの?

bushi

bushi

その通り!生配信のゲーム実況で稼いでいる人はストリーマーだ。プラットフォームによって稼ぎやすさが違うから、そこはしっかり見極める必要があるぞ。

eスポーツマネージャー

eスポーツマネージャーは、プロゲーマーのチームでは絶対に欠かせない役割です。

選手がゲームに集中できるように組織を作ったり、選手のメンタルケア、外部企業との交渉、PR活動、企画などを行います。

その他選手の発掘やスカウト、ファンコミュニティとの交流など主に外部とのやり取りを担当する役割です。

リーダーシップや人心掌握力、マネジメントに関する知識があれば目指せるでしょう。

ビジネスマネージャー検定などの資格があれば、eスポーツマネージャーの立場に立つときに優位になれます。

eスポーツ実況・解説者

eスポーツ実況・解説者は、eスポーツ大会の試合の状況を分かりやすく解説しながら、観客や視聴者を盛り上げる仕事です。

実況する上での話の構成や伝え方が非常に重要な仕事です。

eスポーツの実況なので、ゲームに対する深い知識も求められます。

その他対戦ゲーム中に選手を語るために、事前の取材やリサーチも欠かせない仕事です。

特に資格などは必要ありませんが、「とっさの変化に対応できる臨機応変さ」「ゲームの深い知識」「コミュニケーション能力」などが求められます。

eスポーツイベントスタッフ

eスポーツイベントスタッフは、eスポーツ大会の企画・運営サポートをする仕事です。

イベントスタッフの主な業務内容は、現地視察から宣伝・PR活動、会場の設営、音響証明、進行などなど。

競技的で規模の大きい大会だと、ゲームに精通したスタッフが必要不可欠です。

役職も競技運営ディレクターや審判、舞台監督、などがあります。

大会中の選手入場や試合開始の演出などものすごい演出は舞台監督さんが行っており、この役職はeスポーツ大会の盛り上がりを左右する重要な職業です。

選手同士が戦っている画面を視聴者に見せるモニターの操作なども、ゲームに対して深い知識があるイベントスタッフが行っているんです。

イベント企画や盛り上げが好きな人、eスポーツの大会の演出を自分で作りたい人に向いています。

eスポーツライター

eスポーツライターは、eスポーツに関するメディアや記事で情報を発信することで、eスポーツの普及・認知拡大に貢献する仕事です。

eスポーツやプロゲーマーに関する情報を分かりやすく執筆し、魅力を伝えていく必要があります。

なので情報収集や取材能力、記事執筆のための文章構成力とマーケティング力などが求められます。

eスポーツ施設スタッフ

eスポーツ施設スタッフは、eスポーツカフェやeスポーツの大会が開催できる施設の運営・運用サポートを行う仕事です。

主な業務内容は、施設にいらしたお客さんの案内、施設の維持、PCやデバイスなどの設備の維持などです。

資格もゲームへの深い知識が無くても出来ます。

ゲームの知識があると、多数のゲーマーを触れ合うことが出来る仕事なので、業界での売名や幅を広げることに役立てることが可能です。

eスポーツゲームクリエーター

ゲームクリエーターは、ゲームやアプリの制作・開発に携わるすべての職業を指します。

eスポーツに採用されるような競技性・人気の高いゲームを制作することが仕事です。

その他リリースした後のeスポーツタイトルのキャラの強さの調整・ゲームの運用なども仕事の一部です。

特別な資格は必要ありませんが、フォトショップやイラレの資格と、プログラミングの深い知識が必要になります。

しゅまくん

はーん。結構色んな仕事があるんだね。こういうゲーム業界未経験でも、転職出来たりするのかな?

ウメダ

eスポーツの業界を目指すために重要なポイントは1つ!今記事を読んでいる人なら誰しもやっているだろうアレだ!

未経験でもeスポーツ業界に転職するには?

ps4のゲーマー

未経験でもeスポーツの業界に転職するために大切なことは、「eスポーツタイトルのゲームをやり込みまくること」です。

どの職種を目指す上でも、ゲームへの深い知識が要求されるからです。

またそうすることで、ゲームへの情熱や愛の裏付けにもなります。

しゅまくん

逆にゲームやりまくった方がいいのは驚き!てっきり仕事の役立つ資格がある方が良いのかと思った。

bushi

そりゃ仕事に役立つスキルがあった方が強いのは間違いない。けどゲーム好きでもない人間には絶対に務まらないのがeスポーツの仕事だ。ゲームと仕事の両立が出来るし、仲間もたくさんできる業界だぞ!

プロゲーマーやストリーマーを目指すならeスポーツタイトルゲームの実力も必要ですが、それを発信して広める発信力も必要です。

なれなかったとしても実績があれば、それが転じてマネージャーや実況・解説者になれるチャンスがグッと広がります。

未経験からゲームプランナーを目指す場合、実務経験が無くても「ゲームを作った実績」があれば大きなアピールポイントになります。

とにかくゲームに対する深い知識を身に着けておいて、そこからeスポーツ業界への転職を目指していきましょう。

転職時に業界に強い相談相手を探す方法

esportsイベントスタッフ

冒頭にも書いた通り何はともあれ一歩踏み出してみることがおすすめです。

しかし、何から始めるべきか分からないという方も多いはず。

そういった方は、転職に関して気軽に相談できる相手を見つけていきましょう。

1.相談相手は詳しい人を選ぼう

eスポーツ業界への転職の相談相手は、以下2点を満たす方が好ましいです。

  • 転職活動に詳しい
  • eスポーツの業界について詳しい

転職の相談ですから、人事を担当されている方や、人材系の会社に所属している人に相談するべきです。

また最近市場が大きくなり始めている業界なので、ゲーム業界に詳しい方でないとアドバイスできません。

特にプロゲーマーに関わる仕事は、元プロゲーマーだった人がやっていたりするので、ゲームの実力者が多いです。

身近にこんな人がいない方も多いと思います。

しゅまくん

会社の人事に相談するわけにもいかないし…。友達もいないし悲しい…。どうすればいいんだろう。

bushi

そんな君でも使える無料のサービスがあることはご存知かい?紹介してあげよう!

そういった方向けの無料で使えるサービスを紹介します。

2.転職エージェントというサービスもある

転職エージェントという、無料で使えるサービスがあります。

eスポーツ業界を目指す多くの方が、このサービスを使って転職のプロと相談しています。

人材不足な中でイベントやプロチームがどんどん乱立しており、人材募集の数はこれからもたくさん伸びていきます。

元々ゲーム業界に強い転職エージェントであれば、同様のジャンルであるeスポーツにも強い会社です。

そういった転職の成功率を高められる転職エージェントを選びましょう。

ここからはeスポーツ業界の転職におすすめなエージェントを5つご紹介します。

沢山の転職エージェントがある中で、ゲーム業界・eスポーツ業界に強いおすすめのものを選びました。

各エージェントに長所や短所があります。

強みも違ってくるので、なるべく複数の転職エージェントに登録を行い、自分に合っているかを見極めましょう。

それぞれの求人を比較して、提案された転職案件の中で最もお気に入りのものを選んでください!

bushi

まずは各エージェントを簡単な表で比較してみたぞ。

ここからそれぞれのエージェントの強みや向いている人などを解説していきます。

1.ファミキャリ

ファミキャリ

ファミキャリは、ゲーム業界に特化した転職エージェントです。

ゲーマーなら誰しも聞いたことのあるゲーム会社への転職実績が圧倒的に多いことが特徴です。

ゲーム業界の幅広い職種に応募することが出来ます。

直接的にeスポーツ関連の仕事に転職しなくても、ゲーム業界に飛び込めば、eスポーツの仕事に携わる確率は圧倒的に上がります。

「ゲーム」が肩書に付く仕事を目指している方におすすめです。

求人の満足度は高いのですが、首都圏以外の転職には弱いデメリットがあります。

転職初心者や、未経験から業界を目指している人には特におすすめの転職エージェントです。

2.リクルートエージェント

リクルートエージェント

転職業界の大手マイナビグループが運営している転職エージェントです。

サポートのレベル・求人数・質ともにすべて高く、エージェントも優秀!

リクルート経由でしか応募できない独占求人や大手企業があるので、情報収集のために登録だけする価値のあるエージェントです。

未経験の方でもしっかりとサポートしてくれるので、万人におすすめです。

3.ワークポート

workport

ワークポートは、IT・インターネット業界専門の転職エージェントです。

リクナビNEXT主催の「Good Agent Ranking」にて、「最も多くの求職者を転職成功に導いたエージェント」に選ばれるほどの実力を持っています。

特にソーシャルゲームやモバイルアプリに強く、幅広く職種での求人が揃っています。

近年は荒野行動やシャドバ、伝説対決、PUBGモバイルなど、スマホのeスポーツタイトルもどんどん出てきています。

モバイル関連のeスポーツの職種に就きたい方におすすめです。

登録時に履歴書や職務経歴書も不要なので、簡単にeスポーツ業界を目指せます。

4.doda

dodaエージェント

doda(デューダ)は、10万以上の転職数を持っている転職エージェントです。

ゲーム業界に強いのは勿論ですが、それ以外の業界の求人に強いことも特徴!

なので「ゲーム業界と他業界・職種を比較して、慎重に決めていたい」という方におすすめです。

各業界に精通したエージェントがいて、色んな仕事に関して詳しく話を聞くことが出来ます。

5.レバテックキャリア

レバテックキャリア

レバテックキャリアは、IT・Web業界に特化した転職エージェントです。

質の良いサービスが魅力的です。

職種検索以外にも、プログラミングやデザインスキル別に求人を探すことも出来ます。

特にゲーム開発関連・エンジニア・デザイナーとしてeスポーツの業界を目指している人におすすめのエージェントです。

コンサルタントの業界知識も豊富なので、技術的な話をしながら仕事を探すことが出来ます。

こちらも登録時に履歴書・職務経歴書不要で行えます!

まとめ

eスポーツの業界はプロゲーマーだけでなく、プロチームの運用に関わる仕事や、大会の運営に関わる仕事、ゲーム自体に関わる仕事など様々あります。

ただどの職種を目指すにも、「ゲームへの深い知識と熱い情熱」は必ず必要です。

知識が無くても転職を目指す事が可能なので、業界に詳しい転職エージェントに相談することが、転職の最も近道です。

どうしてもeスポーツ業界と転職業界に詳しい一般人となると、おそらくプロゲーマーだけでしょう。

転職エージェントを上手に利用して、これから圧倒的に伸びていくeスポーツの業界を目指していきましょう!



著者: ” — esports-plus.jp

続きを読む
新生活の準備はOK?5時間 前に投稿,

絶対使える逆質問8選!【面接対策】|就職、就活のための内定チャンネルVol.236

求人を探す8時間 前に投稿,

仕事・バイト探しはあらゆる求人情報が1つに集結した神アプリ『Indeed 求人検索』だけでOK!! [PR] | AppBank iPhone, スマホのたのしみを見つけよう

日本の働き方11時間 前に投稿,

編集部の「推し本」 今こそ読んでほしい9冊 | Forbes JAPAN(フォーブス ジャパン)

新生活の準備はOK?11時間 前に投稿,

雑談しながら春メイク研究する【たまにはこんな動画も良いよね?】

日本の働き方17時間 前に投稿,

【特別企画】新型コロナウイルスが世界的大流行――、テレワーク・在宅勤務の在り方を真剣に考える – クラウド Watch

新生活の準備はOK?17時間 前に投稿,

会社説明会 ~受付・待ち時間~

仕事のニュース20時間 前に投稿,

“コロナが怖い” こころの悩み相談が殺到 |

日本の働き方23時間 前に投稿,

夢も個性もなくなり、自尊心は崩壊…「日本の会社」という魔窟 | 富裕層向け資産防衛メディア | 幻冬舎ゴールドオンライン

新生活の準備はOK?23時間 前に投稿,

移住に向けて準備中!初めてマレーシア料理を食べてみた☆〔#839〕

仕事のニュース1日 前に投稿,

ビジネス特集 緊急報告 “コロナショック”地域の悲鳴 |

東京求人ニュース1週間 前に投稿,

Kaizen Platform、パーソルキャリアが提供する業界初の動画求人広告サービス「dodaプライム」を共同開発|株式会社Kaizen Platformのプレスリリース

日本の働き方2日 前に投稿,

新「MacBook Air」レビュー、進化したキーボードと価格設定はいかに 【CNET Japan 2020年04月02日】

新生活の準備はOK?3日 前に投稿,

【GRWM】前田希美。ある日の支度の様子

日本の働き方5日 前に投稿,

NewsPicks Brand Magazine Vol.2が3月31日より販売開始に。これからの「はたらき方・生き方」がテーマ|Uzabase, Inc.のプレスリリース

東京求人ニュース1週間 前に投稿,

“今井麻美 Winter LIVE「Flow of time」”東京公演リポート。声優20周年、歌手10周年のメモリアルイヤーを沼倉愛美さんと締めくくり!

東京求人ニュース1週間 前に投稿,

転職サービス「doda」、Kaizen Platformと共同開発 業界初※・動画求人広告 「doda プライム」の販売を開始 ~実証実験では求人閲覧率・応募率ともに130%に増加~

新生活の準備はOK?5日 前に投稿,

【GRWM】結婚式のお呼ばれ準備!メイク、ヘア、コーデ紹介!

仕事のニュース1週間 前に投稿,

News Up “首都封鎖”になったら 新型コロナウイルス |

新生活の準備はOK?6日 前に投稿,

Hyun Bin and Son Ye-jin on work, healing, and what makes them happy | Couch Talk [ENG SUB]

新生活の準備はOK?5日 前に投稿,

【GRWM】入学式中止になったけど一緒に準備する?

人気