Connect with us

求人を探す

視覚障害者のオンライン求職、コロナ禍で新たな課題–アクセシビリティー向上へ – CNET Japan

Riku Nakamura

-

日付:

 パンデミックのさなかに仕事を探すのは難しい。ここ数カ月で多くの人が職を失ったことを考えればなおさらだ。しかも、失明や弱視などの視覚障害がある場合、求職活動はますます困難になりかねない。だが、米国視覚障害者協会(AFB)のチームは、求人情報の検索から、面接や採用、そして仕事の開始までを含めたオンラインでの求職活動を、誰もがより利用しやすいものにする取り組みを続けている。

オンラインの求職ツール
拡大機能や読み上げ機能は、視覚障害者がオンラインの求職ツールを利用するのに役立つ
提供:AFB

 「雇用のライフサイクル全体で、視力を失っている人はもちろん、障害があるほぼすべての人にとっては、潜在的な障壁や摩擦が存在している」と、AFBで最高プログラム責任者を務めるMegan Aragon氏は話す。「テクノロジーの活用、求人情報へのアクセスのしやすさ、インクルーシブな採用活動、自己アピール機会の獲得の間には、直接的な関係がある」と同氏は語った。

 AFBによると、2017年の時点で、視覚障害がある16~64歳の米国人200万人のうち、労働力に含められている人は全体の39%にすぎず、10%は失業中だった。そして、就職活動のプロセスを細かく分析すると、この件に関わるすべての問題点が見えてくる。

 視覚障害者がネット上で仕事を探すには、インターネットにアクセス可能なコンピューターやスマートフォンに加えて、インターネット利用を支援するツールが必要だ。

 その上で、求人情報の検索エンジンや企業のウェブサイトを通じ、履歴書とカバーレターを提出する必要がある。そのため、視覚障害者でもサイト内を見て回ることが可能な機能が用意されていない求人サイトは、使い物にならない。

 しかも、今回のパンデミックが、視覚障害のある労働者や求職者に新たな課題を突き付けていることが、視覚障害がある米国の成人を対象にAFBが4月に行った調査から見て取れる。現在雇用されていると回答した253人の調査参加者のうち、38%が仕事に必要なテクノロジー系ツールの少なくとも1つで、アクセシビリティーの問題を経験したと報告した。さらに22%が、自分の仕事に欠かせないテクノロジーに、家からアクセスできないと報告している。

アクセシビリティーを最初から組み込む

 こうした状況を改善するため、AFBでは専門家とアクセシビリティー関連のエンジニア(その多くが自身にも視覚障害がある)によるチーム、AFB Consultingによるコンサルティングサービスを提供し、自社のウェブサイトやツール、さらには慣行のアクセシビリティーと使いやすさを向上させる企業の取り組みを支援している。Aragon氏はこれを、テレビのリモコンにたとえて説明してくれた。家のテレビを操作するのに、4種類のリモコンが必要だとすれば、それぞれのリモコンの動作にまったく問題がなくても、1つのリモコンで全ての操作ができる状況と比べて使いにくいというわけだ。

 AFB Consultingは、求人情報、採用活動、入社時の研修のほか、自社のウェブサイトや製品にアクセシビリティーを取り入れようとする企業を支援している。また、従業員の誰もが業務を効率よく実施できるようにするデジタル作業環境のテストや、障害者を考慮した人事戦略の策定や緊急時対応(消防訓練など)の改訂などの支援も行っている。

 AFB ConsultingはGoogleと協力し、アクセシビリティーの研修や、「G-Suite」アプリケーションや「Chromebook」といったGoogleのソフトウェアおよびハードウェア製品のアクセシビリティー拡充に取り組んでいる。ほかにAdobeと協力し、同社PDFソフトウェアの使いやすさと読みやすさの改善に貢献したほか、AT&T、Verizon、Sony Ericssonの携帯端末を障害者にとってより使いやすいものにする取り組みにも協力している。

 「テクノロジーは生活を向上させ、働くために必要なハードルを緩和するものであるべきだ」とAragon氏は語った。「良いものとされる目的に役立つべきであり、乗り越えなければならない障害になるべきではない。誰もが情報にアクセスできるよう、当初からこうしたアクセシビリティーとユニバーサルデザインを構築しておくことが極めて重要だ」

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。



著者: ” — japan.cnet.com

続きを読む

求人を探す

コロナ失業8万人時代、2割が「PCもネットもない」子育て貧困家庭を待ち受ける再就職の壁 |

Riku Nakamura

-

日付:

投稿者:

コロナ失業8万人時代。最も深刻な影響を受けているのが、子育て中の困窮家庭の親たちだ。減収に失業……。

再就職への意欲はあっても、「ネット環境がない」「テキストが買えない」「交通費が払えない」ため、情報にアプローチすら出来ずにいるのだ。また、国や行政による就労支援にも大きな壁があった。

失業、うつ、家族の関係悪化の負のスパイラル

キッズドア

厚生労働省で会見に臨む、キッズドアの渡辺さん(左)とWill Labの小安さん(右)。

提供:NPO法人キッズドア

困窮家庭の子どもたちへの学習支援などを行ってきたNPO法人キッズドアは1月13日、記者会見を開き、全国の同団体利用者で、高校生までの子どもを持つ保護者1233人を対象に、コロナの影響について行ったアンケート調査の結果を発表した(調査期間は2020年11月から2021年1月まで)。

休校などで子ども関連の支出が増える一方、保護者は「減収」や「失業」、そして「再就職できない」ことに追い詰められていた。

・派遣社員だった為、人員削減で失業。

・契約社員だったが、コロナの影響で契約が終わった。

・昨年、病気で退職。就職活動をしようと思ったところコロナで困難になった。

・もともと学歴が無く応募できる求人が少ないのに、追い討ちで仕事が見つからない。

・離婚した夫がコロナで影響を受け、養育費が滞っている。再就職先を見つけるのも困難。

・自粛期間があったため、いつも以上に食費や光熱費がかかり大変。自粛期間中など就労相談機関も自粛していたので、相談も出来なかった。 (アンケートより)

キッズドア

食料品の購入や公共料金の支払いすら厳しい現状だ。

出典:キッズドア、コロナ禍での困窮世帯の状況調査

減収や休業の背景には、精神不安も大きく影響している。

・仕事が減ったのと、子供が不登校になったりで、ストレスで病気になり仕事を休業している。

・自分がうつを発症、息子2人は不登校。職場の減収と自分の体調と家庭環境により、年収4割減の見込み。

・会社が休業。娘もオンライン授業でいらだち、親に当たったり深夜徘徊するなど心配ごとが増え、精神的に追い詰められた 。(アンケートより)

アンケートに回答した保護者らは、年収200万円未満が49%、300万円未満が33%。貯蓄額は40%が10万円未満で、56%が非正規雇用。さらに87%が母子家庭だった。

国の就労支援は敷居が高い

買い物

子育てや仕事と並行してできる就労支援が必要だ(写真はイメージです)。

GettyImages / JGalione

こうした状況を受け、キッズドアでは就労支援状況とそのニーズについても調査を行い、649名から回答を得た(調査期間は2020年12月から2021年1月まで)。その結果、「スキルを身につけて就職や転職したい」31%、「無職または休職中なので就職したい」と答えた人も12%いた。

キッズドア理事長の渡辺由美子さんは言う。

「とにかく仕事をしたいんですという方はすごくいっぱいいらっしゃるんですけど、日々の生活で精一杯で、十分な就職活動や新しいスキルを獲得する余裕が全くない。テキスト1冊買えない、面接のための情報を得ようと思ってもパソコンもないといった中で悶々としている方々をどう支援していくかが、今後の大きな課題だと思います」

アンケートによると、「パソコンもインターネット回線(WiFi除く)もない」人は18%。「インターネット回線はあるがパソコンはない」人は36%、「パソコンはあるがインターネット回線はない」人は8%と、ネット環境が整っていない人も多いことが分かった。

キッズドア

出典:キッズドア、コロナ禍での生活への影響及び、就労支援現状とニーズ調査

また、国や行政もさまざまな就労支援を行っているが、利用したことがないと回答した人は半数を超える。

国の就労支援については、以下のような声が上がった。

・看護師や介護師等の日中の学校へ通う必要を伴う資格取得を目指す場合、その期間の収入がゼロになるため、住んでいる賃貸住宅の家賃が払えない。学習支援と併せて、家賃補助があればぜひ資格取得を目指してみたい。

・職業訓練の自己負担率が高すぎて利用できない。また訓練中の生活費が捻出できないため、金銭的な補助をもう少し拡充して欲しい。

・国が行っている就労支援は敷居が高くて、面談まで進んだが該当ではないと言われて受講できなかった。(アンケートより)

無料の就労支援プログラム開始、子育て中でも参加できることが鍵

女性

再就職への意欲はあっても「ネット環境がない」「テキストが買えない」「交通費が払えない」ため、就職情報にアプローチすらできない人たちがいる(写真はイメージです)。

GettyImages / olaser

キッズドアでは2020年、保護者向けに、在宅でも勤務可能なITスキル獲得プログラムを提供するなどの就労支援を行ってきた。中でも無料受講者の募集では、オンラインwebデザインコースは10人の枠に対して申し込み者118人、オンラインワードプレス技術取得コースは5人の枠に対して申し込み者93人にのぼるなど、需要の高さがうかがえる。

今回、キッズドアではコロナの影響を受けた困窮家庭に対し、新たに「わたしみらいプロジェクト」を立ち上げた。オンラインによる全6回のコースで、履歴書の書き方や面接の受け方、自身のキャリアの強みを知ることから、個別相談会も予定している。講師は女性の再就職支援に携わってきたWill Lab代表の小安美和さんなど、母親向けの就労支援を行ってきた3人が務める。

キッズドア

提供:キッズドア

小安さんは「コロナ可での子育て中の女性の就労支援は、今後、ノウハウを積み上げていかなければならない分野」だと言う。

今の行政の就労支援プログラムの多くは平日に開催されているので、仕事を休んだり、会社を辞めて職業訓練に臨まなければならないというジレンマがあります。キッズドアの新プロジェクトでは、土曜日に、しかも隔週という無理のないペースで参加していただけるようにしました。

女性の就職支援で大切なのは、個人に寄り添いながら仕事への意欲喚起をしていくこと、そして企業とのマッチングを行い、着実に雇用を創出することです」

国も雇用の創出、ネット環境の整備を

雑踏

GettyImages / d3sign

会見では、キッズドアから政府に対し、コロナ禍で困窮する子育て家庭への就労支援について、以下のような提言が行われた。

雇用の創出:行政の緊急雇用創出事業の拡大や、新規雇用を創出した企業にはインセンティブを与える。

無料で参加できるスキルアップや就労トレーニングの拡充:子育て中や就労中の方でも参加しやすい日時・場所に設定した上で、就労トレーニングや資格取得のために必要なテキスト代や受験料交通費などの補助も必要。

制度改善:母子家庭や父子家庭の保護者に対し、看護師や介護士などの資格取得を支援する「高等職業訓練促進給付金等事業」は、利用したいと思っても月額10万円(市町村民税非課税世帯) の支給では生活ができないため利用できないという声が多数届いている。子育てと資格取得の勉強と仕事を両立させることは不可能。安心して利用できるよう、支給額のアップや、別途家賃補助を組み合わせるなど、改善を。

インターネット回線やPCの環境整備:家庭にインターネット回線やPC がないことで、仕事を探すことができない、オンラインの就労トレーニングに参加できない、子どももオンライン学習ができないなど大きな不利益が生じる。食事にも事欠く状況で、インターネットや PC などを自力で整えるのは不可能。無償でネット回線を提供し 、PC を貸与するなどの支援を。

「とにかく無料で参加できる就労支援プログラムを拡充してほしいです。交通費の1000円が捻出できない方も多くいらっしゃいます。交通費の補助なども含めて自己負担がない形でサービスを提供しないと、一番困っている方は利用できません

そして何よりも子育て家庭が安心して生活できるようにして下さい困窮し、1日1食に慣れてきたという保護者もいます。今日の夜ごはんのめどが立っていないような状況では、再就職のことなど考えられません。政府には継続した生活支援をお願いしたいです」(渡辺)

厚生労働省によると、新型コロナウイルスの影響で2020年2月4日から2021年1月8日までに解雇や雇い止めで仕事を失った人は、見込みも含めて8万836人にのぼる。

キッズドアの調査から浮き彫りになったのは、仕事の有無は経済状況のみならず、精神面にも大きな影響を与えることだ。政府はひとり親世帯への5万円の「臨時特別給付金」を再支給することを決定したが、さらなる生活補償に加え、長期的な就労支援を検討する必要があるだろう。


Business Insider Japanでは、長期化するコロナの影響による働き方や子育ての変化について取材しています。ぶつかっている壁や不安があれば、どうか教えて下さい。ご連絡は [email protected] まで。

(文・竹下郁子

著者: ” — www.businessinsider.jp

続きを読む

求人を探す

院生・ポスドクのための就活サイト「アカリクWEB」全面リニューアルのお知らせ | 朝日新聞デジタル&M(アンド・エム)

Riku Nakamura

-

日付:

投稿者:

※ 配信会社から提供された企業や団体等のプレスリリースを原文のまま掲載しており、朝日新聞社が取材・執筆した記事ではありません。お問い合わせは、各情報配信元にお願いいたします。

「あしあと」機能や「気になる!」機能を実装、大学院出身・博士社員による採用コンサルティングを企業へ実施

大学院生・研究者のキャリア支援に特化した事業を10年以上にわたって続けている株式会社アカリク(本社:東京都渋谷区、代表取締役:林 信長)は、院生・ポスドクのための就活サイト「アカリクWEB」を2021年1月4日にリニューアルしたことをお知らせいたします。

院生・ポスドクのための就活サイト「アカリクWEB」 https://acaric.jp/

院生・ポスドクのための就活サイト「アカリクWEB」全面リニューアルのお知らせ

デザインを刷新

全てのページを刷新し、パソコン・タブレット・スマートフォンにて全てのページを快適にご覧いただけるようになりました。

「あしあと」機能、「気になる!」機能

企業と就活生双方の閲覧履歴が残る「あしあと」機能及び、双方のブックマークとしてより印象づける「気になる!」機能を実装しました。企業と就活生をよりカジュアルに結びつけるサポート機能としてご利用ください。

学生の検索が簡単に

「おすすめから探す」(新機能)、「保存した条件から探す」、「詳細条件から探す」など企業様が学生の検索をより詳細に、より簡単にできるようになりました。「研究内容からキーワードで探す」や「受賞歴」「所属(参加)学会」からのキーワード検索など、博士・ポスドクならではの検索も。就職にあたって重要視することなど、働く上で譲れないポイントも細かく確認できるため、双方における入社後のギャップを圧倒的に改善できます。

大学院出身社員/博士社員による、知見を活かした採用コンサルティングの実施

これまでに約1.5万人の大学院生と個別にキャリア面談を行い、採用イベント・求人媒体・人材紹介の領域で10年以上の実績を持つアカリクが、専門的な採用コンサルティングを実施いたします。大学院出身・博士社員のコンサルタントが中心となって企業と学生の間に立ち、双方のニーズをしっかり分析して結び付けることで、大学院生・ポスドクの採用をサポートいたします。

今後もアカリクは、企業と院生・ポスドクの皆様を支援すべく、利便性向上、満足度向上を目指し邁進してまいります。

会社概要

会社名:株式会社アカリク(https://acaric.co.jp/
創業 :2006年11月
代表者:代表取締役 林 信長
所在地:東京都渋谷区渋谷2-1-5 青山第一田中ビル2階
資本金:1億1,500万円
事業 :大学院生・ポスドク向け就活情報サイト「アカリクWEB」の運営、研究分野・業種・職種別イベントの企画開催、大学等でのキャリアセミナーの実施、新卒大学院生・若手研究者・大学院出身者の人材紹介、オンラインLaTeXエディター「Cloud LaTeX」の運営など。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ


著者: ” — www.asahi.com

続きを読む

求人を探す

ベネッセi-キャリア『dodaキャンパス』 3周年記念 無料オンラインセミナー 3年間で分かったスカウト型採用 成功の秘密」1/12(火)開催|株式会社ベネッセホールディングスのプレスリリース

Riku Nakamura

-

日付:

投稿者:

 本セミナーは、大学1年生から活用できる成長支援&逆求人型就活サービス『dodaキャンパス』のサービス開始3周年を記念したセミナーです。『dodaキャンパス』は、従来から主流となっている、企業に大量の学生が応募して選考する採用活動とは異なり、学生それぞれが開示する大学入学後の成長・努力や学び・経験などのデータベースに対して企業が個別にオファーを送る「スカウト型」採用のプラットフォームです。学生一人ひとりの個性や経験、志向性を踏まえた就職や、採用活動に関する学生・企業双方への注目を背景に、サービス開始後3年で学生登録数は356,000人(大学生5人に1人に相当)、登録企業数は6,200社を超えました。

 今回のセミナーでは、『dodaキャンパス』を活用して「スカウト型」採用に取り組んだ企業4社の実践例を当社の企業サポート担当よりご紹介いたします。それぞれの企業の採用課題だった「理系採用」「予算抑制」「地方早期採用」「生産性向上」という4つの切り口で構成したプログラムとなっています。

 なお、今回は3周年記念プログラムとして、当日のセミナー内容で紹介された実践例からエッセンスをまとめた「dodaキャンパス 採用ノウハウレポート」を1月26日(火)から『dodaキャンパス』内で公開します。

1)『dodaキャンパス』3周年記念無料オンラインセミナー

「3年間で分かったスカウト型採用 成功の秘密」開催概要









開催日時  2021年1月12日(火)16:00~16:45(45分)
対象 企業の採用担当者
形式   Zoomでのオンライン配信(お申込みの方に開催前日までにご案内させていただきます)
参加費  無料
プログラム  企業の採用課題から以下4つの切り口で、オファーサービス活用の成功事例をご紹介します。

①「理系採用」 :A社(システムインテグレーター)

― 特定の学び経験を持つ学生に対し独自開催イベントを企画

②「予算抑制」 :B社(専門商社)

― 人事責任者自ら1日1時間かけてオファーを送信し個別面談への呼び込みを実施

③「地方早期採用」:C社(教育サービス)

― 学生の志向性(教育で社会に貢献したいという想いを持った学生)でオファー送付

④「生産性向上」 :D社(インフラサービス)

― 「学生から企業へのオファーリクエスト機能」を活用
参加申込み 以下、『dodaキャンパス』内ページから必要事項を記入して申し込み

https://campus.doda.jp/enterprise/business/seminar/0019

 

2)「dodaキャンパス 採用ノウハウレポート」公開

 上記「dodaキャンパス 3周年記念 無料オンラインセミナー」の内容を取りまとめ、レポートとして発行します。4社の実践事例を交え、学生一人ひとりの志向性に着目した採用活動のノウハウをご紹介します。

(レポート概要)

■レポートタイトル:「学生一人ひとりの志向性に注目した高精度オファー術」

■公開日:2021年1月26日(火)

■公開場所:dodaキャンパス法人向けサイト(https://campus.doda.jp/enterprise/business/

【「dodaキャンパス」について< https://campus.doda.jp/ >】

 「dodaキャンパス」は、学生が自身の成長努力や学び・経験などをデータベースに蓄積し、個性を可視化することにより、企業が長期インターンシップや採用などのオファーを直接送ることができる「成長支援&逆求人型就活サービス」です。幼児から大学生までの学習支援を行うベネッセホールディングスと、パーソルキャリアが持つ転職支援のノウハウを融合させることで、学生から社会人までワンストップでの長期的な支援を目指します。

■学生登録数:356,000人(21~24年卒)  ※2020年5月現在

■登録企業数:6,200社以上

※3周年記念 特設サイト https://campus.doda.jp/enterprise/business/3rd_anniversary




ご参考:『dodaキャンパス』のポートフォリオ機能

利用学生の方が自分の経験を記入するポートフォリオ機能「キャリアノート」を設けています。写真、自己PR、スキルに加えて、大学の講義で学んだことやサークル経験、インターンの活動経験などの項目があり、低学年から利用して経験を記録していくことが可能です。

企業はこの情報を用いて学生を探すことでき、求める人材を学部などの固定情報だけではなく、活動情報も含めて探すことができます。

 

【株式会社ベネッセi-キャリアについて< https://www.benesse-i-career.co.jp/ >】
 株式会社ベネッセコーポレーションの大学教育事業部門とパーソルキャリア株式会社の新卒就職支援部門とで、2015年4月に設立された合弁会社です。両社の力を最大限に活用して、大学の教育支援、学生の就活支援、および企業の採用支援を行う事業を推進しています。大学生向け教育事業と新卒学生に特化した就職支援事業を合わせることで、学生の力を伸ばし、学生が自分を活かせる職場に出会い、自らの力で社会に貢献できる人材になることを支援してまいります。教育事業と就職支援事業の一体的な運営を通じて「まなぶ と はたらく をつなぐ」ことを目指します。

 

著者: ” — prtimes.jp

続きを読む

求人を探す

『分島花音の倫敦philosophy』 第十一章 ロンドン住宅事情とちょっと怖い体験の話 | SPICE

Riku Nakamura

-

日付:

投稿者:

シンガーソングライター、チェリスト、作詞家、イラストレーターと多彩な才能を持つアーティスト、分島花音。彼女は今ロンドンに居る。ワーキングホリデーを取得して一年半の海外滞在中の分島が英国から今思うこと、感じること、伝えたいことを綴るコラム『分島花音の倫敦philosophy(哲学)』第十一回目となる今回は、分島花音のロンドン物件探しと、ちょっと怖い体験の話。


私がロンドンから帰国して1ヶ月が経ち、2020年は終わりに近づいてきました。予測できない1年となったロンドン生活でしたが、振り返るとさまざまな思い出がありました。今回はロンドンに来て間もないころ、初めて物件を探しに行った体験をお話しします。

ロンドンの家探しは大変と聞いていましたが、私も寮生活を終えた後の家に引っ越すときに少し怖かった体験をしました。

家探しの方法はいろいろあります。日本人が簡単に探せる方法としてはMixBというロンドンのコミュニティサイトを使うことです。物件だけでなくバイト求人やリサイクル品の売買などもできるサイトです。英語もままならず右も左もわからなかった私はそのサイトに掲載されていた、エリアの相場より安めの部屋が気になったので貸主に内見希望のメールをしました。

ロンドンの町並み 撮影:分島花音

ロンドンの町並み 撮影:分島花音

サイト上ではメールアドレスや電話番号が掲載されていて、直接貸主と連絡が取れるようなシステムになっています。返事はすぐ返ってきましたが、「綺麗なお部屋です。いつ見にきますか?」という簡素な日本語の文面でした。その家には日本人の留学生がいるようで、大家さんの代わりにメールを返信しているとのことでしたが、日本人らしい「ご連絡ありがとうございます」「よろしくお願いします」などの定型文もありませんでしたのでその時点で少し不審に思いました。

内見は夕方の6時からに決まり、その日は授業があったので学校へ行きました。同じ日にそこの学校の生徒だったミュージシャンを共通の友人に紹介してもらっていたので、学校が終わってから内見までの間ラウンジで話をしたのですが、その時内見にいくという話をしたら「自分の家の近くだから一緒に観にいこう」ということになり、土地勘のなかった私は友人にも例の物件へ付いて来てもらうことにしました。

冬のロンドンはあっという間まに日が落ちて、6時でも住宅街は街頭の小さな灯りだけで暗く、静かでした。指定された住所に行くと、家の入り口の電気は消えていて真っ暗でした。不安になりつつもベルを押し、待っていると中から80代くらいのイギリス人のおじいさんが出て来ました。

内見に来たことを説明すると、「まずは部屋を観なさい、質問はそれから。」と言われ、私が何か言おうとしても「後で。」と会話をさせてもらえず、彼が大家なのか誰なのかもわからないまま、友人と私はそろそろと2階に上がりました。2階は空き部屋の他に2部屋とバスルームがあって、どの部屋も鍵がかかっておらず、ドアが少し空いていたので部屋の中の様子が伺えました。

チラッと観ただけですが、どうやら残りの2部屋も女性が住んでいるような雰囲気で、肝心の空き部屋はセミダブルほどのベッドのほかに机のような家具がある、きれいに掃除された生活するには十分なスペースでした。1階に戻ると先程のおじいさんがキッチンの説明をして、奥のリビングに通されました。

古めかしいソファーとローテーブルのあるリビングの壁にはドガのバレリーナの大きな絵と、誰だかわからない若いアジア人の女性の写真が1メートルほど引き伸ばされてデカデカと飾られていました。そこで私の不安はピークに達し、友人をチラッと見ると「ここはちょっと危ない」と警戒するような表情をしていました。

ソファに座り質問することを許された私たちは、この家の大家さんがこのおじいさんであること、この家には留学生の日本人とワーホリできた日本人の女性2人が住んでいること、おじいさんもこの家の1階で暮らしていることを教えてもらいました。私が「日本人女性にも会いたいのですが何時に帰って来ますか?待ってもいいですか?」と聞くと大家さんは「何時に帰ってくるかわからないし多分遅くなると思う」と他の入居者と会うことを嫌がるような返答をして来ました。

「それよりその人は誰?」と友人の方に質問をしてくる大家さん。警戒心からか、咄嗟に友人は「兄です、妹が心配だったのでついて来ました。」と答えてくれました。「あの女性は誰ですか?」と友人が壁のアジア人女性を指差して尋ねると、「昔付き合っていた恋人だ。昔日本で教師をしていたときに付き合っていた女性だ。」と返答し、なぜ昔付き合っていた女性の写真を引き伸ばしてリビングに飾るのか? とそれを聞いた私と友人は一気に怖くなりました。

大家さんはなんだかよくわからないワインを私たちに勧めて来ましたが、この謎の絵画と写真に埋め尽くされたリビングから早く脱出したく、「今日は帰ります。」と言ってそそくさと家を出ました。帰り際、玄関に荷物がたくさんぶら下がって埃をかぶっているママチャリがあったので「これは誰のですか?」と聞いたら「日本人の留学生のものだ」と言っていましたが、何年も使ってないような自転車が果たして本当にその留学生のものなのかはいまだに謎ですし、そもそも生活感はありましたが本当に2人の日本人女性が住んでいるかも定かではありませんでした。

文中の家ではないんですが、一般的に一軒家に見えても、若い人は家をシェアして使ってる人が多いです 撮影:分島花音

文中の家ではないんですが、一般的に一軒家に見えても、若い人は家をシェアして使ってる人が多いです 撮影:分島花音

「あそこはやばい、絶対やめた方がいいよ。」と友人に言われ、私はいまだざわざわする心の中で物件探しの大変さを身に染みて理解しました。友人に付いて行ってもらわなかったら恐怖心はもっと増していたでしょうし、今思えばあの簡素な日本語のメールも大家さんが日本人のふりをして打っていた可能性もあります。若い女性が部屋に鍵をかけずに家を開けていたのも疑問でした。

後から知ったことですが、アジア人女性のみを入居者に迎えて夜中部屋に侵入する大家さんがあのエリアのあたりにいるという情報が以前からあり、あの家はそこそこ話題に上がっていた家だったそうです。知識のないまま物件を探すとこういうことになるのかと思い知った体験でした。

人を信じすぎるのも、警戒しすぎるのもよくないとは分かっていますが、未知の世界に行くと今までの常識は通用しない場合もありますし、何を基準に判断したらいいのかわからず失敗してしまうこともあります。人生に失敗は付き物ですが、今回は友人に助けられ、こうして1つのエピソードとしてコラムのネタにすることができました。

その後、私は以前友人が住んでいた物件が空いたという情報を得て運よく楽器の演奏も許される素敵な大家さんのいる家と巡り合います。次回はそんな大家さんとの思い出をお話ししたいと思います。

それでは皆様、良いお年を!

文・写真:分島花音



著者: ” — spice.eplus.jp

続きを読む

求人を探す

エン・ジャパンの採用支援プロジェクトを通じ、 神戸市の「デジタル化専門官」の入庁者が決定! | エン・ジャパン |

Riku Nakamura

-

日付:

投稿者:

エン・ジャパンの採用支援プロジェクトを通じ、
神戸市の「デジタル化専門官」の入庁者が決定!

2020/12/25

人材採用・入社後活躍のエン・ジャパン株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:鈴木孝二)が支援した神戸市の「デジタル化専門官」採用プロジェクトにて、2名の入庁者が決定しましたのでご報告いたします。本プロジェクトでは、エン・ジャパンが運営する採用支援サービスを通じた応募者獲得と、新型コロナウイルス感染防止対策として、ビデオ面接プラットフォーム『Video Interview』(https://videointerview.jp/)によるリモート面接の実施を支援しました。

神戸市採用支援プロジェクト詳細

エン・ジャパン、神戸市のDX推進の中核を担う「デジタル化専門官」の公募を支援!

特設ページ  :https://www.enjapan.com/project/16.html

プレスリリース:https://corp.en-japan.com/newsrelease/2020/23918.html

神戸市 行財政局業務改革課長 中郷 康一氏コメント

生産年齢人口が減少し高齢者人口がピークとなる、いわゆる“2040年問題“。神戸市では、この難問に立ち向かっていくため、DX(デジタル・トランスフォーメーション)を積極的に進めて“スマート自治体”を実現するという解決策を選択しました。日々進化するデジタル技術を活用して、人口縮減時代においても持続可能な行政サービスの仕組みを再構築するため、確かな技術と経験を持ったプロ人材を求めています。今回、エン・ジャパンのご協力で、素晴らしいプロジェクトメンバーを獲得できました。私たちは新メンバーと共に、強力かつ着実に難問に立ち向かっていきたいと思います。

神戸市 企画調整局情報化戦略部イノベーション担当課長 山川 歩氏コメント

行政も時代にあわせて変わっていく必要があり、その実現においてはICTの活用が欠かせない条件であると考えています。さらにwithコロナにおける市民サービスのあり方も踏まえ、ICTを活用した行政のデジタル化をより加速度的に進める必要性が出てきています。今回のデジタル化専門官については、そういった行政ニーズに対して、我々行政職員にはない経験や知識を生かしたアプローチによる課題解決を進めるべく、採用させていただきました。エン・ジャパンのご協力により、理想的なメンバーを採用させていただくことができましたので、新メンバーと共に、スピード感のある行政改革に取り組んでいきたいと思います。

本プロジェクトにおける当社支援サービス

利用者満足度No.1 日本最大級の転職支援サービスエン転職https://employment.en-japan.com/

会員数800万人超。日本最大級の転職支援サービスです。求人企業1社1社をエンの担当者が訪問し、会社や仕事の魅力を徹底取材。取材記事に加え、現社員や元社員のクチコミ、企業担当者のコメントなど、多面的な情報提供により、ミスマッチのない転職を支援します。※2018年、2019年オリコン顧客満足度ランキング(転職サイト)にて総合1位を獲得。

ミドル世代のための転職サイトミドルの転職https://mid-tenshoku.com/

経験やテクニカルスキルに加え、よりヒューマンスキルを重視したマッチングが求められる30代・40代の転職を、国内最大級10万件以上のミドル向け求人と、オンラインビデオ面談機能などを搭載した機能的な管理画面でサポートします。 転職活動自体の生産性を向上させることで、心的・物理的な負荷を軽減。再就職の決定までに時間がかかりがちなミドル層の転職を、より円滑なものとなるよう支援します。

若手ハイキャリアのための転職サイト『AMBI(アンビ)https://en-ambi.com/

世の中の求人トレンドや若手へのインタビュー記事、人事担当者やヘッドハンターが求職者の合格可能性を判定する「マイバリュー」などを通じ、自身のキャリアについて考えるきっかけを提供します。年収500万円以上の求人やポテンシャル採用求人、幹部候補・次世代リーダー・マネージャー向けの求人を多数掲載。より高いパフォーマンスを発揮できる場を探す若手の転職活動を支援します。

利用企業数国内No.1の求人支援サービス『engage(エンゲージ)』https://en-gage.net/

全国30万以上の企業・店舗の採用現場で導入中。無制限の求人掲載・自社採用ページ作成、応募者管理、採用まで、0円からカンタンに使える新しい求人サービスです。さまざまな業種・規模・募集職種・雇用形態に対応しており、作成した求人は大手検索エンジン・求人情報サイトなど様々なメディアを通じて求職者に届きます。

ビデオ面接プラットフォーム『Video Interview(ビデオインタビュー)』 https://videointerview.jp/

企業が評価・選考をスピーディに実施できるビデオ面接プラットフォーム。いつでも、どこでも「顔」が見えるやりとりを通じて書類だけでは判断が難しい「印象・話し方」などがわかるため、採用活動の効率化、途中辞退の防止に役立ちます。

オンライン適性テスト『TALENT ANALYTICS(タレントアナリティクス)』 https://talentanalytics.io/

タレントアナリティクスは、面接では見抜きづらい「知的能力」「性格・価値観」が発見できるオンライン適性検査です。 エン・ジャパンの30年にわたる適性検査の開発・運用ノウハウと115万人以上の受検データをもとに開発。スマホで簡単に受検できるテストで、面接・書類では見えてこない「知的能力」「性格・価値観」が一目でわかります。

▼プレスリリース ダウンロード 20201225_エン・ジャパン採用支援プロジェクト(神戸市第2弾採用決定)

著者: ” — www.jpubb.com

続きを読む
東京求人ニュース3時間 前に投稿,

「プロデュースした商品は、売れなくてもいい」と語る理由。工場再生請負人 セメントプロデュースデザイン 金谷勉 | Agenda note (アジェンダノート)

仕事のニュース6時間 前に投稿,

Google では管理職をどうやって評価しているのか? – ニュース・コラム – Yahoo!ファイナンス

日本の働き方8時間 前に投稿,

緊急事態宣言から半年、独自調査で見えた働き方の「新常態」とは – 新常態の働き方大調査:日経クロステック Active

東京求人ニュース9時間 前に投稿,

中村憲剛×セルジオ越後 「セルジオさん、僕にはあんまり辛口じゃなかった」ベストゴール&ベストゲームを語る(テレビ東京スポーツ) –

仕事のニュース12時間 前に投稿,

きつい仕事、コロナで解雇、行き場失い集団生活…犯罪に<夢見た果てに 追い込まれるベトナム人㊤>:東京新聞 TOKYO Web

日本の働き方15時間 前に投稿,

TikTok 2021年版の活用術とは? キーワードは「興味から、ズドン」 (PR)| WWDJAPAN.com

東京求人ニュース15時間 前に投稿,

三井デザインテックと東京大学の共同研究 働き方「アクティビティ・ベースド・ワーキング」の調査結果が公開 | Webマガジン「AXIS」 | デザインのWebメディア

仕事のニュース18時間 前に投稿,

幸せいっぱいのミュージカル、宝塚歌劇花組『NICE WORK IF YOU CAN GET IT』(中本千晶) – 個人

日本の働き方21時間 前に投稿,

Withコロナを勝ち抜くティーペックのストレスチェックサービス – CNET Japan

東京求人ニュース21時間 前に投稿,

【横須賀市 × Connected Industries株式会社 × 東京大学】横須賀市で自治体初、2月1日(月)より「あずかるこちゃん」での病児・病後児保育予約システム運用がスタート

東京求人ニュース7か月 前に投稿,

トヨタのWoven City構想、自動運転レベル3解禁…2020年上半期、業界10大ニュースは? | 自動運転ラボ

東京求人ニュース10か月 前に投稿,

デザインとアートのコンペティション「TOKYO MIDTOWN AWARD」13回目の開催が決定。デザインコンペのテーマは「DIVERSITY」 | デザイン情報サイト[JDN]

東京求人ニュース10か月 前に投稿,

Kaizen Platform、パーソルキャリアが提供する業界初の動画求人広告サービス「dodaプライム」を共同開発|株式会社Kaizen Platformのプレスリリース

日本の働き方10か月 前に投稿,

出社はオフ会に?「アフターコロナ」の日本で、働き方や人事はこう変わる |

日本の働き方7か月 前に投稿,

業界最大規模の ZOOMオンラインイベント 「 Tokyo StartUp Conference2020」 を開催|STARSのプレスリリース

東京求人ニュース10か月 前に投稿,

花丸木役・染谷将太「浦鉄が大好きすぎて出演する準備を勝手にしてきました」/ドラマ24「浦安鉄筋家族」 | テレ東からのお知らせ : テレビ東京

日本の働き方9か月 前に投稿,

テレワークが「働く時間の概念」を変える――ひろゆき流「幸せな引きこもり」になる秘訣【前編】 | GetNavi web ゲットナビ

日本の働き方10か月 前に投稿,

世界の名だたるデザイン賞を受賞 Rig DogTM 耐衝撃保護手袋発売のご案内|日本ハネウェル株式会社のプレスリリース

東京求人ニュース10か月 前に投稿,

“今井麻美 Winter LIVE「Flow of time」”東京公演リポート。声優20周年、歌手10周年のメモリアルイヤーを沼倉愛美さんと締めくくり!

仕事のニュース10か月 前に投稿,

オリコンニュース – 染谷将太、『浦安鉄筋家族』出演 どんな仕事も引き受けるプロ根性| 南日本新聞 | 373news.com

人気